空の色

Ricaの気まま日記と詩の世界

『東南角部屋二階の女』:ブロガー限定試写会

2008-09-01 19:09:47 | ドラマ・映画(ネタバレ有もあり)

先日、ブロガー限定試写会に行ってきました。
会場は映画美学校の地下の小さな試写室みたいで、
3、40人くらい入れるところでした。
ブロガーさんのほとんどが女性で1/4くらいが関係者の方でした。
ちゃんと入口に試写会会場の看板も立っていました♪

しかもこの日、初日舞台挨拶のチケットを引き換えようと、
メールを印刷して持っていたため、招待状と間違って出してしまい、
関係者の方がメールに書いてある内容にしばし混乱…。
私は全く気が付かず、ことがわかった関係者の方に
「初日舞台挨拶にも来られるんですね、ありがとうございます」と、
言われ、間違ったことに気が付いた私は恥ずかしくて
ただ、「はぁ、すいません」としか言えず(- -;

余談ですが、駅で手持ちのお金が無い上、Suicaのチャージも無いことに
電車に乗ってしまってから気づいた私…。
新橋駅に着いてから駅員さんに相談して、駅から出してもらってATMでお金を下ろし、
戻ってきて運賃を精算してようやく地下鉄へ移動できました…。
JR新橋駅の駅員さんが本当に親切で、すごく助かりました!

↓に試写会で頂いた素材で今後の情報とレビューをまとめています!



『東南角部屋二階の女』
出演:西島秀俊 加瀬亮 竹花梓 塩見三省 高橋昌也 香川京子
池田千尋初監督作品
2008年/日本映画/104分/35mm/スタンダード/DTS-SR
(c)2008 Transformer, Inc.
公式サイト公式サイト


9月20日(土)より、心揺さぶるロードショー!
渋谷ユーロスペース、シネマックス千葉ほか全国順次公開!




信じることを、ゆっくり生きていく

待望の新人女性監督が、ベテラン俳優陣とともにつむぎだす"想いがつながる"物語
死んだ父親の借金を背負い、古アパートが建つ祖父の土地を売ろうとした僕。
理不尽な仕事から逃れようと突発的に会社を辞めてしまった後輩。
フリーの仕事もままならず、結婚でその不安を解消しようとする彼女。
目の前にある問題から逃げて生きてきたあの頃。
取り壊し寸前のアパートに僕らは偶然集まり、あの人たちに出会った。
そしてわかったんだ、彼らの生き方が。
それがわかったとき、ほんの少し何かが変わり世界が違って見えてきた……。


 ――真剣に生きることを避けている若者たちと、
日常を丹念に生きている年老いた人たち。
同じ場所と同じ時間を共有し、同じ想いを胸に抱くまでの、
その緩やかで、心揺さぶられる日々を描いた、
どこか懐かしくも新鮮な光を放つ物語が誕生しました。
主演は西島秀俊、加瀬亮、竹花梓そして香川京子。
カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン(映画を学ぶ学生作品のコンペ)部門にも出品した経験をもち、
『トウキョウソナタ』で話題の黒沢清監督も絶賛する27歳の驚異の新人女性監督・池田千尋が
日本を代表する俳優陣とスタッフの胸を借りて撮りあげた、
今年最高の話題作がこの秋、いよいよ公開!


◆作品レビュー◆
ほっとしたり、少し笑えたり、全体的に穏やかな作品でした。
昭和の香りのする建物や、演出上、映像にノイズを入れてあったりと、
残された昔の空気や古いものへの愛着みたいなものが表現されていました。

父親の残した借金を働くことなく祖父が所有する土地を売って完済しようと、突然会社を辞める野上さん(西島秀俊)。
社会の人間関係とかしがらみが嫌で後を追うように会社を辞める後輩の三崎君(加瀬亮)。
フリーのフードコーディネータが上手くいかず、結婚に逃げたい、30前の涼子さん(竹花梓)。
今の自分や今後の自分がなんとくなく見えてこない、
3人のそれぞれの心の変化が丁寧に描かれていました。

野上さんと三崎君は会社の同僚なので既に顔見知りなんですが、
涼子さんは結婚に逃げたいあまり、登録した結婚相談所、エンジェルで
野上さんとお見合いをして出会います。
その出会いがとても微笑ましいです(^^)

キーマンとして塩見三省さん演じる畳屋の主人がいます。
塩見さんのドシッと座った人生の先輩が未熟な3人向かって、
人はそれぞれの価値観で生きている、と話し出すシーンが心に残りました。
このところが物語の核になっているように思いました。

加瀬さんは会社の中の大人の事情や人間関係などのしがらみから
逃げようとする若手社員の役を絶妙に演じてらっしゃいます。
言葉尻や仕草とか、あれ?加瀬さんっていくつ?と思ったくらいです。
ただ、私の中ではもう少し若手の俳優さんでもよかったのかな?と思いました。

竹花さんは初めて見ましたが、声が高くて変わってて、
それでいてなんでもない普通のオーラを演じてらっしゃるのが
なんだかほっとけない女の子に見えました。
可愛らしい人だなぁ、と思いました(^^)

西島さんはと言うと、スーツ姿やスウェットでダラりんしてるも素敵でした。
庭で火をおこして童謡の「燃えろよ燃えろ」を歌うんですが、
なんか棒読みみたいで微笑ましいです。

西島さんが加瀬さんと取っ組み合いのケンカをしたり、
バトミントンもするも、男性陣はヘタクソで男2対女1になったり。
3人のふっと笑えるシーンがたくさんありました(^-^)

見所は3人と祖父や畳屋の店主が関わっていく中で起こる
化学変化みたいなところなんでしょうね、サイトとか見てみると。
あとは個人的に3人のなんでもないやりとりとか、
人生の先輩のたたずまいとかも見所だと思いました。
最後にほわっと心の中が温かくなります(^^)

-------------------------------------------------


◆公開&舞台挨拶&イベント情報◆


9月20日(土)ユーロスペース、シネマックス千葉ほか全国順次公開!

舞台挨拶および公開記念トークイベント続々決定!


9月20日(土)ユーロスペースにて西島秀俊、加瀬亮、竹花梓、大谷英子、
塩見三省、香川京子、池田千尋監督による初日舞台挨拶決定!

詳細は公式サイトをご覧下さい。
公式サイト公式サイト


  • 9月27日(土)川崎市アートセンター
    池田千尋監督 × 大石三知子(脚本家) × 白鳥あかね(脚本家)

  • 9月28日(日)ユーロスペース
    香川京子 × 池田千尋監督

  • 10月4日(土)川崎市アートセンター
    香川京子 × 佐藤忠男(映画評論家)


    <劇場情報>
  • ユーロスペース 9月20日~
  • シネマックス千葉 9月20日~
  • 川崎市アートセンター 9月27日~
  • シネマテークたかさき 10月4日~
  • 名古屋シネマテーク 11月1日~
  • シネ・ギャラリー 11月1日~
  • 十日町シネマパラダイス 10月11日~
  • シネモンド 未定
  • 梅田ガーデンシネマ 11月
  • シネマート心斎橋 11月
  • 京都みなみ会館 11月
  • 神戸アートビレッジセンター 12月13日~
  • 山口情報芸術文化センター 10月3日~
  • KBCシネマ 10月中旬
  • シアターキノ 未定
  • 仙台フォーラム 未定
  • 『映画・DVD』 ジャンルのランキング
    コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
    この記事をはてなブックマークに追加
    « 『アフタースクール』:レビ... | トップ | 福田さん辞任で… »
    最近の画像もっと見る

    コメントを投稿

    ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

    ドラマ・映画(ネタバレ有もあり)」カテゴリの最新記事

    関連するみんなの記事

    トラックバック

    この記事のトラックバック  Ping-URL
    ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
    ブロガーレビューUP! (映画『東南角部屋二階の女』オフィシャルブログ)
    先日開催した試写会にて、一足早く本作をご覧頂いたブロガーの皆さんのレヴューをいくつかご紹介させていただきます!! 『空の色』 http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/d624e1033f19c85c4c4f85bebdb013d1/60 『ノルウェー暮らし・イン・ジャパン』 http://tb.bbl...