Richard's Blog

リチャードの雑記帳

生藤山

2007-06-17 17:26:30 | ハイキング
生藤山(ショウトウサン)
神奈川県藤野市 990m
神奈川県と東京都を境する花と展望の山

コース:JR上野原駅→バス→石楯尾神社前バス停→登山道入口→佐野川峠→甘草水入口→三国山→生籐山→三国山→甘草水入口→佐野川峠→鎌沢休憩所→鎌沢入口バス停→バス→JR藤野駅

参加者:5名(ダイキチさん、イチタロウさん、コタロウさん、ケンキチさん、そして私)

今回は、新入隊員としてケンキチさんが初参加でした。
週間予報では週末は雨模様だったので、今回はダメかと思っていましたが
何故か天気は好転して、それも一日中、雲一つない快晴に恵まれました。


01
JR中央本線上野原駅で8時10分の待ち合わせ。
隊長の私は途中駅で乗り過ごしてしまい、高尾駅の乗り換え時間が1分
しかない小淵沢行きになんとか乗り継ぎできて、待ち合わせ時間に
ぎりぎり間に合いほっとしました。




02
駅前は狭く、バスが停まると、バスも右側のバスから順番に出ないと
奥のバスは出られません。
8時28分発の富士急山梨バス、井戸行きに乗車。



03
20分ほどバスに乗り石楯尾神社前バス停で下車。
このバスは共通バスカードが使えません。



04
石楯尾神社前バス停前には生藤山、三国山方面と道標があります。
ここで、軽くストレッチをしてから出発です。



05
しばらく車道を歩いていくと、左に生藤山への道があります。
ここから山道に入ります。


06
隊員達が続きます。



07
緑に陽があたりきれいです。



08
こんな注意書き書かれても困りますねぇ。
ここがハイキング道なんですけど。



09
尾根に出ました。
帰りの道はここを右(鎌沢方面)に行きます。
生藤山は左です。



10
10時12分 三国山の山頂に到着。
標高960m



11
三国山の山頂



12
三国山山頂からの富士の展望に、隊員達も登ってきた疲れも忘れます。



13
10時20分、三国山山頂から10分ほどで今日の目的地、生藤山の
山頂に着きました。まずは定番の記念撮影。
生藤山の山頂はとても狭く、木々に覆われています。




14
富士をバックにもう一枚。



15
生藤山の山頂から富士山がきれいに見えています。



16
生藤山の山頂が狭いので、もう一度三国山の山頂まで戻り、ここで昼食です。



17
隊長のメニューはワンパターンです。(笑)
カップ麺は二つありますが、ひとつは隊員のものです。




18
富士を見ながらの昼食は最高の気分です。





19
何回見ても美しい富士山です。





20
三国山山頂から近くの山の展望。






21
12時00分、下山を開始します。





22
朝、来る途中に通った甘草水という湧き水があるところに寄ってみます。
由緒ある湧き水のようで、説明版があります。



23
山道から5分ほど奥に入ったところに湧き水の場所がありましたが、
柵で囲みまれて保護されているところには水が枯れていて、わずかに
管から水が少し流れていただけでした。




24
ゆるやかな尾根を下りていきます。




25
ここ生藤山は桜がきれいなところで、その季節にはファミリーで訪れる
人が多いとか。




26
途中、紫陽花が咲いていました。





27
反対側の登山口まで下りてきました。





28
里山にはきれいな花がたくさん咲いています。





29
県立の鎌沢休憩所まで下りてきて、バスの時間までかなりあるので、
ここでしばらく休憩して時間をつぶすことにしました。





30
緑がいっぱいの景色は美しいです。
向こうに見える山は陣馬山です。






31
このあたり、この花がたくさん咲いています。
なんと言う名前なんでしょうか。






32






33
鎌沢バス停。14時33分発のバスに乗って帰ります。






34
鎌沢バス停から20分名ほどバスに乗って、終点の藤野駅に着きました。
藤野駅前にも、さっき見たのと同じ花が空に向かって咲いています。






35
途中乗り換えの立川駅のホームの向かい側にこんな電車が停まっていました。


今日は、予想外の快晴となり、この季節では珍しく富士山もきれいに
見ることが出来て、地味な山ながら気持ちの良いハイキングとなりました。

終わり。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 椰子の木 | トップ | 駅前広場に電車が »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うわ~。 (さるや)
2007-06-17 22:40:11
青空が綺麗ですね~。
生藤山か~。中々、アクセスの関係で、気後れしているお山です。
もしも、バスに乗り遅れたら・・・などと考えると・・・。
ここのところ、不釣合いな山に登っているので、どこかにまったりしに行きたいところですが、桜のシーズンが良いとなると・・・来年かな?
暑くはなかったですか?
眩しい緑 (モモ山)
2007-06-18 21:27:17
お天気に恵まれてよかったですね~!
梅雨とは思えない晴天でしたよね。
富士山もきれいで"超"羨ましいです^^
外は気持ちよい青空なのに、建物の中で仕事をしているのが勿体なく思いました。できるものなら、原っぱでごろ寝でもしたい!(笑)
仕事中も窓から見える空を見上げては気分転換をしていたモモ山ですが、
リチャードさんの写真で生藤山に行ったつもりでリフレッシュできましたよ!
ありがとうございます~!^^
Unknown (小太り親方)
2007-06-18 21:51:59
私もさるやさん同様、往路、復路のバスの本数から足を延ばすのを躊躇っている生籐山です。
隊長さんもギリギリ間に合ってよかったですよね。

土曜は快晴の割りに山の上は過ごしやすく、我々もカップ麺を持参すれば良かったと久々に後悔でした。

生籐山は桜の時期にファミリーで、ですね。<メモメモ
さるやさんへ (りちゃーど)
2007-06-18 23:14:43
そうなんです。私も青い空が大好きで、その空と山の緑がなんとも言えず美しく感じます。やはり天気が良いと景色もよりよく気分がいいです。

やはりこの季節は汗をかきますが、それほど暑さは感じませんでした。

バスは本数がなく不便ですが、時刻を調べてそれに合わせて行けばすんなり行けます。ケースバイケースで車か電車バスかを選択します。
モモ山さんへ (りちゃーど)
2007-06-18 23:22:37
いつもコメントありがとうございます。
本当に天気に恵まれてラッキーでした。
初参加の新入隊員にも天気と景色の花が添えられて良かったと思います。

私のブログの写真でリフレッシュして頂いて光栄です。
モモ山さんは、良い天気の中でお仕事だったようで、我々だけ楽しんで申し訳なく思います。

モモ山さんも今度は良い天気の日に自然のあるところに出かけられると良いですね。
親方へ (りちゃーど)
2007-06-18 23:33:24
親方、どうも。
親方も久しぶりに部屋の女将さんと仲良く登山だったようですね。 たまにはいいでしょう。
我が隊は、相変わらず低山を中心に、きつそうなコースは極力避けて、楽チンコースが多いです。(笑)
今回は新入隊員もいたので、ちょうど良いコースだったかなあと特に思います。

親方の登る山は我が隊よりは標高が高そうですから、夏でも
涼しいでしょうね。すずしいとカップ麺も、確かに良いですよね。
我が隊が下山を始める時に到着した数人のグループはワインやビールやらで、網やら大きな鍋とガスを並べて宴会風のランチを楽しんでました。

いつも隊員と、たまには別なランチもありかなあと言うばかり。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL