戦場スケッチ - 戦後 70 年の追悼 -

掲載のスケッチは田端敏雄さんの作品です。
リンク切れがありますが、ご容赦ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遺骨収集

2014年10月08日 | 戦争体験談
asahi.com の 8 月 28 日付で、下記のような記事が掲載されていました。 ビルマの北西部、インドとの国境に近い地区にようやく立ち入りが許可されるようで、インパール作戦で亡くなった方々の遺骨収集が本格的に始まるようです。
インパール作戦の戦死者遺骨、本格収集へ 40 年ぶり

旧日本軍に 3 万人の戦死者を出したインパール作戦から今年で 70 年。 敗走する日本兵が通ったミャンマー西部チン州で、約 40 年ぶりとなる本格的な遺骨収集が始まりそうだ。 民主化が進むなかで昨年 1 月、外国人の立ち入り規制が緩和。 民間団体が収集に向けた調査に乗り出した。 車がやっとすれ違える細い道が、険しい崖の上を曲がりくねって続く。 ミャンマー西部カレーミョからチン州北部、インド東部のインパールへと続く道は、日本兵が進み、撤退したルートの一つだ。

たくさんの兵士が命を落とした退路は「白骨街道」と呼ばれた。 今も舗装されていない道路は、雨期の雨でぬかるんでいた。 沿道は当時のように密林に覆われ、少数民族の村々がまばらにある。 少数民族のゾミ族が住むトゥイキアン村で日本兵のものとみられる遺骨が見つかったのは、今年 4 月。 日本兵の墓と伝わる沢沿いの木の下にあるくぼみを掘ったら骨が出てきたという。 (トゥイキアン村〈ミャンマー西部チン州〉 = 福田直之)
そこに掲載された写真には、旧日本軍の残骸は見られるものの、緑色に染まる山林はあまりにも美しく平和で、なかなか 田畑敏雄さんのスケッチと重ね合わせる ことはできないのです。 今は一日も早く、ひと柱でも多く日本に戻ってきて欲しいものです。


又、インパール作戦 70 年の、現地での追悼・記念行事についても、asahi.com が紹介しています。
インパール作戦 70 年 追悼や資料館 … 地元で継承広がる」 (7-22-14)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和 20 年 8 月 15 日

2010年04月20日 | 戦争体験談

筆者の 8 月 15 日は、何も解らない年でしたから、昭和 20 年のある日、「何もかも明るくなった」とだけ記憶しています。

何せ、当時の家長であった祖母が特高にしょっ引かれた家でしたから敗戦を認めることにおそらくクールな対応ではなかったのか、と思っています。 おそらく、それまでも家の中では「戦争に負ける」話はよく出ていたのではないかと想像しています。

食料品を広く扱っており、この日まで商品が豊富に揃っていたところをみると、大手の顧客が海軍だったのではないかと思います。 母、祖母としてもしっかりとした人柄でしたが、商人としてもしたたかに立ち振舞っていたのでしょう。

「明るく」なったと感じたわけは、心理的、物理的の両面があったと思います。 大家族のみんなが突然大きな声で話し出しました。 小さいながらも会話にタブーが無くなったことを感じたのではないでしょうか。 それまでは家の中だけの会話と、表での会話が厳然と区別されていたのでしょう。

又、ラジオから流れる軍艦マーチと空襲警報のサイレンからも解放された日です。 小さい時に受けたトラウマでしょうか、軍艦マーチとサイレンを聞くと未だに暗い気持ちになってしまいます。

物理的には、皆さんご想像通りです。 電灯の周りに付けられていた黒いシェードがさっさと取り払われました。 ガラス窓に貼りめぐらされていた X 印の紙は一家総出で洗い流されたと、うっすらと記憶しています。 直前まで毎晩防空壕に通っていた暗い家中の雰囲気とは全く違う、一家全員の明るく積極的な行動でした。

母の気持ちなど全く解りませんでしたが、戦地の父の生死は解らず、父の写真は仏壇にそのまま置いてありました。 実際には、一家に未だ平和が戻っていなかったのです。 父は必ず戻ってくると繰り返し聞かされていたのでしょう、私自身は何の不安も感じませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小安さんのビルマ戦記

2007年07月01日 | 戦争体験談

最近、貴重な「ビルマ戦記」に出会うことが出来ました。 下記のサイトをご案内して、詳述はそこに譲ることにしますので、是非、お読みください。 インパール作戦失敗後、日本軍は降伏間際の状況にありますが、まだまだ懸命に抵抗を続けている最前線の様子が手に取るように分かります。

私のビルマ戦記 小安歸一著 計 13 ページ

このブログを立ち上げた本来の趣旨である「田畑敏雄さんの戦場スケッチ」集をご案内するという意味からも、それぞれのスケッチが小安さんの言葉を借りて、まるで話しを始めたような錯覚に陥ります。

この地で亡くなられた多くの尊い命には真に不謹慎ですが、以前、TV シリーズでみた「コンバット」のように、ハラハラ、ドキドキが終戦日(昭和 20 年 8 月 15 日)まで続きます。 唯々、「よくご無事で!」の言葉しかありません。

小安さんは、次のような言葉で、ご自身の著作を締めくくっておられます。 今の若い世代では考えられないような青春 ・・・。 しかし、戦場から生還された方々が、戦後、急速に成し遂げることのできた産業・経済再建のリーダーであったことも忘れてはなりません。

"私たちの時代の者は殆ど皆、青春時代を何らかの形で戦争の影響を大きく受けている。 二度と味わうことの出来ない若き日々の数々を失ったのである。 しかし考えようによっては、ビルマで経験した連合軍との戦闘により、他では得ることの出来ない「何か」を確かに得たと思う。

この「何か」が人それぞれ異なるのである。 それは口に出して、これとこれ、というものでは無く、その人の心の中、または身体に沁み付いていると思う。 こう云って諦める他無いことである。"

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしい思い出

2006年12月31日 | 戦争体験談

殺伐とした戦争のさ中であっても、日本兵と地元の人々との交流があったことを物語る、心温まるエピソードで、2006 年を締めくくりましょう。

「戦時中の泰緬鉄道に関係した日本兵を探すタイ人の著名ビジネスマン、ビクロム・クロマディットさん (53) が、鉄道第 9 連隊第 6 中隊で、彼の母親を知る大塚高二さん (91) と対面したのだ。

泰緬鉄道は日本軍が英蘭捕虜を酷使したことから、『死の鉄道』といわれた。 ところが、ビクロムさんの母は、日本兵が本当はやさしい人々であったと息子に話していた。 娘盛りだった 17 歳の彼女は鉄道を使って果物を売り歩いていた。

彼は自らの半生記を書き進めるうち、母が接した旧日本兵に話を聞きたいと思った。 駐タイ日本大使だった太田博さんに相談すると、元大使の心に火がついた。 小欄にも情報がよせられ、第 9 連隊の一員がもつ戦友会名簿から、ついに大塚さんを探し当てたのだ。

先月末に来日したビクロムさんは、相模原市の大塚さんを訪ねた。 当時、20 代だった大塚元軍曹は『あなたのお母さんはきれいな人だった』と目を細めた。 通訳をした太田元大使は、2 人が『夢のようだ』と繰り返す言葉が印象的だったという。」

と、12 月 7 日付「産経抄」は伝えています。 この記事も、川畑様にお伝えしたところ、泰緬鉄道の思い出を次のようにお話し戴きました。

「泰緬鉄道の良い話を有難うございました。 昭和 19 年 8 月、まだこの鉄道が完成して一年ほど経った頃に、マレー - バンコク経由、無蓋車に乗車、ノンブラドック - ビルマのタンビサヤ迄 414.9 キロメートル、雨季で土砂降りの中をお世話になりました。 無蓋車なので衣服が穴だらけ皮膚は火傷で散々でした。

私の分隊は南回りでタイに撤収したので、昭和 20 年 5 月にも、又々、雨季に入ったばかりの熱帯雨林と遙か眼下に広がる転落車輌の残骸を眺めながら、薪を焚き超スローで動く列車で、タンビサヤ - ノンブラドックを 3 日掛かりの転進でした。

昭和 19 年には鉄道沿線では多くの英蘭豪の俘虜がドラム缶等を運ぶ作業をしていました。 中には骨と皮だけの骸骨の様な者もおりました。 昭和 20 年の 5 月ともなると捕虜達を余り見かけなくなったのは、ビルマから撤退するボロボロの兵士の姿を見せぬためだったのでしょうか。

散々痛めつけられながらも、無事にタイに撤退出来たのも泰緬鉄道のお陰と感謝しています。」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビルマで起ったこと

2006年11月10日 | 戦争体験談

開戦の初期、ビルマに進出した日本軍には「援蒋ルート」の遮断という明確な戦略があり、一時的には、それに成功したものと理解していますが、次第に戦況不利に傾き、「ビルマ」や「インド」を植民地支配から解放し、独立させると言う、「大義名分」を前面に打ち出したように思われます。

自ら望んで、その流れの中に身を置くことになった「ひまわり太郎」さんの手記を紹介して戴きました。 題して、ブログ「南十字星」です。

有意の青年が飛び込んだその地には、前線の戦況とはあまりにも掛け離れた、奢りと虚飾の日本軍幹部の言動が待っていたようです。 それと裏腹に、あくまでも親しみ易い地元の人々。 読む人を 60 数年前のビルマの町角に誘い出します。 

早速、川畑様にもお知らせしましたところ、次のようなご返事を戴きました。

「ただ今、ようやく読み終えました。 当時の頃にかえり、自分と重ねながら読み進みました。 ビルマでは、光機関がビルマ、インド独立のために活躍していたことは有名で、私たちのような軍の末端にいるものでも名前はよく知っていましたが、これを読み、初めてその実体を知ることができました。

ペグーを通過してシッタンに向かっていたときバーモ長官の一家を追い越したことがありましたが、その後どうなったことか?

私たちの分隊がシッタン河に到着したのは 4 月 27 日で南十字星さんと同日になりました。 私たちの分隊も隊長の将校行李を一個運ばされましたが、シッタン渡河後にスピットファイヤーの銃撃で通信機材もろとも炎上、引きずり出して中身を点検したところ、命がけで運ばなければという物もないので、燃えさかる火の中に精一杯の罵声を浴びせて投げ入れ、厄介払いをしました。

隊長は一足先にバンコクに軍用機で脱出、私物の重い将校行李を我々に運ばせたのです。 私物の行李は機材と共に灰に、これは分隊長も黙認。 敵機の攻撃により通信機材と共に炎上消失と報告、隊長の残念そうな表情で一件落着。

南十字星さんのブログの中の一件、通信機の箱の中の女性の着物云々を見て当時のことを思い出しました。」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加