Richard's Blog

リチャードの雑記帳

三陸リアス海岸の旅

2014-05-01 15:05:52 | 国内旅行

国内旅行一覧

あまちゃんを観てから三鉄に乗ってみたく4月に全線開通となったので、三陸を巡るツアーに参加。

旅行日: 2014.4.29~4.30

1日目:東京駅7:32→(東北新幹線)→9:38仙台駅→松島(昼食・自由行動・遊覧船)→西行戻しの松公園→石巻・絆の駅→南三陸温泉宿泊

2日目:南三陸温泉→(三陸海岸)→陸前高田・奇跡の一本松→碁石海岸・穴通磯→大船渡(昼食)→盛駅→(三陸鉄道南リアス線)→釜石駅→浄土ヶ浜→盛岡駅19:50→(東北新幹線)→22:04東京駅

 

 

 

 

9時38分に仙台駅で降り、迎えのツアーバスに乗り、まずは松島に向かいました。

 

 

 

松島に着くと、松かま総本店の2階でまずランチ。

 

 

 

ランチ後、遊覧船に乗るまで自由行動なので、まだ渡ったことのない福浦島に行ってみました。

 

 

 

手前側が福浦島。 この島には茶屋があるくらいで、あとは松島湾の景色を眺めるくらい。

 

 

 

 

 

福浦島から戻ってまだ少し時間があったので、瑞巌寺の入口付近まで行ってみました。

手前右角にあったお店は津波の被害でしばらく休業していましたが、本格的に復旧工事が始まっていました。

 

 

 

 

再集合して遊覧船に乗車。 車内で海産物を販売するお母さんは津波で家を失ったそうです。

応援で私を含め、船内販売の海産物をお土産に買いました。

 

 

 

 

後方のデッキで外を眺めます。 同行した写真部の部長はプロ仕様のカメラで写真撮影。

以前乗船した時はカモメに餌を与え、たくさんのカモメがやってきましたが、今は陸地でも船でも餌やり禁止だそうです。

 

 

 

 

松島の観光を終えて次に来たのが西行戻しの松公園

西行法師が諸国行脚の折り、松の大木の下で出会った童子と禅問答をして敗れ、松島行きをあきらめたという由来の地。

ちょっと高いところにあり、松島湾を一望できます。

 

 

 

 

松島から海岸線を北上して次にやってきたのが石巻のまちなか復旧マルシェ

ここに入ると、震災当日から刻々と状況を伝えた手書きの新聞や震災の写真が展示されていて係りの人から当時の状況や新聞社の活動など説明してくれました。

 

 

 

このあたりは、ところどころ建物がなくなっていて

 

 

 

 

上にある屋根も壊れたまま

 

 

 

津波で倒壊した家やがれきが撤去され空き地になっているところがたくさん

復興復旧はまだまだです。

 

 

 

 

一日目の観光を終えて16時15分頃、南三陸町の海辺に立つ、この日の宿泊ホテルに入りました。

 

 

 

 

ホテルのロビーでは震災直後の南三陸町の状況が繰り返しビデオ放映されています。

 

 

 

 

 

温泉に入ったあと夕食です。 グラスワインがないので、ボトルでもらいました。

 

 

 

地元の海の幸づくしの夕ご飯です。

2日目につづく

国内旅行一覧

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東海道五十三次街道歩き | トップ | 三陸リアス海岸の旅-2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL