m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

旧岸和田高等女学校&喫茶アラスカ

2016-09-15 | 建築巡り・街歩き


自泉会館の見学を終えた後は、もう一か所、旧大阪府立岸和田高等女学校へ。
昭和12年に建てられた校舎は現在は岸和田市立福祉総合センター分館として使用されている。





正面玄関上はアールを描き、窓ガラスもアールに沿って弧を描いていて美しい~




横から見ると大きな客船のようで




外壁も2か所弧を描き張り出している部分があり、アクセントになっている。




内部から、張り出した窓の部分
下の物入れも弧を描いてる。




丸窓




見学を終えた後はお茶をしに、前半の町歩き時に教えて頂いてた「喫茶アラスカ」へやって来た。





直前にお電話すると8席ほど席を空けて頂けてた。
更に講座帰りの方々が続々と来られ、お店はほぼ貸し切り状態に・・





内装は純喫茶らしく落ち着いた雰囲気がすてき。






重厚感のある銅板のレリーフや





カウンター上にかかっていたのは木彫りの大きなスプーンとフォーク





黒いレースのカーテン





珈琲ゼリーを注文した。
バニラアイスとバナナがトッピングされてる。
ゼリーもたっぷりで美味しい!





帰り際にお店の方と少しお話ができた。
天王寺のアラスカで修業をして、40年ほど前にこちらでお店を出されたとのこと。
メニューに珍しいネーミングのものがいろいろあったので
いちいち教えてもらうと・・なんと珈琲に生卵の黄身が入るというのメニューがあった。
聞くだけで生臭そう~と思うのだけど、全く気付かずマイルドな味になるのだとか。
機会があれば次はぜひそれを飲んでみたいと思うのだった。











『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岸和田・自泉会館 | トップ | 北海道の旅2016【小樽の近代... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建築巡り・街歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL