m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

シンプソン金具でガーデンテーブル&ベンチを作る・その一

2017-07-16 | 木工

ウッドデッキに置いてるテーブル&ベンチが風化してきて、買い替え?それとも作ろうか?

と考えてた時にコーナンで見つけた、シンプソンの金具を使ってのテーブル&ベンチのDIYの紹介。

シンプソンの金具とSPF材を使ってつくれるようだ。

ネットで作り方の説明書もダウンロードできるようだし、これで作ってみようと思ってた。

しばらくこの構想を寝かせてたのだけど、この度やっと重い腰を上げ、いざコーナンへ。

 

 

まずは材料を調達。

シンプソンのリジットタイアングル(RTA12)をまずはベンチ2台分の16個。

そしてビスはシンプソンのビスはちょっと高価だったので、普通のビスを。

木材は2×4材はあったのだけど、2×6材がなんとなかった!

これを作っては?と提案しておきながら材料がないなんて~

もう一軒近くのコーナンプロにはあるとのことだったので、2×6材はそちらで調達、カットもしてもらった。

今まで1×4、1×6材は扱ったことがあるけど、2バイ材は初めてで、厚みが2倍になるだけで、

なんかものすごく重たいし扱いにくい・・

この説明書通りに作ると180cm長さのテーブルになるのだけど、これではあまりに大きいアメリカンサイズになると

気付き、テーブルもベンチも長さ160cmに変更することに。

それでも切り出してもらった大量の木材を前に、ほんとにできるんかなあとちょっとひるんでしまった;

軽自動車にギリギリ、無理やり積み込んでもらって、

工作室の広いコーナンへ戻ってきて作業開始。

 

 

ベンチの幅も説明書のものより2×4、1枚分を狭めることに。

リジットタイアングルをつけるとこんな感じに。

実は狭めたために、1脚目のベンチは座面支持材を短くし過ぎて、散々ビスを打ち込みまくった後、

金具が2個分並べられないというアクシデントに気付いた!

隣で作業してたおじさんがL字型の金具を組み合わせて補強しては?とアドバイスくれたので

見栄えはボロボロになったけど、なんとか修正?!

サイズ変える時はよく考えてやらないとなあ;

 

 

その後、レールを取り付けて、

なんとかベンチ2脚が完成・・(斜め支柱はカットしてしまったけど)

この日はこれまでに。

 

 

木材の状態の時はなんとか乗ってきた軽自動車に載ったのだけど、

さすがにベンチになったら載せるのは無理;

コーナンの無料貸し出し軽トラを利用して家まで運んだ。

 

 

次回はテーブルを作りにいかなくては~

それにしても木材が重すぎて、テーブルの分をまた車に積み込むのが億劫・・

『クラフト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琵琶湖レイクサイドカフェ・R... | トップ | 浴衣deアクアライナー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL