Richard's Blog

リチャードの雑記帳

ひたち海浜公園といちご狩り

2017-05-03 23:33:59 | 国内旅行

国内旅行一覧

日帰りバスツアーに参加し、ひたち海浜公園へ

旅行日: 2017年5月3日

ツアー名: 『一面に広がる!国営ひたち海浜公園「ネモフィラ」とイチゴ狩り食べ放題&天使のパンケーキ』

出発地--国営ひたち海浜公園(ネモフィラを観賞)--那珂湊(買い物)--いちごの里(いちご狩り食べ放題・天使のパンケーキご賞味)--出発地

渋滞がある連休にバスツアーに参加し、どのくらい渋滞するか不安ながら覚悟して出かけました。普通なら首都高や外環経由で常磐道に入るのだが、すでにツアーバスのドライバー2人が無線や電話でバス会社などと連絡を取り、少しでも渋滞を避けるため、しばらくは一般道を走り、埼玉県の桶川から圏央道に入り茨城へ向かいました。読み通り圏央道はスムーズでさらに常磐道合流地点の手前で再び一般道に降り、途中から常磐道に入るなど、刻々と情報収集しながらの走行でした。それでもある程度の渋滞の中、約2時間遅れで12:10頃ひたち海浜公園に到着。人気のあるスポットなので、人でいっぱい。

 

 

団体ゲートから中に入り、最初に目に入ったのが池と水のステージ。その先を回り込みながら、ネモフィラ群が咲くエリアに向かいました。

 

 

 

そして、テレビや写真で見たことのある青い絨毯が一面に広がっているエリアに。

 

 

 

ネモフィラの花群

 

 

 

圧巻のネモフィラの大群

 

 

 

奥は海です。

 

 

 

菜の花も咲いていて、黄色と青のコントラストがきれいです。

 

 

 

左の大きな木もアクセントになって、いい景色です。

 

 

 

ネモフィラを堪能した後はゲート近くにあるチューリップ群のエリアに

こちらも、ネモフィラに負けず、たくさん植えられていて、きれいです。

 

 

 

カラフルで写真映えします。

 

 

 

オランダの雰囲気を作り出しています。

 

 

 

木の周りに咲くチューリップもいい構図です。

約80分の自由散策を終え、ツアーバスで那珂湊へ移動

 

 

 

14:40頃、那珂湊のおさかな市場に移動してきて、こちらで30分の買い物フリータイム

こちらも多くの観光客でにぎわっていました。

 

 

 

店頭で生ガキを販売中で行列を作っていました。

このあと、栃木県のいちご狩りに向かいました。

 

 

 

17:20頃、栃木県にある、いちごの里に到着。しばらく歩いて、いちご狩りに向かいます。

 

 

係りの人に誘導されて、一つのハウスに入りました。30分の食べ放題。

 

 

 

この中にあるイチゴは、スカイベリーという品種で、大きくて高級な品種だそうです。そのまま食べても、すごく甘いので、コンデンスミルクなどは、用意されていません。大粒ばかり食べたので、結構お腹がいっぱいに。

 

 

イチゴ狩りのあとは、近くのエリアに移動して、天使のパンケーキを頂きました。柔らかいホイップクリームが山のようにのっていました。

本来なら、もう一か所、寄るスケジュールでしたが、渋滞の影響で行けなくなり、18:40、ここから東京に向かいました。 帰りは東北道でしたが、渋滞もなくスムーズに走り、帰りはホットしました。朝の遅れがあったので、帰りも到着時間は、予定より約2時間程度遅くなりました。おわり。

 国内旅行一覧

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウトレットへ | トップ | 銀座柳まつり »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-19 20:26:38
海浜公園きれいですね〜(´∀`)渋滞の甲斐があったということですね。
天使のパンケーキ…∑(゚Д゚) というか、そのクリームは悪魔のパンケーキ?!(^_^*)
権兵衛 (市太郎)
2017-05-19 20:27:59
すみません、名無しで投稿してしまいました(^_^;)
名無し (リチャード)
2017-05-20 23:15:05
権兵衛さん、コメント感謝です。
毎年行きたいと思っていましたが、ようやく、ここに行けました。やはり一面のネモフィラはきれいでした。そして、チューリップもそれ以上にきれいな光景でした。
悪魔のパンケーキは、ジムで運動して消費したと思います。(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL