ネコと仕事する

まことにもって恐縮ではございますが、
ほぼ猫の話と飲んだ話かと思われます。
猫4つが私の生活のモチベーションです。

大人の遠足 常滑やきもの散歩道2016 その③からの~、青森へ

2016年06月28日 23時21分00秒 | 日記・徒然なるままに

そんなこんなで無事に終わりました大人のお散歩。

 

おかみっちょんがね。

ステキな手作りお土産を持ってきてくれたんでございますのよ。

 

 

その名もっ!

 

 

 

 

 

王様の・・・?

 

 

 

 

 

 

梅ジャム、だそうだ(猛爆)

 

 

中身だけでなく、シールので作っとるわ、このシトwwwwwwwwwwwwwww

 

これはね。

おかみっちょんが梅酒の梅から作ったジャムなんだよ~

あまずっぱくてうまいっす(≧▽≦)!

ヨーグルトに入れるとおいしいよーって言ってたけど、私はきゅうりとか大根の漬物に使ってみようと企み中。

 

こんなおつまみあられとかね(≧▽≦)

 

熊氏からもウマウマなワインをいただき・・・あっとゆーまにカラッポさ。

ワタシのおつむと一緒よ。

 

これ、ほんとにおいしかった。

酸味が少なめ。渋みも抑えられていて、食事の味を邪魔しないと思うけど、ちゃんとした赤ワインの重みはありますのよ。

ビバ!日本ワイン!

 

手ぶらでいいとゆ~のに。

 

あと、ネコ柄の布で作った巾着もいただいたけど。。。

さっそく出張に持って行ったので・・・写真ないわww

 

またご披露しましょう。

 

おかみっちょん、ありがとうっ!

ビビ姉もいつも重たいお土産持ってきてくれてありがとうっ!

また会える日を楽しみにしております。

 

inoko嬢も、たくさんの遠足グッズ持ってきてくれて(≧▽≦)! ありがとね!

また行こうぜっ

 

 

 

さて。ほたる子でGetしたひげおやじ殿作のお地蔵さまはね。

 

 

なくなった友人・尊敬する社長&ネコさまのお守役として任命いたしました。

 

で、大人の遠足の翌日、ワタシは6時47分の新幹線に乗り、青森へと出稼ぎに行くのでした・・・

 

 

 

 

【私たちのご飯係はちゃんと任命しただろうな、おまい・・・#】

 

 

は・・・はい。

今回は、宴会メンバーのinokoとrinrinさんに・・・・ドキドキ

お願いいたしました。

最近は食欲にムラがあり、残ったカリカリをお手手に乗せないと完食しないこともあるとか

なすびは食事を居間に運ばせるかもしれませぬとお伝えいたしましたともっ!

 

【ボーーーーーーーーーーーーーーーーーー】

 

 

なんか反応しろっ

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

大人の遠足 常滑やきもの散歩道2016 その②

2016年06月25日 13時00分26秒 | 旅・出張・お出かけ

今回のお散歩は、ビビ姉、おかみっちょん、inoko、ワタシ。みんな多少凸凹はしているけど、似たような年代。

妙齢な大人の遠足ってとこねw

 

遠足の日の朝、ビビ姉が名古屋のモーニングが初めてだというので、おかみっちょんと3人でコメダにいく事にしました。

近所のコメダは分煙とは言いながら、全然分煙じゃなかったんだけど、いつからか完全分煙になったしね。

 

歩いて5分かかるかからないところなのに、歩き始めてビビ姉が「まだぁぁぁぁ~? どこぉぉぉ??」と音を上げたwwww

「あそこ」と指をさして、何もいたわらないワタシ。黒鬼と呼ぶがよいw

 

ビビ姉はしきりに「マツコがね、名古屋のモーニングはね・・・」というので名古屋のモーニングを理解しているモノだと思っていたら、まったく理解してなかった(≧▽≦)

名古屋の喫茶店はね。

だいたい朝7時からオープンしてて、10時ぐらいまではコーヒー頼むとパンと卵はおまけで出してくれるんだよ、と食べちゃってから教えてあげましたww

 

とっても感動してくれましたよ(猛爆)

 

で、歩くのやだとか遠いとか、あちこちイタイとかいう人が多いので(爆)、私は先に出て近所のレンタカーに車をもらい受けに行きましたわよ。(ワタシは食べるのが超早い貧乏人体質)

 

なんだか、おかんが2人いる感じかもしんないと思いつつ、二人を拾って、inokoを迎えに行くと、でてきたinokoを見て、ビックリ

 

 

 

 

一泊ぐらいするかのような荷物で立ってた(≧▽≦)!

 

 

 

 

ちょww

今回の大人の遠足は、おかん3人かもしんない(≧▽≦)!

(うちのおかんもお茶とかお菓子とかあれやこれやを持って行くタイプwww)

 

 

みんなに「何持ってきたの?」といわれたinokoは、それはそれは自慢げにいろいろ持ってきたんだと見せてくれました(猛爆)

 

一気にテンションが子供の遠足になった我々猫バカ一行。

高速でとっとと目的地に向かいます。

 

 

 

 

土管坂です。

 

この町はほんとに迷路のようになってて、坂はあるし坂はあるし、坂はあるし、場合によっては道が靴の幅しかないところもあったりしてね。

 

比較的最初にたどり着いたのは、昔アメリカのキャラクターを作って輸出していたところ。

アメリカンなグッズが並んでいるノベルティーズ T&T。

ここは運が良ければ猫さんに会えます(≧▽≦)

今回は会えましたっ!

レジで丸まってたよ。

 

あれ? 写真・・・ないわww

おかみっちょん頼む(≧▽≦)

 

 

本日のメインイベントは、登り窯跡地の前にある、ほたる子さんまでたどり着くこと。

常滑に来たら、この店に行かなければなりませぬ。

 

毎回毎回、とーーーっても気さくな陶芸家であるひげおやじ殿が迎えてくれます。

こんにちはーーーーっ!と店に入って行くと、何やらお電話中。

非常に重要な話をしている感じでしたが、「・・・・はい・・・・はい。あのー、できましたらバリウム少な目でお願いします・・・」

 

 

 

 

 

って、何を話してるんですかwwwww

 

バリウムたっぷりでちゃんと検査してくださいよ(≧▽≦)

 

 

 

 

大サービスでお茶を出していただき、くつろぐ一行。

 

 

 

いままで店長としてお客さんを癒していた「のん」ちゃんは残念ながら亡くなってしまったけど、二代目店長とらじ殿が主に女性を癒しているとのこと。

 

とらじ殿に振り向いてほしいおかみっちょんの後ろ姿と姿勢の良いビビ姉など激写。

 

 

 

 

 

女性が大好きらしく、外でくつろいでいたのに店内に入ってきてくれましたよ。

フフフ。

私たち、女性に見えたのね。ワーイワーイ

 

 

しばし休ませていただき、ほたる子さんのお地蔵様をゲットしたりして、一行は再び常滑探検へ。

が、この日はジメジメな上に晴れてきちゃったりして、歩き疲れる一行。

 

 

たまたま入った店が、大当たり――――♪

 

おいしかったー。

(たまにはちゃんと写真も撮るw)(1個食べちゃったけどね)

 

なんて店だっけ。だれか思い出してくれwwww

 

 

そんなこんなで大人の散歩は常滑探検を楽しみつつ、猫を愛でつつ、無事に終了したのでございます。

 

(つづく)

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

常滑やきもの散歩道2016 その①

2016年06月24日 14時27分06秒 | 旅・出張・お出かけ

壁|д´)チラッ

 

覚えてる?

 

 

|д゚) ・・・riderだよ

 

 

いや~、怒涛の一週間が本日で終わりました。

何をしていたかというとね。

 

17日は夜に研修があってそのお手伝いからの~、飲み。

18日は、なんとビビ姉(←クロネコカイヌシのビビの助のことね)が泊まりに来てくれてね。

って、毎月寄ってくれてたんだけどさ(≧▽≦)

18日はinoko嬢も呼んで3人でプチ宴会。

中肉中背なのによく食べて気持ちがいいinokoの胃袋を満たすべく、何を作るかと考えていたら、ビビ姉のおねーさん(ややこし!)が、岡山の郷土料理の祭り寿司を作ってきたくれたのでございます。

ごはんと同量かそれ以上の具がてんこ盛りーーーーっ!(≧▽≦)!

 

 

 

 

(心を清めて目を閉じ、3秒したら目を開けるのです。

さすればこの辺りに手作りの具だくさんの祭り寿司が心に映し出される・・・ハズ)

 

 

 

 

 

ほんとにおいしいのですよ。

おねーさんの祭り寿司。

シメサバもタコも貝も刃物の野菜の塩漬けかな?

とにかくほんとに具だくさんなんだよ。

 

ビビ姉は来るときはいつも地元のなんかを持ってきてくれるので、名古屋メシがなかなか食べてもらえませんでした。。

 

トホホ

 

 

今回はね。おかみっちょんも来る――っ!ということになり、翌日19日におかみっちょん登場。

 

なんとっ!来る前に風呂入ってきたらしいっ!wwww

なんだよーーー。

ら:「お風呂入れるよー」

お:「え゛ーーー、めんどくさいーーーー」

ら:「うるさいっっ、入れっっ」

 

って風呂に押し込めなくなったじゃないかー。

なので、とても穏やかに寝る前の時間を過ごせましたわw

 

ビビ姉はお仕事の勉強で帰りが遅かったんで、私は待ってるけどおかみっちょんは早く寝ちゃうからーーって大威張りで送り出したのに、ビビ姉が帰ってきた時に爆睡していたのはワタシですwwww

 

 

 

 

スマーーーーーーーーーーーーーン!

 

 

 

おかげで体調はバッチリデスwww

 

 

さっちーの調子がいまいち不安定なので、今回は来れるかどうかわからなかったんだけど、かーちゃん思いのさっちーは、イッパイ頑張ってさっちーなりに快調になっていたよ。

さっちー、ありがと

 

 

ビビ姉も忙しくなってきたので、もう頻繁にはウロウロできないだろうと踏み・・・

どこか遊びに行きたいっ。

 

inokoちゃんも行く??と言ったら、二つ返事で行くというので、4人の遠足になりました。

 

 

 

例のあの場所へ行ってきましたよ。

 

 

ココ。

 

そうっ!

常滑の散歩道です。

焼き物三昧遠足スター―トです!

 

以前何度か行ったときの日記はこちら。

 

 

http://blog.goo.ne.jp/rider-daa/e/08116ab09818fea30955aa2920b5fc59

http://blog.goo.ne.jp/rider-daa/e/cb6f28c60c7df9aad4fc9ee6937fd658

 

こんな感じね(≧▽≦)

 

 

 つづく・・・

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

おかんの難聴事件 解決!

2016年06月15日 14時40分21秒 | 日記・徒然なるままに

おかんの難聴の原因が、耳に水が溜まっていることが判明してから、どうもおかんの症状がはっきりしない日が続き、一昨日おかんから病院についてきてほしいと言われまして。

昨日、朝から付き添いしてきました。

 

いや~・・・・・・

 

 

 

もうね。

あれで教授??

BT病院の耳鼻科はひどい。

まず診察するところに二人で入って行ったら、私の方は一切見ない。

かといっておかんを見るわけで見なく・・・・

 

どうするかというと、患者の方を一切見ずパソコンの画面としゃべってるか、斜め下を向いてボソボソしゃべってる。

 

 

案の定、おかんは先生の言うことが全く聞こえない様子で、自分がどういう病名かすらもわかってませんでした。

病名も書いて渡せば済むことなのに、聴力検査の結果もプリントして渡せばいいのに、PC画面で自分だけ見てる!

 

 

これはまずいと思いました。

 

 

「あの~、ところで、母は何も分かっていないようなので、教えていただきたいのですが、母の病名は何ですか?」

 「滲出(しんしゅつ)性中耳炎だねぇ」

「予後はどんな感じなんですかねぇ。治るものなんですか?」

 「ちょっと水が繰り返し溜まってるし、あんまりいい状態じゃない。鼓膜にチューブを挿入する方法がある。」

と言って、写真とか見せてくれた。

「それをすると良くなるんですか?」

 「8-9割方、よくなったというが100%ではない。中にはやってもよくならない人もいるでね。」

「先生、自分がこの病気になったらチュービングっていうのやる?」

 「・・・・・・そうだね、やるねぇ」

こんなやり取りがあった後、「鼻の中と喉も見ておこうか。腫瘍が原因で中耳炎になることもあるからね」

 

 

 

 

 

今更ぁぁ??

 

 

 

 

 

この辺りで真っ黒rider降臨。

真っ黒いモヤモヤが心の中に充満。

 

教授大先生の話では、

1.最初に中耳炎をただの加齢の難聴と診断したTZK耳鼻咽喉科に、中耳炎の治療をしてもらってほしい。

2.よくならないようなら鼓膜にチューブを挿入する手術をここでやろう。

 

ということだったんですがね。

 

そんな最初のクリニックが信用できるわけもなく。(病名も治療方法もわかっているんなら、もっと早く手を打ってくれ)

「遠いので近くのクリニックに通いたいと母が言ってるんですけど・・・・」

 

と言いかけると言葉をかぶせるように

「僕はね。義理人情があるからね。そんなことはできない。紹介されたところにしか紹介状は書けませんからっ!」

 

 

今までグダグダしゃべっていた口調が、急にハッキリとした物言いに。

 

  

 

そんなくだらない義理人情のやり取りはそっちでやれ。

患者を診て仕事せんか。

 

 

 

と思いましたけど、にっこり笑って診察室出ましたよ。

どーせ言ってもわからん。

フン。一生バカのままでいろ。

 

病名が分かったのでいろいろと調べてみると、子供と老人に多いタイプの中耳炎らしい。

それを知ったらなおさら元の病院は戻ったらいかんと思いましたよ。

おかんはどっから見ても老人です#

 

 

おかんは自分の病名すら知らなかったので、病名が滲出(しんしゅつ)性中耳炎であることと、一般的な初期の治療方法(鼻から耳に向けてしゅーっと空気を送り込む+鼻の吸入)と、それでうまくいかなかった場合のチュービング(鼓膜にチューブを挿入する簡単な手術)が一般的な手段であること。

チュービングはおおよその人が症状が良くなるらしいということ。

のどや鼻には腫瘍もなく、耳だけが悪いということ。

耳の機能が落ちているので、すぐ治るものではないこと。

 

車の中でちゃんと説明しましたわよ。

いろいろなことが初めて分かったようで、おかんは安心していましたが、優秀であろう医者が2人して、1人の老人に現状を分からせる説明ができなかったのかと思うと、またドス黒いモヤモヤがっっっ

 

 

 

黒いモヤモヤパワーが拍車をかけ、本日の全体力を耳鼻科探しに奔走。

通いやすい場所で、口コミなんかも参考にしつついくつかピックアップしましたわよ。

んで、ちゃんと、というより普通のことを普通にしてくれるクリニックで、おかんと相性の合うところをちゃんと探そうと、話し合いました。

とにかくこの変なループはたたき切らんとイカン。

新しい縁を作って、いい輪にしないとね。

 

先ほど、おかんから電話があって、ピックアップしたところの中の1つに早速行ってきたらしい。

「チューブの挿入?ウチでできますよ」と言われたらしいw

「チューブ挿入すれば、よく聞こえるようになりますよ♪」と言われたらしく、これまた怖がっていたおかんもちょっと安心みたい。

ものは言いようなんだよね。

よくわからんけど不安なことはないようなので、しばらく様子見かな。

とりあえず、難聴事件は解決!

 

 

 

【・・・・】

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ふじこ、年に一度の膀胱炎祭(´-ω-`)

2016年06月11日 09時53分32秒 | ペット

(´-ω-`)ショボーン

 

 

今週日曜に血尿を発見し、たぶんおしっこの場所から言ってふじこかなとあたりをつけつつ、誰だか特定するために観察していると、月曜の夜からふじこが超頻尿に・・・・

火曜の朝一番に、タクシー呼んで行ってきましたわよ、メインのかかりつけ獣医さんに。

 

 

【アタシがショボーンだわよっ、の図】

 

先生に、この子って季節で膀胱炎になる子だっけ?と言われ、領収証を広げてみて発見!

2013年から、毎年4月~6月の間に膀胱炎やっとるわーっ!

メインの先生が休みの時に膀胱炎になっていたんで、セカンドの獣医さんへ行っていたため気づきませんでした。

 

トホホ

 

暖かくなって、急に寒くなるような時期に弱いんだなぁ。

ふじこだけは水をあんまり飲まない子なので、来年からはよく見ていよう。

 

エコーでチェックしてもらったけど、石はなく、ただの膀胱炎と確定。

こっちの先生は、絶対エコーでチェックしてくれるので安心。

 

【医者は疲れるわね、まったく】

 

まだたまーーに血が混じっていそうなおしっこが出ますが、まあ、こんな感じなら大丈夫かな。

 

 

おしっこと言えば、ニンゲンのトイレの話。

まあまあまめにトイレ掃除しているのに、なんか臭くてどんよりしていたんですがね。

先ほどにおいの元発見。

入って左の壁から臭っていた!

 

くそーーーーー。

なんか飛び散っていたんだな。

 

 

 

キッチンハイターを薄めて、壁から床から全部拭いたったー。

フン=3

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加