Richard's Blog

リチャードの雑記帳

丸山-(1)

2008-03-01 23:50:01 | ハイキング
目的地:丸山(まるやま)(埼玉県秩父市) 960 m

コース:西武池袋・秩父線 芦ヶ久保駅08:50→10:40丸山林道→10:50高橋分岐 →11:09丸山山頂12:29→12:45高橋分岐→12:55県民の森→大棚山→15:15金昌寺15:40→15:46金昌寺バス停15:50(バス)→16:17西武秩父駅16:25

参加者:5名(ダイキチさん、コタロウさん、ケンキチさん、タカキチさん、私)




朝8時40分西武線芦ヶ久保駅で待ち合わせましたが、約1名が来ていません。

そのうちメールと電話が入り、ひと電車遅れるとの事で、時間に厳しい隊長は、先に出発する旨を申し渡し、先に出発することとした。

駅前正面の階段を降り、国道に出て、どこから行くのか迷いましたが、左手の方に芦ヶ久保果樹公園村入口と県民の森入口と書いてあったので、そちらに歩いていきました。




02

さきほど見た芦ヶ久保果樹公園村入口と県民の森入口と書かれた方向に右折して行きます。その角には白髭神社がありました。










03

車道をひたすら上がっていきます。コースガイドによると次に曲がる道の目印は農園の番号で29番でしたが、話に夢中になっていて気が付くと31番になっていたので、行き過ぎたと気が付きました。

そして来た道を戻り始めましたが、どうやらここらしいと言う分岐点には、やはり29番の看板はありませんでした。気が付かないわけです。











04

ここが右方向に進む分岐点ですが、この標識以外に29番の看板は見あたりません。以前はあったのかも知れませんが。

わかりにくい分岐なので、遅れてくる1名の隊員に携帯で連絡をとり注意するよう伝えました。












05

先ほどの分岐点を右に入り、しばらく登っていくと武甲山が見えました。

左の写真は火の見櫓でしょうか、または非常時に鐘をならした処でしょうか、今は使われていないようです。

右の写真にある道標の上にはかわいい鳥のオブジェが乗っていてかわいい感じです。









06

途中から山道に入り、しばらくは雪が無かったのですが、やがて雪道になりました。

しばらくは端を通りながら登りましたが、滑りやすくなってきたので、アイゼンを装着します。









07

前回、ただ一人アイゼンを所持していなかった隊員も、隊長からの勧告で、今回からアイゼンを持参したので、登るスピードも見違えるほどせ早くなりました。










08

途中、一旦車道に出ますが、それを横断してさらに進みます。

右の写真は、ところどころまだ雪がたくさんあり靴も沈みます。











09

10時50分、コースポイントの高篠分岐に来ました。

ここから右方向に行くと丸山です。
帰りは再びここに一旦戻って、この道を左手、県民の森方向に行く予定。











10

高篠分岐から一旦下ったあと、急な登りに入り、やがて要塞のような建物が見えてきました。

どうやらそこが丸山山頂でその建物は展望台のようです。










11

11時10分に丸山山頂に到着。

展望台に登りました。

先に到着した人たちがいましたが、風もつめたく、すぐに降りていきました。

ここからは、やはり見晴らしが良いです。

正面は西側で、先ほどから見えていた武甲山が正面やや右方向に見えます。
残念ながら見晴らしはいまいちでした。







12








13

展望台を降りた処に丸山の標識があるところで、記念撮影をしました。












14

とこで食事をしようかと迷いましたが、展望台の上てば他のひとに迷惑になるし、下のベンチでは、風か゛冷たいので、結局少しでも風を遮る展望台の建物の中で食べる事にしました。

奥まったところに座り込みましたが、それでも風が入り込んでふるえながらの昼食でした。

つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この日のランチ | トップ | 丸山-(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL