Richard's Blog

リチャードの雑記帳

石割山2

2013-12-23 11:08:42 | ハイキング

ハイキング記事一覧

 リチャード隊定例登山、今年最後の山は、もう一度登ろうシリーズで、2006年以来2度目となる石割山へ登りました。 毎年、最後の山の後は、宿泊しての忘年会と納会です。 当初7名の参加予定でしたが、体調を崩した二人は参加を見合わせ、5人で市太郎さんの車1台で、新座駅前を出発。 関越・圏央・中央道と走り、山中湖ICへ。高速道から富士山が出迎えてくれました。

登山日: 2013年12月21日(土)
目的地: 石割山
標 高:   1413m
場 所:  山梨県山中湖村

参加者: 5名 (洋吉さん、大吉さん、健吉さん、市太郎さん、私)

コース: 新座6:40→所沢IC→(中央道)→山中湖8:38→8:55石割神社駐車場・登山口09:14→10:07石割神社10:17→10:42石割山(昼食)12:31→12:47石割神社→13:39石割神社駐車場→14:09石割の湯(入浴)15:14→15:39花の都公園(ダイヤモンド富士撮影)15:53→16:31山中湖のペンション(宿泊・納会)

2日目:ペンション6:05→6:25パノラマ台(日の出の富士撮影)7:10→7:30ペンション(朝食)9:10→9:19山中湖畔9:30→9:45忍野八海10:30→10:55河口湖IC→(中央道)→12:37所沢IC→12:45新座

 

 

 

 

 

渋滞もなく順調に走りましたが、山中湖に近づくにつれ、先日降った雪が結構残っていました。

市太郎さんの車はスタッドレスなので難なく走り8時58分に石割神社駐車場に到着。 

 

 

 

 

 

 

駐車場のすぐ前から小さな橋を渡ると登山道の入り口です。

 

 

 

 

 

  

鳥居をくぐると、いきなりの階段。それも雪が積もっているので、よけいに時間がかかります。

うんざりとする階段は、なんと403段も。 修行です。

 

 

 

 

 

 

 403段を登りきると、避難小屋があり、振り返ると富士山も垣間見れました。

予想以上の雪が積もっています。

 

 

 

 

 

 

時々、富士山をみながら、雪の山道を登ります。

想定外の雪歩きも、また楽しいです。

 

 

 

 

 

10時7分、石割神社に到着。 前回(2006.12.2)来た時は雪がなかったので、観る景色が異なりました。巨岩をご神体とした石割神社。見事に立つ大きな岩に亀裂が入り、さらに後ろの岩との間には、人がぎりぎり通れる隙間があります。この形状から石割神社の名前が付いたと思われます。  

 

 

 

 

 

 

まずは安全登山を祈願して、記念撮影をして山頂に向かいました。

 

 

 

 

 

雪化粧の木々は、絵になります。

 

 

 

 

 

 雪化粧の木々と富士山。 なかなか味がある写真です。自画自賛。

 

 

 

 

 

10時42分、石割山山頂に到着。 標高1413m 

期待を裏切らず、朝からずっときれいなままで、待っていてくれました。

 

 

 

 

 

 富士山の右手方向には、冠雪した南アルプスまできれいに見えています。

 

 

 

 

 

 

山頂での記念撮影。 山ガール?の方に撮っていただきました。

 

 

 

 

 

 

降りたての雪が残る山頂から見る、富士山。

雲にも邪魔されず、綺麗に映える富士山に感動。 今年一番の景色です。 

 

 

 

 動画も撮影しました。


 

 

 

 

 

 

このあと、予定コースで次のピークである平尾山に下りていきますが、ここでアイゼンを装着。

 

 

 

 

 

 

富士山を正面に見ながら平尾山に向けて出発。

少し下り始めてた時、先に下りたパーティーが戻ってきて言いました。

この先は雪が多く道も分かりづらくなっていると。

ここで、安全を優先して、わが隊も引き返すことにしました。

 

 

 

 

 

 

10分ほどで、再び石割山の山頂まで戻ってきました。

そして昼食タイムです。

 

 

 

 

 

 

雪の上で昼食の準備。

富士山の左方向から雲が出てきました。

 

 

 

 

 

 

昼食休憩の後、12時31分、同じ道を駐車場まで下り始めました。

12時47分、石割神社通過。

 

 

 

 

 

 

13時34分、駐車場前まで下りてきました。

 石割山レポその2につづく

ハイキング記事一覧

登山記録名前順(HP) 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベランダからの夕暮れ富士 | トップ | 石割山2 その2 石割の湯... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
快晴と雪と富士山 (市太郎)
2013-12-24 08:47:59
早速のアップありがとうございます。
2013年締め括りは全て条件が揃った素晴らしい山行でした。やはり冬の山歩きは大好物です( ̄▽ ̄) そしてそれを共にするRKHの皆さまが居るからこそ楽しめるわけです。
皆さま、来年もたくさんのハイクをよろしくお願い申し上げます。
快晴と雪と富士山 (リチャード)
2013-12-24 23:19:12
市太郎さん、いつも貴重な一人だけコメント感謝です。
本当に、今回の締めの登山は、すべてに恵まれ、大満足の忘年ハイクでした。
何年分かの見事な富士山をいやというほど、堪能できました。
私のにとっても、RKHは唯一、楽しみにしている会です。
来年も一緒にこの会を楽しみたいと思いますので、よろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL