Richard's Blog

リチャードの雑記帳

2017-07 最明寺史跡公園5

2017-04-15 19:49:54 | ハイキング

 ハイキング記事一覧

2017-07 RKH 最明寺史跡公園5

登山日: 2017年4月15日(土)

目的地:最明寺史跡公園5(神奈川県 568m)

コース:新松田駅8:25→(バス)→8:49田代向バス停→9:00自然休養村やまびこ館→9:53鉄塔→10:37東屋→11:06最明寺史跡公園(お花見昼食)13:13→14:47新松田駅

参加者:  8名(マッシーさん、洋吉さん、KCさん、マロンさん、健吉さん、市太郎さん、希吉さん、私)

R隊定例ハイク、2017-4月の1回目は、神奈川県松田町にある隠れた桜の名所、最明寺史跡公園に5年ぶり5回目のお花見ハイク。前回は2012年4月7日。

小田急線新松田駅前から8時25分発の寄行きのバスに乗り、田代向バス停で降車。

 

 

田代向バス停から歩き始め、すぐに虫沢川を渡ります。

 

 

 

川を渡り左方向に進むと、右に白っぽいオオシマザクラ、左には紅枝垂桜が咲いていて、天気も良く気持ちの良いハイクのスタートです。

 

 

 

やがて右に折れると最明寺史跡公園への山道に入ります。

 

 

 

高度を上げていくと見晴らしの良い、くるみ平・カキノキ平、二つの名前のあるところに。

 

 

 

怖そうな名前のところも通過。

 

 

 

9:55、コースポイントの鉄塔前を通過。

 

 

 

3月に登った高松山方面との分岐

 

 

 

さらに、こんな名前の展望台もあり、見晴らしがよいところ。正面奥には、塔ノ岳など、右奥には大山が見えています。

 

 

 

10:37 コースポイントの東屋に。 登ったことのある大野山も望めます。

 

 

 

東屋から10分ほどでいろいろな花が咲く高台に到着。大きな木は、白っぽい花びらのオオシマザクラ。見事に咲き誇っています。

 

 

黄色いレンギョウや雪柳、木蓮など、いろいろな花が一面に咲いています。遠くの山々は箱根連山

 

 

高台からレンギョウの咲く中を通り、高度を下げて行きます。

 

 

 

そして、池が見えてきました。池の付近が最明寺史跡公園。手前の紫の花は木蓮。

 

 

 

11:07 最明寺史跡公園に到着。この日が見ごろのベストのように、満開の桜群が我らを迎えてくれました。

 

 

先ほど、上から見えた池があり、周りもきれいな木々と花たちが咲き満ちています。

 

 

さっそく桜の下で、お花見プチ宴会と昼食タイムです。各自、持参したワインやビールなどでプチ宴会。天気と見事にベストな見ごろとなった桜の下で楽しいお花見。

 

 

それほど人混みがなく、桜だけでなく、いろいろな色の花が楽しめる隠れナイススポットです。

 

 

大きな紅枝垂桜も圧巻

 

 

こんな色もあります。レンギョウ。 

 

 

 

 

 

13:13、楽しいお花見プチ宴会を終えて下山開始

 

 

 

途中、桜と菜の花のコラボがきれいでした

 

 

 

 酒匂川、そして遠くには相模湾を望みながら下りて行きます

 

 

 

まだまだ桜が満開 時折花吹雪も そして東名道をくぐり、新松田駅まで歩き、帰りました。

この日のお花見ハイクは、当初、4月1日でしたが天候不良と開花の遅れで2週順延しましたが、運よくちょうど満開の時期となり、5年ぶりの最明寺でのお花見ハイクが出来ました。いろいろな色の花に出会えるこの場所は、やはり隠れた良いスポットでした。

 ハイキング記事一覧

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 東京の桜めぐり イン... | トップ | 2017春 中庭の花壇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL