好事家の世迷言。

私「りえ」の感性で綴る、調べたがり屋の生存報告。※今は逆転裁判とFate(共に初期)に集中してます。他は勘弁。

『始まりの魔女』第24話「初めての対峙」

2017-04-20 | ゲームブック二次創作
四方を書物に囲まれた、その部屋は整っていた。
部屋の中央で、鎧姿のバルサス・ダイアがあたしを見ていた。
驚いたような様子で目を見開いている。その隙をあたしは突いた。

「《千里眼》の術よ――!」

あたしはバルサス・ダイアの思考を読もうと集中した。
一瞬だけ浮かんだのは、けれど意味のある物とは思えなかった。

「……我の心を読むなッ!」

バルサスは踊るように手指を振って、床に振り下ろした。
あたしは揺さぶられて、床に倒れた。
違う、揺れてるのは、この部屋そのものだ。
まるで大地ごと揺れ動いているかのよう。
あたしは部屋中をごろごろと転がされた。
身につけている物が吹き飛ばされてしまう。

「《浮遊》の術よ――!」

あたしは空中に舞った。何とかして体勢を、作戦を立て直さないと。
そう思った時、あたしは、はたと気づいた。
決して身から離してはならない小剣が、部屋の隅に飛ばされている。
まずい。あれが無いと、あたしの力は。

デタラメに弾けてしまう。

次の瞬間、ほとばしって溢れる光に、あたしの視界は満たされた。
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謎惑館 攻略ヒント (基本編) | トップ | PC版的『ひぐらし粋』攻略法... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL