Richard's Blog

リチャードの雑記帳

弘法山・権現山3 お花見ハイク

2016-04-02 19:53:56 | ハイキング

ハイキング記事一覧

R隊定例ハイクは、お花見ハイクとして弘法山・権現山に3回目の登山。

過去の登山日は、2006. 06. 03と2014. 04. 05の2回。

登山日:  2016年4月2 日(土)
目的地: 弘法山・権現山3 244m
場 所: 神奈川県秦野市

コース:
 鶴巻温泉駅08:40 ~09:10吾妻山 ~09:43善波峠分岐 ~10:04弘法山~10:31権現山花見昼食)12:26~12:39浅間山~13:03弘法山公園入口~13:44秦野駅


参加者:7名 (洋吉さん、KCさん、大吉さん、マロンさん、隆吉さん、市太郎さん、私)

8時30分に小田急線鶴巻温泉駅前に集合し、駅前から出発。今回から新入隊員、マロンさんが参加。

 

 

 

 

駅前から温泉街を歩き、東名高速道のガードをくぐります。

 

 

 

 

途中、茅葺屋根の古民家がありました。

 

 

 

 

道しるべに沿って右へ進みます。

 

 

 

 

登山道に入るところに民家があり、鶏がたくさんいて、元気に鳴いていました。

 

 

 

 

9時11分、あずまや、がある開けた場所は、一つ目のピーク、吾妻山。

 

 

 

 

9時43分、善波峠の分岐。 右方向は大山・蓑毛への道。

 

 

 

 

9時53分、見覚えのある乗馬クラブの黄色い看板が見えました。ここを左に進みます。

 

 

 

 

乗馬クラブの看板が見えるところからは、北側の景色が望めます。

 

 

 

 

10時4分、弘法山到着。 弘法大師が修行したと言われる場所。この建物は釈迦堂。

 

 

 

 

弘法山山頂標識のところで、記念撮影。

 

 

 

 

弘法山を後にして先に進むと、フクロウの上に子供が乗っている不思議な像がありました。 「森に生きる」と刻まれています。 

 

 

 

 

さらに進むと、飲物やまんじゅう、その他食べ物を売るテントのお店がいくつか並んでいます。

 

 

 

 

そして、階段が。 これを上りきると権現山の広場に出ます。

 

 

 

 

10時31分、権現山に到着。 奥の建物は展望台。

 

 

 

 

すでに花見客が到着していて、食事や宴会が始まっています。

 

 

 

 

この日は、あいにくの曇り空で気温も低く寒い中、なんとか、テーブル一つを確保し、我らも花見プチ宴会開始。

 

 

 

 

各自持ち寄った少量のお酒類とつまみをテーブルに用意。

まずはアルコール類の記念撮影(笑)

 

 

 

 

展望台から見る景色。 この日は東京などは満開なのに、意外にも、ここ神奈川県は、まだ満開でなく、つぼみも残っている桜。

 

 

 

 

展望台前の山頂標識の前で記念撮影。

若い女性が二人一緒にカメラに収まりました。

 

 

 

 

12時26分、下山開始。 帰りは秦野駅に向かい降りて行きます。

 

 

 

 

途中にあるトイレは、周りの景色に合わせて作られていた。

 

 

 

 

駐車場の横を下りて行きます。

 

 

 

 

この日、4つ目のピーク、浅間山と書かれた山頂標識を通過。

低山ながら、吾妻山~弘法山~権現山~浅間山と縦走しました。

 

 

 

 

下りきったところは、反対方向からの入口、弘法山公園入口です。

ここから車道を渡って秦野駅へ向かいます。

 

 

 

 

途中、水無川の河原を通って行きます。

 

 

 

 

河原には花がたくさん植えられていてきれいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秦野駅近くのまほろば大橋とその上に建つ時計塔の風景。

 

 

 

 

13時44分、秦野駅に到着し、帰路につきました。

昨年の花見は雨で中止となったので、雨がなかっただけましでしたが、曇り空と寒い1日でちょっと残念でした。 でも桜を観ながらのプチ宴会は、楽しかったです。

参加された隊員の皆様、お疲れ様でした。 おわり。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川越の新河岸川で菜の花と桜... | トップ | 久しぶりに阿見でプレイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL