Richard's Blog

リチャードの雑記帳

武甲山-1

2009-04-25 21:36:59 | ハイキング

今年第5回目の健康ハイクは埼玉県秩父市にある武甲山に登りました。

登山日:  2009年4月18日(土)
目的地: 武甲山(ぶこうさん)
場 所: 埼玉県秩父市 1304m

地図はこちら

コース:
西武秩父駅前 08:55 → (タクシー) → 09:15 生川の鳥居 → 10:30 32丁目大杉→ 11:20 山頂下十字路 → 11:25 甲山第1・2展望台 → 山頂下十字路 (昼食) 12:50 → 長者屋敷ノ頭 → 13:50 橋立川 → 14:35 橋立堂→ 14:40 浦山口駅

参加者:8名(ケーシーさん、大吉さん、健吉さん、隆吉さん、小太郎さん、市太郎さん、洋二さん、私)




02

8時30分に西武秩父駅前で待ち合わせしましたが、隊員の一人が遅れて到着。
8時55分頃2台のタクシーに分乗して生川の鳥居まで向かいました。
コースガイドでは横瀬駅から2時間ほどの車道歩きですが、時間がもったいないので、タクシーで行きました。

タクシーでは20分ほどで生川の鳥居に着きました。
ここは標高518m。ここには表参道の一丁目の標石があり、ここから山頂の御岳神社の五十二丁目まで丁目石があるらしい。








03

鳥居のそばには、ユニークな様相の狛犬?が。

犬ではなさそうです。







04

支度を整え、9時22分に登山を開始。








05

10分ほどで登山届けの箱が設置された八丁目を通過。










06

そこには、いろいろな張り紙がありました。
そのひとつは、山岳救助隊ニュース。
ちょっと古いニュースですが、遭難が多かった事を伝えようとしています。








07

二つ目の張り紙は、これもすでに終わっているヘリによる救助訓練のお知らせ。








08

そしてもうひとつが、おなじみの熊出没注意です。








09

9時45分頃、道が分かれる分岐点で地図を見ながら確認する隊員たち。
ここは十五丁目あたり。ここから右の山道に入ります。








10

山道に入り数分で、不動滝のある水場に。
冷たい水で顔を洗う隆吉隊員。









11

途中小さなつり橋も慎重に渡ります。









12

10時30分。32丁目の大杉の広場に到着。
広場の中央に樹齢200~300年ほどと思われる立派な杉の大木が立っています。
ここで標高1000m。








13

大杉の広場に立つ道標。
ここから山頂まで60分と書かれています。
このように書かれていると、良い目安になります。







14

この日は霧がかかっていましたが、上を見上げると、ちょっと幻想的な雰囲気です。








15

大杉の広場。

右は大杉に寄り添う隆吉隊員。








16

丁目石は信心深い人たちが奉納したとか。
このあたりから、石がゴロゴロした道が続きます。








17

11時20分頃、山頂下十字路を通過して明るく開けた奥には御岳神社がありました。ここが山頂?。
先に登った小太郎隊員の姿が見えないので、不思議に思いましたが、山頂の展望台はまだ先でした。

御岳神社に入り、右側の奥に進むと、山頂の一角で半鐘の奥に第2展望台がありました。






18

第二展望台からすぐ下まで採石の作業車がはいる車道がありました。




(続く)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Sacas-4 | トップ | 武甲山-2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL