Ribbon cafeブログ

中味はコテコテの喫茶店でござります。

お知らせいくつか。

2013-10-31 18:16:38 | おしらせ

やっぱり黄色のチョウチョがひらひらと
フウセンカズラのあたりに飛んできた。
ごめんよ。
もうカズラはないのだよ・・・。

お知らせ遅くなりましたがトンボ玉のピアスが入りました。
小さなガラス細工は難しくてようやくの納入です。
小さくって可愛らしい。
金属アレルギーの方も大丈夫なチタンを使用しております。
お値段も800円とお値打ちです。
6点だけなのでお早めにどうぞ。



Photo





2013


そしてコーシーのお知らせ。
二三味珈琲さんの
パプアニューギニア シグリとケニアが入りました。
ミールクラフトさんの
エチオピア イルガチェフェ ナチュラル豆もあります。
どれも深い味わいがあります。
ナチュラル製法大好きです。


明日から11月です。
11月1日は紅茶の日です。
秋は「珈琲もいいけど紅茶もね」ということで
「秋のアールグレイまつり」と称して
アールグレイを50円お値引きして450円とさせていただきます。
アールグレイとのケーキセットは800円→700円!(マロンタルトは除く)
当店のアールグレイは
ダージリン茶葉を使用しているのでこれはかなりお得です。

(期間はたぶん店主の気が済むまでの約1カ月くらいの間)


この記事をはてなブックマークに追加

花言葉は 「多忙」

2013-10-28 17:41:50 | お店の話

Photo



夏の間窓辺でゆらゆら揺れていた
フウセンカズラを今日撤収しました。
今頃~って思う方も多いと思いますが小さな白い花目当ての
チョウチョやらアブとか蜂とかが来るもんですから
踏ん切りがつかなかったのです。
不思議なもので入口のドアを開けていても
チョウチョと蜂は店内に入ることは決してありませんでした。
アブは店主が素手にティッシュで捕まえて表に逃がすこと数回。
刺されもしませんでした。
今日はバッタが隠れていたので
捕まえてお隣の畑にバイバイしたのでした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「夢で逢いましょう」

2013-10-24 17:40:59 | いろいろ

Photo


昔飼っていた犬の夢をみた。
母に抱かれていた。
そちらに行こうとしてもいろんな邪魔が入ってたどり着けない。
夢というのはそういうものだ。
ようやくたどり着くと
それまでわたしが居た場所が火事になり焼け落ちた。
こういうのは夢分析的にはどうなんだろう
とか思いながら電車に乗り栃木県の足利駅に降り立った。
シャッターの降りた店が多い。
段ボールとかゴミとか生活の跡がそのままだったり
物悲しさのある商店街だった。
そこを通り過ぎると足利市立美術館がある。
「石田徹也展 ノート、夢のしるし」を見る。
思ったよりも大きな絵が多い。
緻密に書きこまれた作品の細部を見ようと近づきすぎて
「お客様、お客様・・」と注意されてしまう。
暗いと言う人もいるけれどわたしは「明るさと光」を感じた。
夢を書きとったノートも展示されていた。

帰り道、昔ながらのお菓子屋さんの前を通る。
置物かとみまごうようなお爺さんが
ぽかんと口を開けて目を閉じて店番をしている。
耳が遠いせいか何度も声をかけてようやく目を開ける。
「国内産塩ピーナツ入りました」という
手書きの文字に魅かれて一袋買った。
栃木土産なのに千葉産。
国内のシェアのほとんどが千葉だからね。
一袋980円也。
晩にはそれをポリポリかじってビールを飲んだ。


この記事をはてなブックマークに追加

10月23日に思うこと。

2013-10-23 18:26:47 | いろいろ

新潟県中越地震から9年経ちました。
早いものです。
当時横浜に在住していたわたしは
どうしても実家が気になり長野からレンタカーで新潟県に入りました。
新潟県側のトンネルはすべて不通で長野からしか入れません。
ヘルメットをかぶり寝袋をしょって自宅の玄関に立ちました。
「市役所の方から来ました」と大声を出しました。
帰ると言っていなかったので家族はみんなびっくりして
「何しに来たんだ」と父は言い。
確かにわたしなど何の役にもたちません。
でも帰りたかった。
鮭がボロボロになっても川を遡上するように・・(違うかもしれない)

そのあともいろんな災害が日本を襲いました。
今もです。
そういう土地に日本人は住んでいる。
だからこその政治をしてほしいと強く思います。
「世界に向けて何をする」のではなく。



Photo




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おとなの休日

2013-10-21 17:03:11 | 与太話

Photo

定休日でもいつも仕事モードのわたし。
仕事が好きなんだよ、と
自分に言い聞かせて苦手な事務仕事をする。
散らかった机の上がわたしの頭の中と同じ。
どうして母や、おばあさんは
いつもかばんの中をひっかき回して探し物をするんだろう
って思っていたけれど自分もおんなじことをしている。
よく車のカギの行方が。
だからかばんの中身を机にバーと並べておくわけ。
困ったもんです。

明日の休みはもう仕事とかやめて
あの画家の絵を見に行こう。


この記事をはてなブックマークに追加