Ribbon cafeブログ

中味はコテコテの喫茶店でござります。

たまたまテレビをつけてみたら・・・。

2017-05-26 16:05:02 | 与太話
去年かおととしの手帳に
「アキラ100%はすごい!」と書いていた。
もっと昔の手帳には
「やっぱり玉川カルテットはすごい」と書いていた。
そんなアキラ100%が売れっ子になってよかったね。


昨日のアウトデラックスでは
獣神サンダーライガーがアキラ100%のネタをやっていた。
びっくりしたよ、もう。
ダウンタウンでもいろんな人がアキラの芸をまねていたけれど
まさかプロレスラーがやるなんてね。
それも獣神サンダーライガーがタイツまで脱いじゃって。
見せるためだけに鍛えた、へなちょこビルダーとは違って
サンダーライガーの肉体はすごかった。
そんな身体でお盆をちょこんと持って・・・・
いろんな芸をくりひろげる。
最後は縄跳びまでやっていた。
サイコー!腹を抱えて笑い転げた。


本当は、今日は季節の紅茶のことや
限定のシフォンケーキのことを
お知らせしたかったんですがまた後ほどに。



この記事をはてなブックマークに追加

「人生フルーツ」を観た後で生き方が変わる人もいるだろう。  

2017-05-16 16:40:39 | 映画


東海テレビのドキュメンタリー映画。
300坪の土地に平屋を建てて
ほとんどの野菜果物を自給自足をしている。
夫は90歳。妻は87歳。

夫は設計士で、今から50年前に
愛知のあるニュータウンの設計をした。
彼は自然を生かし山のふともに理想郷のような街を作りたかった。
しかし、時代は経済効率が最優先だった。
山は切り崩して平坦な土地にならし
出来上がったタウンは彼がめざしたものとは
まるで違うものとなった。
たとえていうと、羊羹を切ってトントンと並べたような。
彼には大きな挫折だった。
しかし、そこで夫婦が取った方法とは・・・・。




わたしは名古屋で学生生活をおくった。
卒業後、春日井市に就職し団地に住んだ。
その団地はこのニュータウンの中にあった。
十日町の人口を軽く超えるくらいの人が住むニュータウン。
ああ、「人生フルーツ」

シネパラであと数日の上映です。
どうか再上映してください。
また観に行きますから。


この記事をはてなブックマークに追加

喫茶店は楽しいな。

2017-05-15 14:11:28 | 与太話
美術館のあと神保町に行き
お目当ての喫茶店に寄りました。
そこのトーストがどうしても食べたくて。
写真で一目見て「これはぜひ食べなくては!」
お店は地下にありました。
トーストもアイスコーヒーも大変美味しくて
(来て良かったな)と満足していました。

しばらくしてスーツ姿の男性がカウンターに座り
「グアテマラってどこにあるんですか?国の名前ですか?
いろいろ知ってから飲んだ方がいいかな、って思って。」
とお店の方に質問をず~っとするのです。

スタッフは若くてきれいな女性が2名。
「どこでしたっけ・・国の名前だと思うんですけれど・・」
と少し頼りなく返答されていたんですが
その男性はとにかく質問の手を緩めない。
(こりゃ、知ってて聞いているな)と勝手に思った私は
綺麗なお姉さんたちがちょっと気の毒になりましてね。
よせばいいのにタブレットでグアテマラを検索して
地図を開いてその質問男性の肩越しに
「ここがグアテマラですよ!」と見せてあげました。
その時の彼の顔ったらありません。
後ろから何やらおばはんが鼻息荒く話しかけて来たんですから。
でも東京の男はスマートさがウリですから(きっと)
そんな妙なおばはんにも返答してくれるんですよ。
わたしもひまだったので
しばらくおしゃべりしました。

楽しかったので
また行きたいです。
どこの店か知りたい人は
お店にきてくださいませ。
お教えいたしますよ。


この記事をはてなブックマークに追加

国立新美術館は素敵。

2017-05-10 15:36:05 | アート・文化
草間彌生展
ミュシャ展
観てきました。

国立新美術館で同時開催中です。
草間彌生展は人がいっぱいで
ミュージアムショップは行列でした。
人形を手に入れるために並びましたよ。






ミュシャの「スラブ叙事詩」に圧倒されました。
すごかった。観てよかった。
熱が出そうでした。
今、この時代に観ることに
大きな意義があると感じました。
おすすめします。



この記事をはてなブックマークに追加

8日、9日とお店はお休みです。

2017-05-07 11:33:59 | おしらせ
(皆さんの)連休も今日で終わりですね。
たくさんの皆様にご来店いただきました。
なつかしい方々にも会えました。


暑くて汗だくの翌日には、寒くてストーブを焚いたり。
うちの猫たちも暑いと近くには来ませんが
寒いとジャンプしてわたしの肩に乗ってきます。
4キロのすずちゃんの愛を受け止めるのは大変です。
肩にすずちゃんをのせたままで猫トイレの掃除をしたりして。
むか~しハワイに行った時に肩にオウムを載せたオジサンがいました。
そんなことを思い出しながら毎日猫たちの世話をしています。

この記事をはてなブックマークに追加