Richard's Blog

リチャードの雑記帳

高尾山-1

2005-11-19 20:46:44 | ハイキング

小太り部屋の親方の山行に刺激され、また友人からの誘いもあって、11月19日友人と二人で高尾山へハイキングに出かけた。

この日はハイキング事始を祝うかのような好天に恵まれ、気温は低めだったが気持ちの良い1日だった。

突然決まったハイキングなので、慣れた親方のようにグッズも持っていないので、とりあえず適当な服装で出かけた。


朝9時に京王線の高尾山口駅前で友人と待ち合わせ、駅前で飲み物と弁当を買い込み、いざ高尾山へ向かった。あらかじめパンフレットでコースの概要を調べていたが、一般的と思われる1号路を登ることとした。



1号路は舗装されていて、途中までは物資を運ぶお店の車が登っていったり、赤ちゃんを抱えて乳母車を押して登る夫婦もいれば、若い二人がデートみたいに楽しく登る若者がいたりとさすが初心者コースだなあと感じながら頂上をめざす。

しかし、最初から結構急な登りが続き、早くも体力の衰えを実感するわれら二人。そして自分流で休憩地点を多く作り、無理せず休みながら登りを続けた。



30分ほど登ったところに、金毘羅台という見晴らし台があり、そこからは手前に八王子市内、そして広々とした関東平野が見渡せ気分は爽快。そこで最初に記念撮影して、しばらくしてから、登りを続けた。

例の50肩の痛みが続いているので、自分で背中のバッグをつけたり、はずしたり出来ず、友人に助けてもらった。なんとも情けない。

(後半に続く)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平泉周遊 | トップ | 高尾山-2 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ようこそ、我家の裏山へ (小太り親方)
2005-11-20 23:15:54
いらしたのですね、ウチの裏山へ。



一号路はヒールの姐さん達も居て不思議な世界ですよね。

親方はもっぱらケーブルカーの乗り口の左側を暗い山道へ入る稲荷山コースです。

高尾山はコースもバリエーションがあり、ケーブルカーもありで行けるところが老若男女楽しめる秘訣かも知れません。



慣れられたら是非奥高尾から陣馬山へと足を延ばされては如何ですか。城山、景信山、陣馬山といずれも景観が良く気持ち良いハイキングコースですよ。

高尾山口からバスで大垂水峠へ行って、南高尾山領を高尾山口へ戻ってくるルートもオススメです。



ちょっと遠いかも知れませんが、裏山楽しんで下さい。
裏山へ (りちゃーど)
2005-11-21 08:58:33
親方、コメントありがとうございます。裏山へお邪魔しました。おかげで、足が筋肉痛です。普段使わない筋肉を使った性でしょうか。でも適度な疲労は心地よく、健康にも良いと確信しています。親方の言うとおり、陣馬山方面へのルート標識もありましたね。いつの日か挑戦したいと思います。ちなみに今回の帰路は稲荷山コースを下りました。親方言うように暗く急な坂道が多く、下るのにも苦労しました。何せ初心者なもので。(笑)
日ごろの行い (やっちゃん)
2005-11-21 12:42:54
登山ですか、良い天気でよかったですね。

やっぱり日ごろの行いが良いのでしょうか?(笑)

紅葉はいかがでしたか?登るのに一生懸命で、なかなか目に入らなかったですか?

大阪も週末は良い天気で、絶好の洗濯日和で、よく乾きました。(今日も良い天気です)

私も、2~3年後には、ハイキングでもできればいいなぁと考えてます。

義父と義母も山登りが大好きなので、良い所を教えてもらおうと思ってます。
登山 (りちゃーど)
2005-11-21 13:05:29
やっちゃん、書き込みありがとう。土曜日は好転に恵まれ、景色も良く、紅葉もばっちりでした。2日たっても、足は筋肉痛のまま。体の衰えを痛感します。山登りはいいですね。おいしい空気、自然とのふれあい、気分転換にもよし、適度な疲労感は心地よく、健康にも良しと。やっちやんも落ち着いたら登ってみて下さい。そちらからも近郊の山がたくさんあるでしょうね。
金比羅台 (幽明廊)
2005-11-24 01:00:36
高尾山から陣馬高原を抜けるコースで、高校のクラス会をやった。幹事をオコーナーB型男性とツチノコAB型女性で引き受け、クラス会の下見を3人で廻った。30年以上も前の事だ。金比羅台の写真を見ていて思い出した。肝腎のクラス会については全く思い出せないのだが。
陣馬高原 (りちゃーど)
2005-11-24 08:59:38
高尾山頂から陣馬高原に抜けるコースもありましたね。いつかは、そのコースも体験してみたいと思っています。今度一緒に行きましょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL