Richard's Blog

リチャードの雑記帳

瑞牆山2

2016-10-15 21:09:05 | ハイキング

 ハイキング記事一覧

R隊定例ハイクは、山梨県の瑞牆山(日本百名山)に2回目の登山。

登山日: 2016年10月15日(土)

目的地:瑞牆山2 (みずがきやま 山梨県 2230m)

コース: 新座5:50~(中央道)~8:00須玉IC~R23~ 8:50瑞牆山荘前P9:00→9:55富士見平→10:25 天鳥沢→11:42瑞牆山(昼食)13:00→14:50富士見平→15:24瑞牆山荘前P15:35→16:30須玉IC~(中央道)~19:25新座

参加者:  4 名(健吉さん、隆吉さん、市太郎さん、私)

 新座駅前に集合し5:50に市さんの車で出発。 中央道を走り、途中、釈迦堂PAで休憩した後、須玉インターを出て、8:50瑞牆山荘前に到着。 山荘付近の無料駐車場はすでに満杯なので、その近くの道路わきに何とか停めることが出来ました。

9時ちょうどに出発。

 

 

瑞牆山荘前が瑞牆山への登山道の入口。

 

 

 

前回登った金峰山へも通じています。

 

 

 

しばらく広い森のような感じの中を進みます。

 

 

途中から林道を渡って里宮さん参道入口と書かれた道に入ります。

 

 

 

9時55分、コースポイントの富士見平を通過。

 

 

 

富士見平のすぐ上が富士見平小屋です。 すでにここは標高1812m、富士山が見える山小屋と書かれています。

 

 

 

群馬の妙義山で見たような岩の山容が見えています。

 

 

 

10時25分、沢の流れているところを渡って進みます。 天鳥川と書かれています。

 

 

 

2012年に一度来ていますが、この大きな岩は印象的に覚えています。

いくつもの木の棒で岩を支えている図が面白いです。

 

 

 

少し色づいている中、階段を登り進みます。

 

 

 

見上げると木々の間から空もきれいに見えています。

 

 

 

そして、このあたりから瑞牆山周辺の奇岩、大ヤスリ岩が見え始めました。

 

 

 

迫力のある岩がそびえ立って、威圧感が漂います。

 

 

 

途中から岩登り的な登山道で道がわかりにくく、鎖やロープを使って登る険しい登りが続きます。

 

 

 

途中、富士山も顔を出していました。

 

 

 

岩の塊が続く瑞牆山の山頂が近づいてきました。

 

 

 

最後の登りも岩登りで険しいです。

 

 

 

この階段を上りきると、ようやく山頂です。

 

 

 

11時42分、岩がごつごつした瑞牆山の山頂に着きました。

すでに人でいっぱい。 空は真っ青で天気は抜群。

 

 

 

 

 

 

すぐに記念撮影。 撮影した人たちが順番待ち。

 

 

 

山頂からの南側の景色では富士山も存在感。

 

 

 

こちらは、雲の下に前回登った金峰山が見えています。

 

 

 

その左側手前

 

 

 

 

 

絶壁の岩の向こうは金峰山と反対側の北側の景色。八ヶ岳連邦が見えます。

 

 

下を見ると、登ってくるときに見えた、岩の塔のような感じの大ヤスリ岩が。

 

 

 

山頂からの素晴らしい景色を堪能し、昼食休憩ののち、13時00分、下山開始。

同じ道を下ります。 登りよりも下りの方が下りにくく、危ない感じです。

 

 

 

途中、立ち枯れ的な白い樹皮の木々が、いい感じ。

 

 

 

こういう感じなので、登りもそうでしたが、すれ違いで待つ時間も、時々です。

 

 

 

大きな岩が細い木で支えられ(笑)

 

 

 

登る時も見た、ばかでかい岩の横を下りて行きます。

 

 

 

14時38分、富士見平山荘通過

 

 

富士見平分岐地点の道しるべ

 

 

 

里宮参道入口の林道を渡る

 

 

 

15時24分、車を停めた瑞牆山荘前まで下りてきました。

 

 

 

15時35分、帰路につきました。

今回この山は2回目ですが、前回は天気が悪かったが、今回は素晴らしい天気に恵まれ、山頂での眺望も楽しめ満足でした。 山道は険しい岩登りの連続で全身を使ったため、翌日筋肉痛も残りましたが、刺激があって楽しかったです。 参加隊員の皆さんお疲れでした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイ飯会 | トップ | 常磐会定例ゴルフ 2016-10 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL