m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

昭和レトロなタイル満載の猪熊通り

2016-12-13 | 建築巡り・街歩き


京都調理師専門学校のランチへ行った時に、大宮駅から二条城まで歩いたのだけど、その時に通った猪熊通りが
昭和レトロなタイルの宝庫だった・・

タイルの塀に囲まれた地蔵祠は、土台もモザイクタイルでできてる。





卍の部分もタイル





ブルーのタイルが鮮やか





飴色のタイルもいい感じ





グリーンのグラデーションタイル。
ポストの投入口付





ここのタイルは窯変がきれい~





カフェになっていた町屋。





足元には肉厚の美しいオレンジのマーブルタイルが





マンションの入口のタイル
角の取れたこんなタイルも初めてみた感じ





タイルに面格子の組み合わせのレトロな家もいくつか発見。





あっちもこっちも見どころありすぎで、なかなか二条城にたどり着けず・・













元旅館か何か?三階建ての立派な建物。





元理容院をリノベーションした会社の事務所もおしゃれ。









吸い込まれそうな路地も





二条城近くの麻専門店、麻小路。




店内は麻のひも類から生地や小物類まで様々な麻製品が充実。




町屋を改装したお店なので、店内は吹き抜けの天井や井戸なども見られる。




近くには麻ロープの専門店まであった。




畳専門店もあって、店先にはオリジナルで加工したというこんな敷台も売られてたり





この立派な町屋や駄菓子屋さんの格子家。





懐かしい駄菓子がいろいろあってみんなで物色。

二条城まで楽しい町歩きができた。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異食文化忘年会【イラン料理... | トップ | クリスマスのリース »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL