ネコと仕事する

まことにもって恐縮ではございますが、
ほぼ猫の話と飲んだ話かと思われます。
猫4つが私の生活のモチベーションです。

老夫婦の日常を垣間見た話

2017年04月17日 12時04分57秒 | 日記・徒然なるままに

先日、実家から車で30分ぐらいのところにある道の駅に野菜を買いに行くために、朝、実家に押しかけると、ファンデーションだけ塗った状態のおかんが出迎えてくれた(怖)

すると、その顔のままで

「あのねぇ、おとーさんが親指が動かんって言っとるんだわ・・・・」

と、たいそう深刻そうに言う(怖)(←いろんな意味でw)

 

 

 

rider 「あそう。なら・・・・・・・・・医者行けば?」(←ヒンヤリ系)

おかん「そうなんだけど・・・、おとーさんが親指が動かんって言っとるもんで・・・・」

rider 「うん、医者行けば? しろーとで話しててもしょうがないでしょう。医者行って見てもらえばいいじゃん。」

おかん「そうなんだけどぉ、痛いっていうもんで・・・。腫れとるんだわっ!」

rider 「だから医者いけってw」

 

 

おそろしいループに巻き込まれました( 一一)

 

 

この会話を何回かしてやっと、どこの医者に行こうという話になりました( ̄д ̄)ウンザリ

年寄り同士で話させていたら、なんだか遠い医者に行こうとしていたので、

「近所の入院施設のある○○整形でいいんじゃないのか??」

と、ちゃんと突っ込みを入れてあげました。

 

 

おかん「ほーだがねーっ!あそこでいいんだがねっ!」

 

 

ええ、ほぼ毎日前通ってるよね。

今気づいたんかいっっっ

 

 

ただの捻挫か腱鞘炎だろうと、おかんと私は買い物に行き、親父は整形外科へ。

 

 

【お医者さん、怖くて、お漏らしした? の図】

 

ちょっw

それはw

おやじがもしもそうなったら・・・考えたくない話だな・・・。そんな質問はしないでおくれ、ふじこっっっ。

 

 

 

 

 

 

お昼ご飯を買って実家に戻ると、親父不在。

 

12時ぐらいになってやっと帰ってきた親父の左手の肘から先はギプスで固められていたw

 

おかん「どーーーしたのぉぉぉっ!」(←80デシベル)

おやじ「なんかしらんけど、骨の間が空いとるって言われて・・・」(←意味不明)

おかん「なんでぇぇぇ?? どうしたのぉぉぉ?」(←82デシベル)(また同じ質問かよw)

おやじ「うん・・ごにょごにょ・・・」(←説明不可能なレベル)

 

 

どーせ二人が話してても何もわからない。

おかんの「どーしたのぉぉ?なんでぇぇ??」の気が済んだので、とりあえずお昼ごはんに。

(個人的には脱臼か亜脱臼か、そんな感じだろうとふんだけど、説明するのが面倒だったので、スルーして飯支度してましたw)

 

私らが昼には帰ってこないと思っていたおやじは、コンビニでおにぎりとか買って帰ってきてて、せっかく買ったので一個食べるという。

 

おかん、袋から出したコンビニのおにぎりをぺんっっと目の前に置く。(←おかん的には「手の不自由なおやじのために、袋からおにぎり出しておいてあげた」的な感じ)

 

 

 

・・・・・・・・・・オシイ。

 

 

 

 

おやじのこと大嫌いなのはわかったが、いちおー、おにぎりは包みをとってやれwwwww

 

 

 

 

おやじ、包みから出してもらったおにぎりをスプーンで食おうとする。

 

・・・・・が、ことのほか食べにくいのに気づく。

 

 

 

 

 

ああ、そうね、おにぎりは手で食え。おにぎりとはそういうものだ。

 

 

この老夫婦は、毎日こんなことしているんだろうかwwww

なんというか・・・・先に介護状態になった方が今までのいろいろなどろどろとした思いの詰まった仕返しされまくるんだろうな、この夫婦はw

 

 

【グッタりね】

 

ええ、何だか疲れましたわ・・・。

ただいま、なすびっ!(ヒシッ)

 

 

ジャンル:
珍人
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラストはのりまきまつり | トップ | 斜めが新しい・・・?! »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (百子)
2017-04-17 15:25:11
今日はなんとなくブルーな気分だったのですが、
ご両親の話を読んでて、「クスッ♪」と笑ってしまいました。
ちょっぴり元気が出てきたわ~、ありがとう。

お二人のそんな日常が健康の秘訣かも?
実家の父は、母を亡くしてから、どんどん弱っていきます。そんなに仲のいい夫婦でもなかったのにね。。。
riderさん、温かく見守ってあげてくださいね~。
Unknown (とらぞー)
2017-04-17 17:17:15
>先に介護状態になった方が
うんうん!
私の家族もそーだわ~。

どこが一番先に倒れるかな?
冷たいようだけど、ビジネスで対処してくれるところはおさえてあるし。
私は、あんなややこしい高齢者たちには
できるだけかかわりたくないのよ。

尻尾のある家族は、ちゃんと見送る…つもりだからね(笑)

Unknown (おかみっちょん)
2017-04-17 18:12:20
微笑ましいではないかぁ ←若干他人事( *´艸`)
なんだかんだと言っても おとーさんを心配するおかん。
アタシもらいだぁのネタにされるように長生きしよーっと。

それはそうと、もしかして予想外の重症だった?
お大事にね〜(・ω・)ノ
Unknown (あゆころり)
2017-04-17 20:52:50
私も...微笑ましい夫婦に見えました(笑)
羨ましいです。
うちの両親を見てると...いつか事件が起きそうで本当にいやまじで怖いです((((;゜Д゜))))w
Unknown (ラビママ)
2017-04-17 23:57:10
いいなぁ、大須演芸場より面白い夫婦漫才を間近で只で見られて。(⬅違)
うちは親より先に私達夫婦がriderさんのお母さん達みたいになりそうだ。(笑)

お父さん当分不自由でしょうね。
お大事に。
Unknown (標高480m)
2017-04-18 11:51:46
数年後のわたしら夫婦を見ているようでコワイっす(゜Д゜;)
すでに前兆が!!
★お返事 (rider)
2017-04-18 14:09:29
●百子さん
 
私の中では百子さんは良妻賢母のお手本のような感じなので、百子さんもブルーな時があるんだなーって、ちょっと親近感です。
 
こんなオトボケ老人たちの話でよかったらいつでも書きます(>▽<)
生温かく見守りつつw
 
男の人って、奥さんがいないと弱いですよねぇ。
 
 
 
 
●とらぞーさん
 
介護は身内が苦しんでやる時代じゃないですからねー。
いいんじゃないですかねー。
 
 
 
●おかみっちょん 

ほほえましいのか?
恐ろしいループに巻き込まれたんだぞーっww
わけのわからん会話を聞かされてさーw
 
まあ、シップてんこ盛りもらって帰ってくるんじゃないか?って言っていたのが、固定されて帰ってきちゃったからね。
想定よりはオオゴトだったけど、治っていくんじゃないかなぁ。
★お返事 (rider)
2017-04-18 14:12:33
●あゆころりさん
 
ほほえましいのか??(爆)
いやいやいやいや、きっと違うと思うw
あれは天使の顔をした悪魔の仕返しだw
 
年取った夫婦はいろいろとドロドロしたものを秘めているからね。
そこは見ないふりでw
 
 
 
●ラビママさん
 
確かに昔の大須演芸場よりはw
いやいや、あっちの方が面白いでしょー(>▽<)
寒々しくアットホームな大須演芸場w

もしもラビママさんがうちのおかんと同じことをしたら・・・
それはきっとわざとねw
だって、ラビママさんのように賢い人なら、絶対に気が付くし(>▽<)
ボケたフリしてもばれちゃうよー(>▽<)
 
 
 
●標高480mさん
 
標高480mさんところは、お二人とも賢いしっ(>▽<)!
ないないないないっっっ(笑)
 
とぼけたフリして、こっそーーーり仕返ししてるってばれちゃいますよっ(>▽<)
笑っちゃいかんけど (chikapyon)
2017-04-22 16:57:23
ごめん、読み進めながら笑いをこらえれんかったよ。
これがほんとの夫婦漫才??(笑)
娘からしたら、頼むから巻き込まんでって感じかな。
でも、手が使えないのは不便だから、早く治るといいよね。
お大事にしてね。
★お返事 (rider)
2017-04-23 14:20:39
●chikapyonさん
 
あのね、もう、好きにやっててちょ、ってかんじだったよw
私はもう見なかったことにするwww
 
chikapyonさんと一緒で、こういうのはすぐには治らないんだよねぇ~
chikapyonさんもお大事にねっ!
夏くらいの快気祝いの予定だけど、小走りできるようになってからでいいからねっ(>▽<)
お大事に~ (みどりママ)
2017-04-26 14:21:34
お父さん
お大事になさってください。
って
言いながら
思わず あはは~って
声出して 笑ってしまいました。
ごめんなさい。
★お返事 (rider)
2017-04-26 16:43:05
●みどりママさん
 
もうね、笑っていただくしかないですわよっ
(>▽<)
何やってんでしょうね、毎日w
覗いてみたい気分ですよ。
本人たちは結構真剣なので、そこがまたおかしいところでしてw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL