梅様のその日暮らし日記

その日その日感じた事や世間で話題の事について自分なりの感想や考えを書いていきます。

ジヨン評

2017-01-03 17:42:00 | 日記
先日ネット上でこんな書き込みがありました。Aさんがまずスレッドを立てて、知英(ジヨン)を擁護する書き込みをしていました。

A:擁護するなとか言いたい人は勝手に言ってくれて結構。
頑張っている人非難するなんてバカだよ。
ドブスドクズの妬み僻み。

B:(反韓の世界ではちょっぴり有名な女性ですが、まっとうなタイプ)
う〜ん、知英さんは先日の銀河劇場のミュージカルも相当下手くそだったし、他にもっといくらでも才能ある人がいるんじゃないですか?
この程度の歌と演技で、わざわざ彼女を見に行く人がそれほどいるとは思えない。
最近は韓国人が主演というだけで、舞台はマイナス要因。客入り悪いですよ。
韓国人が主演で、日本で人が入るミュージカルはレミゼのヤン・ジュンモさんくらい。なぜなら彼は歌も演技もうまいから。喉の調子が悪い日でも、演技で充分カバーしている。
もっと歌も演技もうまくないと、国籍が何でもルックスだけじゃ生き残れないよ。

Bさんの文章からはかなりの知性と、客観性がうかがえます。真に正論です。彼女は主にオペラを専門に見に行く人だそうですが、なぜかジヨンが主演したミュージカル「スイート・チャリティ」を見に行ってしまったようです。私に言わせれば、ジヨンの歌が大したことがない、演技力も大したことがないというのは、誰でも知っていることなので、どうしてわざわざ見に行ったのか、その上で更にへたくそだと切り捨てているのはどうしてなのか、そこに疑問が残るのですが、それはさておき、

「スイート・チャリティ」を見に行った人の多くは、ミュージカルを見に行ったのではなく、ジヨンを見に行ったのです。最前列中央にいた若者などは、「真ん前にジヨンが立っていて、ときめいてしまって、どうしていいかわからなくなった。」と語っていました。かく言う私自身も、ジヨンにミュージカルは無理があると思いつつ、どれくらいやれるかな、という気持ちで行ったので、Bさんのような感想は湧いて来ませんでした。へたくそだけど頑張っているじゃないか、と、スレ主と同じような感想を持ちました。

ジヨンが解散したKARAの一員であったことは知る人ぞ知る、なのですが、KARAというグループは、他のグループと違った特殊性があります。まず第一に、とっくに解散してしまったにもかかわらず、ファンクラブが健在であること、KARAファンだった人たちが、解散後もメンバー一人一人のファンを続けている事、更にKARAの後継として新たに立ち上げられたグループAprilをも応援し、支え続けているのみならず、そのAprilを脱退して女優の道を歩み始めた子まで別途応援しているという事、等々、KARAファンというものは、誠に家庭的で愛情あふれる人たちの集まりなのです。従って、見に行ったジヨンファンの人たちは、誰一人Bさんのような感想を持たず、ジヨンのミュージカルを見に行ってあげた!可愛かった!という満足感を抱いて帰国の途についたはずです。

本当にKARAというのは不思議なグループです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビリギャル | トップ | ダークサイドに落ちた日本人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事