Ribbon cafeブログ

中味はコテコテの喫茶店でござります。

念願かなって Cafe Peache 

2013-08-30 18:43:00 | 与太話

Photo


那須高原にある友人のドッグカフェに行って来た。
カフェスクールで一緒に学び
わたしの方が一足先に開業。
その時に備品や椅子などの購入に付き合ってもらった。
もちろんRibbon cafeにも来てくれた。
持つべきものは親切な友達です。
今回はもうひとりの親切な友人Yの車でドライブしながら向かった。

ところが・・・お店が満席で
彼女は厨房でず~っとランチを作り続けていて
話はほとんど出来なかった。

Photo_2


一緒に行った友人Yはきのこのオムライス。

Photo_3


わたしはパスタ。
アルデンテ!!

Photo_4


高原野菜たっぷりのサラダをバクバク。

Photo_5


わたし達のために特別にプリンとケーキを焼いてくれていて
ご主人が入れてくださった美味しいコーヒーを飲みながらいただく。
「・・・このプリンすっごく美味しい・・。」
実はわたしも友人Yも
プリンとかムースとかババロアとかは得意ではない。
わたしはプッチンプリンだけは好きだ。
その二人がそろって「うまうま」とプリンを食べた。
レシピ教えてほしいっす!
おまけにゆばとイチゴのお土産まで頂いて本当にありがとう。

お客様みなさんワンコを連れていて
ドッグランで遊んだりしていて
「あ~~那須高原だわ~~」とゆったりとした気持ちになりました。

ドッグのかわりに友人Yを庭に放してみた。
走らない。

Photo_7


いつかまた機会見つけて行きますからね~!

Photo_6


この記事をはてなブックマークに追加

今夜は 歌とリュートと

2013-08-28 11:54:57 | おしらせ

Photo

本日28日(水)19時から(18時30分開場)千年の森ホールで
「アイルランド民謡と日本歌謡の夕べ」コンサートが開かれます。
ソプラノは大勇さんの社長奥さまの樋口由佳里さん
そしてリュートは金子浩さんです。
先日、由佳里さんから
このコンサートにいたるまでの道のりをお聞きしました。
「声楽科卒業ではないですが歌が好きで
いくつかの(不思議なご縁というか)出会いによって
すばらしい先生方に師事することができました。
そしてこの金子さんとも縁あってご一緒できることになりました・・」
ここに書ききれないほどの
運命の糸のようなお話をお聞きしました。
由佳里さんの声はリュートにピッタリだと思います。
夏の終わり、秋の気配を感じる今日この頃。
きのうまで聞こえていた祭りばやしのあとは
アイルランド民謡を聞きたくなる・・・・。

当日券もありますのでぜひどうぞ。


この記事をはてなブックマークに追加

いまさらですが 「水出しコーシー」

2013-08-18 13:04:57 | メニュー

お知らせです。
8月26日(月)27日(火)と連休となります。
よろしくお願いいたします。

Photo_3


水出しコーヒーをを少しですがご用意しました。
濃いめに抽出してますので
氷を溶かしながら「オンザロック風」にして
お飲みいただくのがよろしいかと。
少量のみですのでメニューには載っていませんが
スタッフにお声かけくださいませ。
熱をくわえていないので何といっても香りがいいです。

Photo_2


この記事をはてなブックマークに追加

「箪笥は爪をとぐためにあるんじゃあないよ。」

2013-08-15 15:18:41 | 与太話

綾野剛似の親戚の子どもが猫達を見たいと言う。
敏感なねねちゃんは隠れてでてこない。
(これは貴重な写真です。幻の猫と言われている。)

Photo


すずは食事中でも何でもどこでも触らせる。
撫でてもらうのが好きなんだ。
すずに触ってごきげんになった
綾野剛(似てるだけです)は少し笑った。
笑うと可愛いな~。
おこずかいとか貰ってもニコリともしなかったのに。
いいじゃないか、とっても。
動物とか虫とか魚とか
そういうものに興味を持つ子になってほしいと
おばちゃんは願うのです。


この記事をはてなブックマークに追加

「髪を洗う時にこの話を思い出してくださいね」・・って。

2013-08-14 14:13:52 | 与太話

甲府や高知の四万十市に比べたら
暑いとか言えないくらいの十日町の今日この頃。
昨日の夜などは風が涼しくて
夜中に寒くなって目が覚めた。
そして猫部屋の窓を閉めに行く。
夜中の3時にこっそりと。
暗闇からごそごそと猫達がやってくる。
猫だとわかっているから怖くない。

おととい稲川淳二がBSNラジオにゲスト出演していて近藤アナと
富士の樹海のことやオルゴールのことなどを話していた。
随分まえに彼の怪談ナイトをクラブチッタに聴きに行ったことがある。
それも2年続けて。
前売りチケットの代金が4771円(死なない)。
夜更けに始まって始発ごろに終わるという
気力、体力が試されるハードな会だった。
あの年の夏は
その時の話を思い出しては「ぞぞ~~」として
ちょっとはからだが冷えたもんです。

Photo


この記事をはてなブックマークに追加