Ribbon cafeブログ

中味はコテコテの喫茶店でござります。

明日は18時に閉店させていただきます。

2015-11-27 15:12:04 | おしらせ
明日 28日(土)は
そういうわけで(11月19日のブログ参照)
お店は 早じまいです。
クロステンに行きますよ!

歌助さんの師匠の桂歌丸師匠は
凄い生命力です。
芸協祭りのお姿をテレビで拝見しました。
「もう正座と歩くことができませんので
こうして椅子に座ってご挨拶させていただきます」
というような内容のお話しをされていました。

「笑点」の司会が南伸介さんの時は
かならず見ていました。
相撲と演芸が好きな渋い小学生でした。
南伸介さんが急逝したときは
司会が誰になるか心配でした。

そのあとの 司会の 
円楽さんにしても
歌丸さんにしても
どうもしっくりこなくてね~。
「笑点」ばなれがそこからはじまりました。

それはそれとして、
桂歌助後援会に入会すると
「笑点」カレンダーがもらえますよ。
って、話の流れ的には
宣伝になっていませんね。


この記事をはてなブックマークに追加

「ひとつご陽気にお願いいたします。」

2015-11-26 16:17:30 | おしらせ


FMとおかまちで歌助師匠の後援会寄席の
お知らせをしてきました。
わずか6分でしたが緊張するものですね~。

パーソナリティーの陽気なテンションの後に
テンション低めのあたくしが低い声で
「ええ~、クロステンで28日の6時30分から・・」と
ぼそぼそとしゃべりましたよ。
休日のあたしの声は死んでいます。
おまけにカレーの仕込みをしてから
駆け付けたので 手は玉ねぎくさいし。

自宅で聴いていた父は
「なまっているし、声が低い!」
ぶっきらぼうに感想を言ってくれました・・。

もっと陽気にあげあげでしゃべればよかったかな
などと反省をしました。(しらふじゃあ、ちょっとね~)

ラジオのブース前で聴いていた
リスナーさんが
のちほど 来店してくださいました。
ありがたいですね。

チケットは当日までリボンカフェでは
前売り値段で取扱いしておりますよ。!!

この記事をはてなブックマークに追加

「いつか 画集を作りたいの。」   

2015-11-21 19:21:02 | 日記



「式場庶謳子 自選作品展 いのちのうたをうたう」展が
11月30日(月)まで開かれています。

いのちを削って作り上げた作品に
感動、感動・・ 

誰もいない時間に
作品と差し向かいで
贅沢のきわみ。


控え目で静かな静かな
「星と森の詩美術館」

十日町で一番好きな場所。
美術館までのアプローチ

ちょうど雨が降っていて
森が深呼吸をしているかのよう

この記事をはてなブックマークに追加

「こんなご時世ですから 笑っていきましょう。」

2015-11-19 16:48:50 | おしらせ


桂歌助後援会からのお知らせです
恒例の「十日町後援会寄席」の季節がやってきました。
歌助さんは同級生です。
2年前にナイツが来てくれた時は
興奮しすぎて、翌日 高熱を出したことが
昨日のことのようです。

11月28日(土)18時30分開演 18時開場
場所 クロステン 中ホール
席料 前売り券1500円
   当日券 2000円

前売り券は 
当店(リボンカフェ)でも取り扱っています。

マジックの 北見翼さんが来てくれます。(若いイケメン)
また 瀧川鯉橋師匠(上越市出身)も出演します。
このかた、数年前に二つ目のときから
とっても上手だな~と思っていた方です。
今回は漫才はないけれど 落語をたっぷりとお楽しみください。

実はわたくし マジックも大好きなのであります。
小学生の時に、クラスのクリスマス会的な催し物で
大真面目にマジックを披露しました。
「この10円玉を絞ると水が出ます。」
とか言って 脱脂綿に水を仕込んで手に隠していました。
ほかにも段ボールを使った何かをしました。
家族の前で練習の成果を見せてから臨みました。

受けたのかどうか・・・
記憶がありません。
人間は自分にとって不利なことは忘れる生き物です。


生で聴く落語の面白さを、ぜひたくさんの皆様に
味わっていただきたく、宣伝のために
24日火曜日の午前中にFMとおかまちさんに
わたくし、出演いたします。
ほんの5分ほどですが 
がんばりますよ!

この記事をはてなブックマークに追加

「だから、歌いたくなったんだ」

2015-11-16 19:34:39 | いろいろ
閉店後、パセリを刻みながら
「深夜高速」を大音量で聴いていたら
突然 「テルマ&ルイーズ」のラストシーンを思い出した。
ものすごく泣いたことも。
でも 悲しくて泣いたんじゃない。
これで彼女たちがあらゆることから
解放されたことの
嬉しさで泣いたような気がする。
・・・昔すぎて記憶が定かじゃないけど。

歌は記憶を喚起する。



ところで
「浜田真理子 唄会十日町」
とっても よかった。
いろんな意味で よかった。
マリコーズ(勝手に名付けたの)達にも会えた。
終了後のサイン会でも
マリコーズはマネージャーのように
ひそかに活躍していた。
関東からのマリコーズはご来店くださり
「さいはてにてブレンド」を。
またどこかでお会いましょうね。

真理子さんに「胸の小箱」とマガジンとCDに
サインをしてもらって、お話もして
ごきげんな数日を過ごしています。

この記事をはてなブックマークに追加