Richard's Blog

リチャードの雑記帳

河津桜と雛のつるし飾り

2010-03-01 10:08:32 | 国内旅行

先日のハイクで、神奈川県松田町の早咲き桜を観たばかりでしたが、本場の河津桜まつり鑑賞の
バスツアーにも参加して行って来ました。

旅行日    : 2010年2月13日
ツアータイトル: 2食付!春爛漫♪河津桜まつりと稲取・雛のつるし飾り
ツアー会社  : クラブツーリズム

コース:都内出発地→(首都高~東名道)→沼津IC→河津町(桜まつり)→稲取(雛のつるし飾り)→熱海→(小田原・厚木道路~東名道~首都高)→都内出発地


朝7時40分に都内を出発したツアーバスは10時50分頃沼津インターを出て、最初の立ち寄り地
味の駅、沼津味工房に着きました。

ここでは昼食弁当の積み込みと海産物のみやげ物の買い物タイムです。

車内でお弁当が配られ各自自由な時間に昼食をとりました。










02

12時頃、今度は伊豆のわさび屋というところで、2回目のお土産タイムです。

いろいろなわさびを使った食品が売られていました。

またこの中で、わさび製造の過程をガラス越しに見せてくれます。












03

13時40分頃、河津桜まつりの会場に着きました。

複数ある駐車場には、観光バスが、数え切れないほどの数で埋まっていました。

さすが有名な河津桜です。

約1時間の自由散策で近くを流れる川沿いの菜の花ロードを歩きました。












04

この日はほぼ満開の様相で、川沿いに長く河津桜が続いていました。









05

ここでも菜の花とのコラボできれいです。










06

比較的低い木が多く、ソメイヨシノに比べると花びらは大きめで、何と言っても色が濃いのがきれいです。

河津桜について










07

ここは河津駅に向かう通りで、左側の高くなっているところが線路です。










08

とりあえず記念に1枚です。









09

この日は曇り時々晴れでしたが、この瞬間は青空がバックに入り、きれいに撮れました。












10

ところどころから川辺に下りる事が出来ます。


河津桜祭り情報









11

大きめなワンちゃんたちにも出会いました。

白い方の犬は、飽きたのか、あくびをしていました。(笑)










12

桜まつり会場の中心部に足湯がありました。

皆さん、気持ち良さそうです。











13

1時間ほどの桜鑑賞を終えてバスに集合したあと、ツアーバスは伊豆の海岸線を走り、次の立ち寄り場所に
移動です。

15時25分、稲取温泉にある「雛の館」にやってきました。










14

雛の館に入ると、たくさんの雛のつるし飾りが所狭しと展示されていました。

初めて実物を見ました。

つるしてあるもの以外にも、一般的なひな壇の人形も飾ってあります。










15

雛のつるし飾りは、稲取温泉が発祥の地だそうです。

日本三大つるし飾りには、九州柳川地区での「さげもん」、山形酒田地区での「傘福」、
そして
稲取の「雛のつるし飾り」があるそうです。












16












17

ほとんどは女の子用の雛飾りですが、このコーナーのつるし雛は男の子用の飾りです。









18

雛飾りと一緒に当時のいろいろな遊び道具も展示されています。









19

雛の館は海のすぐそばにありますが、その前には、かなりの樹齢と思われる松の木が何本かあり、
この松は海の方に向かって伸びていて、倒れないように支えられていました。


雛のつるし飾りを鑑賞したあと、一路東京に向かいました。

夕食も車内でお弁当が配られ、皆さん、好きな時に食べました。

東京に戻ったのは、予定より30分ほど遅れた21時頃でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試写会 | トップ | ハイク中止で新宿へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL