Richard's Blog

リチャードの雑記帳

2006-2007年末年始の旅-(1)

2007-01-04 10:48:14 | 国内旅行
前年に引き続き、年末から年始にかけて、バス旅行に出かけてきました。
前回は西へ行きましたが、今回は北へ。


01
12月31日(日)バスツアー集合場所(埼玉県某所)
集合出発時間は 朝8時00分



02
今回のツアーはこの会社の企画です。
我々のツアーバスはこの純正バスではなく提携バス会社。



03
我々のコースはバス1台で参加者36名。
朝8時00分に出発して東北自動車道に入り最初の休憩場所は上河内SA(栃木県)。9時36分。


04
2番目の休憩場所は国見SA(福島県)11時27分
だいたい2時間に一回程度、トイレ休憩があります。


05
SAでは何か食べたくなりますが
たまたま試食販売があり、食べてみるとおいしかったので、ひとつ買いました。


この休憩後、バスの中でお弁当が配られ、走りながら食べました。
ひたすら目的地に向かって走るので、昼食も走るバスの中です。


06
買ったのは仙台麩(あぶら麩)
麩自体に味が付いているので、煮込むと甘みのあるよい味が出て
私好みです。


07
3番目の休憩場所は前沢SA(岩手県)13時30分。



08
ここでは前沢牛を焼いて串で売っていて、結構並んで買う人がいました。
前沢牛の串は700円。極上串は1000円もします。


09
岩木山が見えてきました。
富士山ににてきれいです。



10
4番目の休憩地点は花輪SA(秋田県)15時16分。
第一日目は、ひたすら走ります。


11
大鰐弘前インターで高速を降りて大鰐温泉駅近くの広い駐車場でホテルの送迎シャトルバスに乗り換えます。
シャトルバスはそこから雪の山道を20分ほどかけて登っていき、
そして、今日のお宿-青森ロイヤルホテルに到着。16時42分。



12
雪に覆われた木々や建物は美しい光景です。


13
クリスマスイルミネーションも残っています。


14
ホテルにはいると、かわいい動物がそりに乗っています。
(クリック)



16
そして部屋に向かう通路には青森伝統のねぶた(ねぷた)が飾られています。
(クリック)

到着後、すぐに温泉につかり、18時00分から今日の夕食。
今日の夕食はバイキングです。

季節柄バイキングのメニューにはおせち料理もありました。



18
夕食後、21時00分からホテル前で大晦日のイベントとして冬の花火を打ち上げるというので、完全防寒スタイルで表に出て、見物。

冬は空気が乾燥していてきれいに見えるそうだ。
あまりにも近くで打ち上げたので、カメラも真上に構えなければならず
撮るのに苦労し、あまりよく撮れませんでした。


20

この日の夜は温泉につかり、紅白など見ながら行く年を惜しみました。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消防出初め | トップ | 2006-2007年末年始... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (幽明廊)
2007-01-06 00:16:46
遅ればせながら、新年明けましておめでとう御座います。毎年の事ながら、一つ歳を取るのが新年の有難くないところですが。年末・年始は旅に出るのもまた一興ですね。夏の東北道は10年前に走った事があります。北へ向かう道は写真を見てるだけで旅情を掻き立てます。今年も旅行記に期待してます。
北の国から (小太り親方)
2007-01-06 12:39:14
年末年始を旅行先で過ごされるって新鮮でイイですね。
奥様も家事から開放されてゆっくりと正月を楽しめる、そんなりちゃーどさんの気遣いを感じます。

そんな日を夢見て、じっと手をみる小太り部屋です(汗)
今年もよろしく (りちゃーど)
2007-01-06 20:01:04
幽明廊さん、お久しぶりの書き込み、ありがとうございます。そうですね、新年を迎えると確かに歳を撮ることになりますね。そして誕生日もうれしくなくなりますね。

今年もよろしくお願いします。
年末年始の旅 (りちゃーど)
2007-01-06 20:05:45
小太り親方、コメントありがとうございます。
年末年始の旅も寂しいものです。
本来なら、家で正月らしい正月を迎えられればそれに越したことはないのですが。
相方は確かに家事から解放され上げ膳、据え膳で言うことなしでしょうね。
子供の頃のお正月が懐かしいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL