m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

イケフェス2016【ルポンドシエルビル&新井ビル&グランサクタス淀屋橋】

2016-11-19 | イケフェス2016



北浜レトロを後にし、やってきたのはルポンドシエル、大林組旧本店ビルで大正15年に建てられた。





スクラッチタイルを用いた外壁にレリーフは竜山石が使われ、スパニッシュ様式でまとめられている。








玄関アーチの両脇にはワシの彫刻が。





当時の雰囲気が残されたエントランスホール。





エレベーターの表示板周りには繊細なレリーフが。





こちらの階段も当時のまま。





外壁とエントランスホール、階段以外はオリジナル部分はなさそうだった。
3階には大林組歴史館がある。




新井ビルは大正11年に建てられた旧報徳銀行大阪支店の建物。
1階は石貼り、2階より上はタイル貼りに。

現在は1階、2階には洋菓子の五感が入っていて、3、4階は貸しビルになっている。
1階のショップは元の銀行の営業室、2階の元会議室はカフェに。




3、4階への階段。








以前は吹き抜け部分にエレベーターがあったそう。
戦時中の金属供出で撤去されたという。





3階の貸しビルのフロア―









グランサクタス淀屋橋は大正6年に建てられた旧大阪農工銀行で、その後繊維商社、八木通商本社屋となり、
現在は外壁保存がされ、中は高層マンションに。





違和感があるといえばあるけど、、





八木通商だったころに見にも来たことがあるけど、
玄関周りや窓周りのレリーフがとても細やかで美しい。









外壁だけでも残ってくれてよかった・・

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三色彩道の紅葉2016 | トップ | 万博・日本庭園の紅葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イケフェス2016」カテゴリの最新記事