Richard's Blog

リチャードの雑記帳

石老山-1

2007-12-03 23:57:47 | ハイキング
目的地: 石老山 せきろうさん (神奈川県相模湖町)  694 m

ルート: 中央本線 相模湖駅前 (バス) → 石老山入口バス停 → 石老山
       → 相模湖ピクニックランド前バス停 (バス)→ 相模湖駅
      
集 合: 7時55分着の電車にて 相模湖駅前
       8時04分発の三ヶ木行きバスに乗車


この日の参加者は私を入れて4名。

予定通りの時刻に相模湖駅前に全員集合し、バスに乗り込みました。






02

相模湖駅前広場に花時計がありました。







03

15分ほどで石老山入口バス停に着きました。

石老山登山道入口と大きく書いてあるので迷わず進めます。







04

綺麗な色の落ち葉がいっぱいの道を進みます。







05

登山道入口から民家を通って行くと、赤く色づいた葉が綺麗な木が立っていました。





06

少し登っていくと、参道入口に来ました。

右の階段を登る道が男坂、まっすぐ進むと大きな巻き道が続く女坂です。





07

歴史を感じさせる古道のような石の階段を登っていきます。







08

この山は名前にも関係しているのか、大きな岩がたくさんあり、それぞれ仁王岩、文殊岩、大天狗岩など名前が付けられています。






09

やがて、顕鏡寺が見えてきました。








10

古い石の山から寺の号を「石老山」といい、この寺号が山名の由来となったそうです。






11






12

樹齢約400年、樹高30m、胸高周囲5.5m。鐘楼の下の老大杉。

根が地表にはうさまが、雌雄2匹の龍が横たわって鐘楼に登ろうとしているように見えるので、蛇木スギと言う名前がついている。







13







14

大きな岩を一本の木が支えているようです。

岩に密着するように立っています。





15

途中、見晴らしの良いところに出ました。






16

しばし佇む隊員。







17

融合見晴台というところで、団体の方々が休息をとっていました。

見晴台からは相模湖が一望できます。





18

9時55分、石老山の山頂に着きました。

山頂は狭く、あまり展望もないので、記念撮影だけしてこの先の展望台に向かいます。






19

お決まりの記念撮影。

先ほどの融合見晴台にいた団体の方に撮ってもらいました。


(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅葉の旅-4 | トップ | 石老山-2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
石老山ですか?! (ジョージ)
2007-12-08 18:33:02
大変懐かしく。私が登ったのは約20数年前、初めて登山を経験した山です。イチ隊員が佇む岩でコンロでコーヒーを、なんて記憶があります。
紅葉が綺麗ですね、鬱蒼とした古木に囲まれた顕鏡寺、武田に縁があるのでしょうか?
ジョージさんへ (りちゃーど)
2007-12-08 20:14:47
コメントありがとうございます。

ジョージさんも登られたことがありましたか。
ジョージさんは昔は良く山に登られたみたいですね。

顕鏡寺は平安時代の仁寿元年(851年)に源海法師によって創建されたという真言宗の古刹だそうで、武田家には縁があるのかどうか。

でも趣があって、荘厳な雰囲気で歴史を感じさせます。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL