梅様のその日暮らし日記

その日その日感じた事や世間で話題の事について自分なりの感想や考えを書いていきます。

甘くはない「教師と女生徒の恋愛」

2017-06-18 12:08:52 | 日記
   昨日の話題からの流れで、教師と女生徒の恋愛について述べてみたいと思います。どこまで書いて良いものやら分かりませんが、判断は読まれた方にお任せするという事で、いくつかの事例を上げてみたいと思います。必ずしもピュアなものばかりではありません。念のため。

   とある高校に、東大での新人教師が赴任して来ました。それほど女生徒一般の人気を集めたようには見えませんでしたが、彼にすっかり熱を上げ、毎日昼休みごとに教科の準備室にやって来るようになった女生徒がいました。単独で通うほどの大胆さを持ち合わせていなかった彼女は、仲良しの同級生を誘って、二人で通い詰めていました。先生の方もどちらが本命でやって来ていたのかは、十分分かっていたと思うのですが、卒業と同時に事態は大転換しました。付き添いで来ていたはずの子が猛烈なアタックをかけ、男性教師をゲットしてしまったのです。

   この子の父親というのが学歴というほどのものがなく、叩き上げで自営業者として成り上がった人でしたので、娘が選んだ彼氏が東大出というだけで反発し、なかなか結婚の許可が下りませんでした。しかし彼がおそらく誠実に応対し続けたのでしょう、最終的には結婚し、幸せな生活を送るはずでした。しかし、世の中、そううまい話ばかりはありません。相手の女性は、親友を裏切ってでも、お目当ての男性をものにしたつわもの、性格も男勝りだったのです。

    大学には進まず結婚生活に入った彼女は、就職して働いていたのですが、とにかく帰宅が遅く、ぐでんぐでんに酔っ払って帰って来ることもしばしば。問わず語りに彼が語ったところでは、帰宅した途端玄関で倒れ込んで熟睡してしまうので、彼がその場で服を脱がせ、寝間着を着せてベッドまで運んで寝かせてやるということが何度もあったとのことでした。釣った魚に餌はやらないというのは、一般的には男性側のセリフですが、この場合は完全に立場が逆転していたのでした。

   結局二人は離婚し、彼の方は趣味か何かの集まりで知り合った女性と再婚したということを風の便りに聞きました。今度は最後まで無事添い遂げられるよう祈るしかありません。彼もぼちぼち定年を迎えるはずですが、今はどうしているのでしょうか。

    親友に裏切られた女性が人間不信に陥っていなければ良いのですが・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変態教師について | トップ | 甘くはない「女教師と男子生... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。