オヤジのバイクいじり

モンキー、隼、部品作り

曲げ加工時のポイント

2017-12-13 18:09:06 | バイク部品
★12/13記事。
★個人でアルミや鉄板を曲げ加工するときのポイントをアップしてみました。
 ・加工に関しては素人の私が実施している内容ですので、
 ・プロから見れば、????かもしれませんのであしからず。
★作業は 
 ・直角に切らないで、Rをつけて切り出し。
 ・万力に固定。
 ・曲げる部分をバーナーなどで熱して、Rをつけてゆっくり曲げる。
 ・曲げる箇所に、細い鉄棒などを添えるときれいにRがつきます
 ・材質によっては直角に曲げると曲げた部分に亀裂が入ります。
 ・特にアルミ材は材質に注意が必要です。
  
 ・Benlvcsさん、参考になれば幸いです。
◎本日はここまで。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自家用車のドアロックリモコ... | トップ | 赤モンキー吸気系いじり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Benlycs)
2017-12-14 08:55:54
小田原モンキーさん、こんにちは。

わざわざ図解入りで丁寧にアドバイスいただき、ありがとうございます。

お蔭様でアドバイスいただいた内容を、理解することが出来ました。
工作仕事の基本中の基本なのでしょうけど、何事も自分で実践・経験しないとダメですね~。

「取りあえず付いた。」というレベルですので、機会がありましたら是非「改良版」にトライしてみたいと思います。

休日も煩雑で、なかなか走りにも行けず、セッティングも間々ならない状態です。(笑)
曲げ加工 (小田原モンキー)
2017-12-14 23:16:57
・Benlvcsさん、こんにちは。

・参考になれば幸いです。

・ほかにも振動で破断しないよう曲げる箇所に加工をする方法があるのですが、チョット加工が難しいですね。

・バイクについているヒンジ部のL加工したものを参考にするといいです。

コメントを投稿

バイク部品」カテゴリの最新記事