Richard's Blog

リチャードの雑記帳

両神山

2012-06-07 10:31:07 | ハイキング

ハイキング記事一覧

R隊定例ハイク、今年6回目は埼玉県の両神山に登りました。 R隊の候補からは難度ではずれていた山ですが、有料の最短コースが見つかったので、登ることにしました。

新座駅前に集合し、健吉さんと市太郎さんの車2台で出発。 関越道を走り花園インターで下りました。

国道140号~県道37号を経由して県道367号「小森」バス停Y字路を白井差(右)方向に進みキャンプ場を過ぎて林道の終点、白井差登山口に到着。そこにある所有者の人の家で受付をして地図をもらって出発です。

目的地: 両神山
標 高:  1723m
場 所: 埼玉県両神村

 

 参加者: 6名 (純吉さん、洋吉さん、大吉さん、健吉さん、市太郎さん、私)

コース:新座駅前06:40 → (関越道)~ 07:18花園IC ~ 08:45 白井差登山口(駐車場) 09:05→ 09:23昇竜の滝→オオドリ河原→ 10:35ブナ平 → 夢見平→11:43 両神山(昼食) 12:50 → 13:30 夢見平→ブナ平→14:00オオドリ河原→14:30昇竜の滝→ 15:00白井差登山口15:10→ 花園IC~(関越道)~17:40新座駅前 

 

私有地の山道を通るため予約した人だけが通れます。

 

 

この日はツアーの団体客があとから到着するのですぐに出発しました。

すぐに沢の流れのところに出て沢を渡りながら進みます。

 

 

 

歩き始めて20分ほどで昇竜の滝を通過。 滝は帰りにゆっくり見ることにしました。

 

 

一面、鮮やかな緑に覆われた中を、さわやかな、沢の流れの音とともに癒されながら歩きます。

とても気持ちが良い山歩きです。

 

 

 

見上げるとこんな感じ。 美しい。

 

 

 

歩き始めて1時間半、コースポイントのブナ平、夢見平を通過

 

 

 

ようやく開けたところから岩が露出した山容が見えてきました

そしてここから公道にはいります。 山頂まであと少し。

 

 

 

山頂近くの鎖場。 険しい岩場を登ります。

 

 

ちょっとスリリングな岩場

 

 

それほど危険ではありません

 

 

11時43分、両神山山頂に到着しました。 

 

岩がごつごつした狭い山頂に人がいっぱいいました。

 

 

この日は天気が悪く山頂からの景色はぼんやりとしか見えません。

 

<!-- 両神山山頂の景色 -->

 

 

 

混雑してるので急いで記念撮影しました。

石で造られた祠もあります。

 

 

 

山頂は狭いので少し戻ったところで昼食タイムとしました

12時50分下山開始。

同じ道を戻るのが条件なので、来た道を下りて行きました。

 

 

14時30分、朝通過した昇竜の滝まで下りてきて、滝の前まで進んでしばしマイナスイオンを浴びました。

15時00分、登山口に到着。

途中団体客30~40人くらいに出会いましたが、中型のバスが3台止まっていました。通常ルートではきついこの山も、この有料登山道を通れば、楽に登れるので我々も含めうれしいです。

最後に地図を返却して環境整備料の名目で一人あたり1000円を支払いました。 その時記念にバッチをくれました。良い記念です。

 

新座駅前で解散したあと、電車組は王将の餃子と生ビールでお疲れ会。

今日の山は、通常ルートではきつい山としてオミットしていましたが、純吉さんからの情報で短いルートがあると言う事で、出かけましたが、整備された山道で緑がいっぱいの中、沢の流れや滝などはもありとても気持ちの良い山歩きでした。そして正規ルートでは無かったけど日本百名山に立つことが出来て大満足でした。

ハイキング記事一覧

ハイキングの部屋(HP)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊豆旅08 | トップ | Headset »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あゝ山に行きたい (市太郎)
2012-06-16 23:58:21
両神山、良かったですねぇ。仕事に忙殺される日々より、山に帰る日を優先できる日々を暮らしたいです。
あゝ、山に行きたい(。-_-。)
緑のシャワー (リチャード)
2012-06-17 19:37:24
両神山の写真を見ると、全体的に緑の色がほとんど。
それだけ鮮やかな緑に包まれた山道でした。
今が一番緑がきれいな季節かも知れませんが、特にこの山の歩いたコースは素晴らしい雰囲気でした。もっともっと山に行きましょう

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL