eardrum

inside music

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Robert Glasper/Double Booked

2010年01月16日 | アルバム・レビュー(2009年)


Robert Glasper
Double Booked
(Blue Note,2009)

Robert Glasper (piano, fender rhodes)
Casey Benjamin (saxes,vocoder)
Vincente Archer (bass)
Derrick Hodge (electric bass),
Chris Dave (drums),
Jahi Sundance (turntables)

アルバム一枚の中でTheloniousMonk、Radioehead、J Dillaのカヴァを試み、当たり前のように成し遂げるジャズ・アーティストなどそうはいない。Vijay IyerやTaylor Eigsti(個人的にそれほど)と並んで新世代のジャズを担うとされるRobert Glasperの3作目は、賛否両論あるようだが、個人的にもその両論ある。

前半はGlasper、Vicente Archer、Chris Daveらピアノ・トリオによる演奏で、前作を継ぐメロディアスな方向性を打ち出す。しかしコンポーザーとしても野心的なGlasperだけに、アルバムに毛羽立った雰囲気や、思いがけない展開を用意することも忘れない。滑らかな音の連続とは裏腹にそのピアノは機を見て気侭にタンブルするし、新加入したDaveのアグレッシヴなドラミングがグルーヴを激しくしぶかせもする。もちろんそれは粘り強く下地を紡ぎ続けるArcherのプレイあってのものだ。今回Daveのドラミングにはかなり焦点が当てられていて、"Yes I'm Country(and that's o.k.)"ではドラムスとピアノがタンデムし、どちらが主役なのか判らなくなるほど。個人的な好みだと、トリオの場合Damion Reidの機微あるドラミングの方がGlasperの旋律をより引き立ててはいた気がする。
 前半の終幕はこれまたドラムスが強気に出たMonkのカヴァ"Think Of One"。この曲ではピアニストとしてのGlasperの力量が特によく出ている。フィナーレに近づくほど際限なく音が転がりはじめ、ラグタイムっぽく加速して、Ahmad Jamalの"Swahililand"が来光する解脱の瞬間へと導く。

 The Rootsの?uestloveのコールから始まる2部は別物と考えていい。ブルックリン録音のエレクトリック・バンド構成で、より実験的な方向性だ。正直、賛否両論の否のほとんどはこっち。
 アプローチはよりストレートで、頻繁にリズム・パタンが動くし、Mos Defのラップもあれば、Bilalのシンギングもあれば、スクラッチもある("Open Mind"。ちなみにこのスクラッチはサックス奏者Oliver Lakeの息子Jahi Sundance)。全体的には、出演者のMos Defや?uestloveらヒップホップ畑の連中が試みた、ヒップホップとジャズの齟齬なき邂逅というテーマを、ジャズの原点にある即興とポリリズムを始点に、ジャズサイドからアプローチしてみたという感じ。
 ただし、ヒップホップのコンポーザーがテクノロジーの助力を得て音楽を作るのに対して、Glasperはその感性と一つのインプロヴィゼーションでそれを表現できるはずだった。Glasperがデビュー当時からすでに混淆の感性を備えた気鋭のピアニストとして登場したことを考えると、今になってわざわざ表ざたしてコラボレートする必要があるのか、という疑問が最後まで残ってしまう。ジャズによくあるパラドクス(ジャンル超越という頭でっかちな型にはまる)に陥っている気もする。Bilalとの"All Matter"は出色の出来栄え。バンドの方でのドラムスはDaveで正解だった。
 自分みたいな若いリスナーは十分に楽しめる作品だとは思うが、90年代のThe Pat Metheny Bandなどをちゃんと順を追って聴いてきた方は落胆されるかもしれない。まぁ、才能ある新世代も昔と同じように試行錯誤するんだな~、ということで。同じ09年リリースのジャズ・アルバムだとVijay Iyerに軍配が上がる。ともかく、後半はむしろ後戻り。もしトリオとエクスペリメントが同じ時間にブッキングされているとしたら、間違いなくトリオを聴きに行こう。

Rating:8.0
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Jimmy Radway & The Fe Me Ti... | トップ | Musiq Soulchild / On My Radio »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事