m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

しまなみ街道サイクリング前編

2007-10-09 | スポーツ


全長約76km尾道から今治までのしまなみ街道サイクリングロードを2日かけて完走してきました~
すばらしい景色の中でのサイクリングではたくさんの感動を味わうことができた。
小学一年生の子連れなので修羅場は何度かあったが・・





尾道から向島へは尾道駅前で借りたレンタサイクルと一緒に渡船で渡る。
向島からは因島大橋を目指してサイクリング。
最初に渡る因島大橋が見えてきた。
橋が見えてから渡るまでが長い苦難の道のり・・
橋の高さまでらせん状に上りを上っていかねばならないのだ。





因島大橋は全長1270mの二段構造になっていて上段が自動車専用、下段が自転車、歩行者専用と分かれている。
橋の最後には料金ボックスがありお金を入れる。
自転車、二輪車は有料、歩行者無料。
ちなみにこの橋は50円。





橋を渡り終えるとしばらくは島の中を走る。
そして又次の橋が見えてくると元気が沸いてくる。
見えてからが又長いんだけど・・

次なる橋は生口橋。全長790mの斜張橋。
橋の形や造りも少しづつ違うのが楽しい。





島の中、海沿い、と次々に変わる景色を楽しみながらサイクリングは続く・・













生口島の瀬戸田はみかんの産地。
あちこちにみかん畑が。





この日、最後に渡った多々羅大橋は全長1480mの世界最長の斜張橋。
橋の構造や景観を検討し、美しさを追求した橋なのだそう。
ほんとにどの橋もそれぞれ立派で美しい形を持っている。









橋の上から見た海も透き通っていてきれいだ~





多々羅大橋を渡りきり、この日の目的地多々羅しまなみ公園へ到着。
40kmの行程、子どもたちよ、よくがんばった~!
この後、宿泊場所の元小学校だった施設を宿に改装したという懐かしい雰囲気のただよう「大三島ふるさと憩いの家」へ向かう。


サイクリング四苦八苦の詳細は旅行記ブログにて↓
http://4travel.jp/traveler/mayumama/album/10188056/
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山岡金属工業・たこやきミュ... | トップ | 大三島ふるさと憩いの家 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コタミキ)
2007-10-10 12:22:31
すごい!!40kmと言ったらフルマラソンじゃないですか~
自転車とはいえ、小学校1年生のお子様も完走とはビックリです。
飛行機よりも電車などで距離や移り行く風景を楽しむのも旅の醍醐味ですよね♪自転車ならなおさらですね。
瀬戸内海の海も綺麗ですね~^。^
続きも楽しみにしています♪♪
Unknown (mayumama)
2007-10-10 15:52:57
コタミキさん
そうですよね~、私も40kmといえばフルマラソンだなあと思いながらサイクリングしてました。
マラソンで走る人がいるくらいだから自転車ならもっと楽なはず、と思いながら・・
自転車のスピード、しまなみの景色を満喫するにはほんとにちょうどよかったです。
体力のある?人にはぜひおすすめしたいです~!
全部走らなくても部分的にでも楽しめると思いますよ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
しまなみ レンタサイクル・バイク、ツーリング (今治バリバリリンク集)
瀬戸内しまなみ海道沿線ではレンタサイクルを運営しています。各地区に設置された14ヶ所のレンタサイクルターミナルであれば借りることも乗捨てる事も自由なシステムになっています。 また、今治地方観光協会では、観光客向けのレンタサイクルを今治地方観光旅館ホテル...