m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

岡山&香川の旅2016【ノートルダム清心女子大学】

2016-10-08 | 岡山&香川の旅201...
友人親子との合宿?は18きっぷで岡山に到着した後は、まずは駅前でお昼ご飯を皆で食べ、
その後は早速、岡山城へ行くみんなと別れて私だけ別行動。
レンタサイクルでチェックしてた建築を巡ることに。
チェックポイントは結構点在してるし、絶対お城一軒見るより時間かかりそう~~と思ったので
ほぼ全力で自転車を漕いで、まずはノートルダム清心女子大学へ。




ノートルダム清心女子大学は昭和4年、アントニン・レーモンドの設計により建てられた。
こちらはノートルダムホール東棟の聖堂。
外観しか見れないかなあ。と思っていたのだけど、守衛室でお伺いすると、なんと案内していただけるということに。
うれしい~~





聖堂は建物の2階にある。
左右対称についていた聖堂への階段。





かまぼこ状にアールを描く高い天井に、規則正しく並ぶ長方形の小窓









多くの窓から光が入り、とても明るい雰囲気の聖堂。





建物正面から見た時に見えたステンドグラスは淡い色合いの色ガラスが入れられていて





遠目で見た時にははめごろしだと思っていたが、一つ一つ開くようになっていた。





このかわいいらせん階段は?!
と、興味を持つと、特別にと上がらせて頂くことができた。









二階席から見下ろす。





二階からは照明も間近に。
どことなく和の雰囲気を感じさせる幾何学模様の照明がこのシンプルな聖堂にとてもマッチしてた。





聖堂を見学させていただいた後はノートルダムホール本館へ。




本館の教室。
こちらの教室も聖堂と同じく天井は緩いカーブを描き、解放感のあるデザインに。




教室と廊下の間には丸窓がついていて、中の様子がうかがえるようになっている。








トイレの扉がレトロでとてもかわいい!




中庭




そして、中庭に面したテラスもアーチの回廊が素敵だなあ。




最後は新館の塔の上から、コの字型に配置された校舎を望むことができた。


『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラペットゥ | トップ | 長屋のレストラン・キッチン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL