ガイドさんとわたし~

ヘミシンクをして、ガイドさんを感じることで
ガイドさんは私だったと知りました。
どんなときでも「楽しんで」ですね。

どうにかこう

2017-04-25 23:01:13 | あかるいみどり
今日は、雲が楽しい空模様でした。





朝から、ぞろ目がすごくて8888999977734444とか
緑色の天使の車と・・・チョコレート色のでかい天使の車。


ええーー!?もう、仲良くなんかなれないのに?なにこのサインは?
と・・・おばちゃん私のこと無視するやろうな~と、ひやひやして
職場に到着・・・私の勘違いもあると思うよ~?とゆう話方もやさし
い・・・なんか知らんけど変わらない態度でいてくれてます。


おばちゃん~神さまみたいにやさしいので、いらっとせず私の話を
聞いてくれたんです。私だったら無理だな。いらっとするもんな。


言った言わないの話で、ばかばかしいんですが、「子どものすること
だから許してあげて~」と言われてしまいましたが・・・
一番必要ない言葉だなと思うので、あれこれどけてシンプルにして


何が違和感になってるのか、いろいろ気持ちも落ち着いてきたので
仕事しながら、考えていました。
今日は午前中までなので、お昼休みに私の思うことをもう一度です。





より探ってみたら、以前も近所ちゃんに「坂道でボール遊びしてたら
危ないよ。」とこわい顔で言ったら、こわい顔が効かず(笑)、
なんかヤバいことしたかな?とゆう表情もなく、負けないよ私!顔で


「でも、おーちゃんのおばあちゃんがいいって言ったよ?」どや顔!


と返してきて、それでも「危ないから!公園で!」と叫びまくったけ
ど、そのまま遊んで、車に飛び出して車止めて、怒られてたので
私が言っても聞いてないし、信頼されてないのか私信頼できないのか
この子コワいなと思ったことがあるんです。
子どもに無視されることは、何回もありますが・・・
一応、なんか言われてるなと、こどもが気にしてるのはわかっていて
だから、無駄だなと思いつつも、注意したりしなかったりしないです


・・私が信頼してもらう話し方ができないってことだと思いますが、
すぐに治るもんでもないので、話はどんどん進んでいくんで、


そうゆう反応がコワいなと思ったとゆうことが、なんとか伝わって
私が「危ないよ。」と言って、「でも、ママがいいと言ったよ。」と
返事をするってことは、私が危ないと伝えてることが伝わってない
とゆうことになってるので、もし娘が「危ないよ。」と言って「でも
」と返してたら、それは二人とも危険だとゆうことなので、私は近所
ちゃんを信用しにくいな・・・と感じていた。


・・・事故らないと分からないレベルなんか起こってほしくなくて
わーーわーー言ってまうんですが、事故らないと分からないんだな。
たぶん。


実際、私も落とし穴だな~と落ちて、やっぱりな~と経験して納得
する方が生きてる意味も言葉の重みも違ってくるので、経験は悪く
なくって、今だっておばちゃんと仲悪くなりたくないけど、ツッコん
でしまって、おばちゃんの懐の大きさに驚いてたりしてます・・・
(娘と孫を悪く言われたら、私ならキレてるわ~。)


「その時、目の前にいる私の注意を聞いてない態度はこわかった。」
と、ストレートに言うと、言った言わないじゃない話だったんだな~
と、おばちゃんは納得してくれてました。





瞑想も、なんの意味も持たなかった感じですが、おばちゃんを信頼し
ておばちゃんも信用してくれてたのかなと思うと、伝える難しさより
なんとか伝えようとする方が、なんか人との間に見えてくるものが
あるのかな~と、私もなんとか「伝えても伝わらないとゆう囚われ」
から、少しずつ解放されていくのかな?と感じました(有り難い)。


  ママさんに「遠いからダメ。」と言われたのに、
  私のとこにきてイケると思うのかな?こども謎だな?
  そう思ったからそう行動した・・・みんな一緒か~~。謎好き。


私に息子がいなかったら、近所ちゃんと娘を歩かせて、後ろから
ついていくこともできるんですが、それだったら息子と娘を歩かせる
・・人んちのこどもを預かるって、やっぱりコワいなと思うのです。
息子も外に冒険したいと思う・・・息子を我慢させたくないし。
息子は友だちがいないので、外に遊びに行ったりしないので、


・・・「娘に我慢させたくない。」きっとママさんもそう思ってる。
     (3人ではうまく遊べないので、それは挑戦しません。)


そんなこんなで、前の車占いは、日本フルハーフで1008?


まだ、家庭訪問があるので、ほっとできません。
言った言わない話が、実は、伝わる伝わらない話オチでした。これは
昨日、おばちゃんに言った時点でおしまいだったので、気持ちは息子
のいじめられた?話に移っていて、家庭訪問のついでに少し先生と
お話して、イヤなことをされて「イヤだ」と言えるようになった成長
があったとしても、イヤを受け入れない相手だったら、余計に苦しみ
が長くなるんじゃないかな?と伝えたり・・・


どうみたって、仲良くなり得ない人たちと息子がなんで仲良くなろう
としなくてはいけないのか?とか、大人になって誰とでも仲良くって
できますか?とか、ないでしょ?とぼやいてみたり、先生はイヤな人
に嫌だって言えます?と聞いてみると、固まってたので・・・
あ、この人言ったらあかん人なんや!?とすみませんと謝ってみたり
男の人が二人も目の前にいるのに、失礼なこといっぱいで申し訳ない
ですね。


イヤの他に、一瞬で終わる言葉を見つけて下さい~とか注文したり
好きだからするのか?おちょくって楽しいなら、悪いんだし・・・
本当は何が楽しいのかとか、息子以外に興味が行くようにならないか
とか・・・こうゆうのは、いい方向に向かっているのかな?
いろんな子どもたちの未来に、私は何かできてるのかな?
文句しか言ってないのが、恥ずかしい話だな~・・・。
与えられたから、今できることをできたのですか~?c1力~。


とか・・・思いながら、牛乳が冷蔵庫にないとさみしいので買い物に
行くと、「お母さん、なんかあの人おるよ~。ほら知ってる人~。」
と、娘がゆうので「どんな人?」と聞くと・・・あ、分かった♪
無駄にじわじわ寄って行って・・・じわじわ「バラが咲く季節です
ね」「咲いてますか?」なんて話しかけて「では、お元気で~」と
手を振って・・・
(わ~ガイドさんありがとう。バラの魔法使いに会わせてくれた~)
とよろこんでました。
ので、なんかバタバタしてたけど、いい日です。





バラの魔法使いに会えたら、変わるときなのかもと思えてきます。
なんのタイミングか分からないけど、いい感じです。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« どうじ | トップ | かていほうもん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL