梅様のその日暮らし日記

その日その日感じた事や世間で話題の事について自分なりの感想や考えを書いていきます。

「つまらない人生だった」

2018-01-10 16:01:09 | 日記
「孤独死の予感」の次は「つまらない人生だった」・・・。何だか夢も希望も無いタイトルが続きますが、この際ですので続けて書いてしまいます。
 新人教師だった頃、私と仲良くしてくれた人がいました。学年的には同じですが、教師歴は私の方が一年先輩でした。彼については未だに解けない謎があります。それは、異常なまでに女生徒からも女教師からも、人気が無かったことでした。私はと言えば、毎朝早く登校して始業のベルが鳴るまで私の席の横で話し込んでいく女子がいたり、廊下で好意溢れるちょっかいを出して来る女子がいたり、相思相愛をうわさされる女子がいたり、新人男性教師としてはまあ、有り得るレベルだったのでした。後には私が既婚者だと知って、未婚なら自分がお嫁に行って面倒見てあげられたのに・・・と、ふくれっ面で言いに来た女子もいました。

 先述の男性教師を仮にKさんとしておきましょう。失礼ながらそのもてなさぶりは異様なほどで、恐らく私の人生で出会った中で、最も女生徒は縁遠い人だったのではないかと思います。あまりの人気の無さに、ある日私は先輩の女性教師に尋ねたことがあります。

「先生、Kさんがどうしてあんなに女子から敬遠されるのか、私にはどうしても理解できないのですが?」

答えはただ一言、

「私は分かります。」

でした。恐らくは女性一般を遠ざけてしまう何かを彼が持ち合わせていたのではないかと思いますが、男である私には、それが一体何なのか、よく分からないことだったのです。今でもその原因はよく分かりません。私から見て実にくだらないと思われる男が案外人気があったりしますし、女性からの男性観というものがよくわからないのです。あるいは私が男ばかり4人兄弟の中で育ったことが原因なのかもしれません。

 彼も自分が女性にもてないという事は自覚しているので、彼なりに女性に対して気を使った対応はするのですが、不器用なのか、それが相手に媚びているように見えたりする時があって、私の目にもこれでは難しいのではないかと思わせました。

 もっとも私も女生徒からは人気が無いと信じている同僚もいて、別の勤務先で、一番もてないと言われていた同僚から、「梅さんなら分かると思うけど・・・」と相談めいた話を持ち掛けられたこともありました。Kさんが私と特に親しくしてくれたのは、私も自分と同じように女生徒に不人気なのだと思われていたからなのかもしれません。

 そんなKさんは、その後も一向に女性とは縁が無く、途中で若い中国人女性と婚約してルンルンだという年賀状を貰ったこともありますが、案の定すぐに破綻をきたしたようで、その後そうなったかという連絡すらありませんでした。私も予想通りの展開に、後日談を聞く気にもなれず、その件はそのままになっていました。

 それでも彼は人生の終わり近くを共に過ごせる女性を求めて、何人も紹介を受けていたようですが、ある年の年賀状には、「紹介されるのは年増とブスとデブばかり・・・」というグチを寄せていました。それを読んで、彼が結婚にこぎつけることはもはやあり得そうもないと、一抹の寂しさを抱いたものでした。

  今年の年賀状にはこんなことが書いてありました。肺癌になり、つまらない人生だった・・・と。

 肺癌は耐え難い極度な痛みを伴います。薬で押さえることも出来るのでしょうが、痛みに耐えかねて暴れまくり、四肢を拘束されるような処置を受けないことを祈るのみです。彼がベッドに縛り付けられて身動きできないまま人生の最後を迎えなければならないとしたら、本当に悲しいことですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孤独死の予感

2018-01-09 15:07:15 | 日記
近所のアパートの一階に、お婆さんとその息子らしき男性・と言っても、私よりは若いかな?という程度の年齢なのですが・が二人で暮らしていました。晴れた日にはガラス戸を開け、縁側っぽくして、部屋に日の光を一杯に入れていました。二人きりですが、それなりにささやかに幸せに、寄り添って生きているように見えました。
ある日を境に戸が開けられることは無くなり、お婆さんの姿は見えなくなりました。

息子と思しき男性は独りぼっちになり、目に見えて動作が鈍くなりました。外を歩く時にも、脚が衰えて、手押し車につかまって歩くようになりました。

男性は、今日もアパートの脇の陽だまりになっているコンクリートの上で、まるで死んだかのように壁に寄りかかって眠っています。

心の支えを失った男性には、生きる理由さえ見つけることが出来ないのでしょう。
この先は・・・予想はできますが、あえて書くのは止めておきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国語習得について考えたこと

2017-12-31 08:23:46 | 日記
私の中国語の勉強もいよいよ佳境に入って来ました。しかしここへ来て、大半な事に気がついたのです。個人レッスンで講師の先生があきもせず粘り強く私との自由会話に付き合ってくださっている内に身に染みたことがあります。普通に会話する時には、学校で習うテキストには出て来ない単語があまりにも多いのです。

今手こずっているのは、「手羽先」とか「ささみ」のような身近な言葉です。これがなかなか頭に定着しません。かと思うと、個人レッスンでの自由会話中に、「密入国」なんて言葉がスラスラと私の口をついて出て来たりするのです。

しかたなく、現在連日、難しいテキストに割く時間を限りなく減らして、日本語でなら誰でも知っているような言葉の暗記に時間をかけているところです。

1日単語の暗記だけで3時間。あまりにも単純な暗記物をこれだけやると、かなり脳みそが消耗してしまうのですが、背に腹は代えられません。安いとは言えない個人レッスンをできるだけ有効に生かすためにも、先の見えないこの消耗戦は、限りなく続いて行くことになります。構文や文法を一通りマスターした後に待ち構えていた、単語という壁。とてつもなく高い壁です。

そんなことを考えて行くと、スピード・ラーニングなどという教材が如何に詐欺に近い物であるかが分かります。聞き流しているだけで外国語が身に着くなどということは絶対に無いのです。覚える・使ってみる・覚える・使ってみる・覚える・使ってみる・覚える・使ってみる・覚える・使ってみる・覚える・使ってみる・覚える・使ってみる・覚える・使ってみる・・・・・

無限に繰り返しです。

私がこれまで英・仏・独・韓・中と外国語を学習した経験から特に感じるのは、「中級の壁」を突破することの難しさですね。韓国語などは日本人にとってはかなりとっつきやすい言語なのですが、やはり外国語であることに変わりはなく、韓国語教室でも中級以上に進む人は、がくんと少なくなります。

結局外国語を習得したかどうかは、その言語で物を考えられるレベルまで到達したか否かで測るべきものなのですが、そのためには膨大な数の単語と文章が脳の中に蓄えられていることが必要となります。ほとんどの人は脳の中に当該外国語の領域を作ることが出来ずに撤退してしまうので、結局身に着いたという実感がないまま終わってしまうのです。

海外旅行に行くために、ちょっとした英語を覚えて行こうとする人は多いと思いますが、少しだけかじって行ったのでは、相手の言っていることが理解できないという悲劇が待っています。外国語習得とは、永遠に頂上にたどり着くことの無い山登りのようなものだと思います。途中で一度下りてきてしまうと、また最初から登り直さなければなりません。職業と直結しない外国語学習は、やはり長続きしないものなのかもしれません。私のように特殊な性格の人間を除いては、ですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来たるべき未来・・・移民問題を考える

2017-12-30 18:02:35 | 日記
  政府は真面目に1,000万人規模の移民を考えているようですが、後にいかなる禍根を残すか、真剣に考えてみるべきでしょう。

 移民の多くは「労働者」として期待をされており、恐らくはいわゆる3Kの職業、あるいは介護職のようになり手が足りない職業に就くことになると思われます。要するに、現在経済的に恵まれているとは言い難い階層を、外国、といってももっぱらアジアからの移民で埋めようという腹なのでしょうが、そこには大きな落とし穴があります。

「貧乏人の子沢山」。

  こうした移民の家庭では日本人の家庭の倍以上の出生率で、子孫が増えて行くことでしょう。その先に待ち構えているのは、生活保護費や健康保険の際限のない増加です。更に倍々のペースで増えて行く移民の子弟が日本人を圧倒し、日本は単一民族でございますなどと寝言をいっていられなくなります。

  そこへもってきて教育の無償化だというではありませんか。そして更にその先に待っているのは、増えるだけ増えてしまった移民の皆さんの高齢化問題です。年金問題、高額医療費問題が、私たちの上に重くのしかかって来るのです。長い目で見れば、移民は日本の繁栄に貢献するとは言えません。移民を導入した結果、日本は貧乏国家になってしまう可能性が高いのです。まさかせっかく求めに応じてはるばる来て下さった移民の皆さんを定年と共に追い返すような非道な真似は出来ないでしょう。


  これまで来日して日本で生活している皆さんと、これから導入される移民の皆さんでは、少々その意味と位置づけがことなります。私は年齢的に自分の予言の正しさをこの目で見届けることは出来ませんが、その日が来てからでは遅いのです。求めに応じて来て下さった移民の皆さんを、問題が生じたからと言って追い返す訳にはいかないではありませんか。
共に貧しさに耐える?それもいいでしょう。選ぶのは皆さんです。

  ついでながら、近い将来日本の高齢化と共に皆さんが入るはずの墓地はもう完全に無くなり、他の方法を考えなければなららくなります。いや、それ以前に火葬場が足りなくなって、あなたの火葬まで10日待ちのような事態に至ります。移民の皆さんの子や孫が高齢化する頃には・・・・。考えたくもありませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスの思い出

2017-12-23 19:16:36 | 日記
クリスマスが来ると思い出すことがあります。

  ある高校で一年生の時に担任したパン屋の娘。クリスマス・イブに自作のケーキを職員室まで届けてくれました。進級し、二年生になって、彼女は私んクラスではなくなったのですが、それでもなお、、クリスマス・イブには彼女からケーキが届きました。

  更にそれから一年後のクリスマス・イブ。その一年間は、彼女とは接点が無く、言葉すらも交わしてはいませんでした。そして、過去二年間は、日暮れ前には届いた彼女からのケーキが、その年には日が暮れても届きませんでした。

  これまでも、持ってくるとか予告なしの二年間だったのです。元より何の約束もしてはいません。

  私は心を決めて、来るとも来ないとも知れない彼女を、待ちました。ひたすら待ちました。帰っちゃいけないんだ、なぜかそう思ったのです。。

そして日没から2時間近くも過ぎた6時半、もはや私一人しか残っている者もいなくなったうすら寒い職員室に、ついに彼女は現れたのでした。

信頼とは、言葉に表されないこともあるということなのですね。

 教師とは、真面目に勤めたら、つらいことの方が多い仕事です。それでもこんなことがあると、向こう三年間は頑張れるのです。

 もう40年も前の出来事ですが、死ぬまで忘れることはないと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加