Richard's Blog

リチャードの雑記帳

硫黄岳・横岳 その1

2014-08-03 16:55:13 | ハイキング

ハイキング記事一覧

R隊2014夏合宿は一泊二日で八ヶ岳連峰の硫黄岳と横岳に登りました。

登山日: 2014年8月1日(金)~8月2日(土)
目的地: 硫黄岳・横岳(八ヶ岳連峰)
標 高:  2760m(硫黄岳)、2892m(横岳)
場 所: 長野県茅野市、南佐久郡南牧村
宿 泊:  赤岳鉱泉

参加者: 5名 (健吉さん、隆吉さん、市太郎さん、八反さん、私)

コース:【1日目】 8/1(金) 新座7:45→ 10:35小淵沢IC→美濃戸口→11:05やまのこ村駐車場11:28 →(北沢ルート)→12:35(昼食)13:20→14:25赤岳鉱泉(宿泊)・18:00夕食・20:00就寝
 
【2日目】 8/2(土) 赤岳鉱泉・起床4:00、出発4:40→6:35赤岩の頭(朝食)7:13→7:33硫黄岳山頂7:55→8:27硫黄岳山荘→台座の頭→9:24横岳奥ノ院 9:32→9:50三叉峰→10:58地蔵の頭→12:10行者小屋(昼食)13:05→(南沢ルート)→15:28やまのこ村駐車場15:45→美濃戸口→16:15諏訪南IC→19:10新座

前回、2009年7月31日の赤岳への宿泊登山と同じアプローチで美濃戸口を経由して、やまのこ村という山小屋の駐車場に車を預けて1日目の登山を開始しました。

 

 

やまのこ村から7~8分で、八ヶ岳の看板が立つ分岐に来て、11:37最初の記念撮影。

前回は行者小屋宿泊だったので、右側の道、南沢ルートでしたが、今回は赤岳鉱泉なので、左の北沢ルートを進みます。

 

 

 

 

北沢ルートを進み、12:30分頃、左に沢が流れる広い場所で昼食タイム。

 

 

 

 

昼食休憩のあと、北沢ルートを進みます。途中、何か所か、このような渡り板がみられます。

 

 

 

 

14:20、小屋が見えてきました。

 

 

 

 

14:30、赤岳鉱泉に到着。

 

 

 

 

赤岳鉱泉の正面玄関。

 

 

 

 

受付カウンター。 夕食、朝食のメニューも書いてあります。

 

 

 

 

一人当たり千円を追加して個室に入りました。

なかなか小奇麗な部屋です。

 

 

 

いったん部屋にザックを置いて、外のテーブルで生ビールで乾杯。

 

 

 

 

18時00分、夕食タイムで宿泊者は食堂に集まりました。

 

 

 

 

メニューは、ステーキ、洋風スープ、サラダにフルーツ。

ライスとスープはお代わり自由。

 

 

 

夕食はワインで乾杯。

 

夕食後は部屋に戻り、自分たちで布団を敷きました。

翌朝は早く出発するので、朝食はお弁当にしてもらいました。

そして20時ころには就寝。

2日目につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美浦 | トップ | 硫黄岳・横岳 その2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
風呂付き! (市太郎)
2014-08-08 20:21:39
山行記録掲載、毎度ありがとうございます。
赤岳鉱泉もまた山荘と言うべき充実した設備に驚きました。自然と不便さを山入りに求めると、満たされない気持ちになりますが、いえいえ今や車、山靴、衣類、武器まで文明の利器に支えられた中高年登山、有り難く恩恵にあやかりました。(^_^;)
そう言えば、風呂の写真を撮りませんでした。山での湯殿、生ビール。なんて贅沢な…(^-^)
お風呂 (リチャード)
2014-08-09 14:47:53
市さん、コメント感謝です。
昔の山小屋や、大部屋の泊まりはあまり体験していないので、これまでの山小屋は比較的きれいな小屋ばかりの印象です。
そして今回の小屋は風呂付きで、食事がステーキなどとおよそ山小屋らしくない民宿のような感じさえします。時代とともに変わってきたのでしょうか。
私は風呂に入らなかったので、なおさら写真撮るの忘れました。そしてお酒好きの人にはやはり生はごちそうでしょうね。それも山の上で飲めるのは。
綺麗で広くて、いい小屋でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL