Ribbon cafeブログ

中味はコテコテの喫茶店でござります。

美しいもの を見る

2012-06-28 12:58:46 | 与太話

Photo_5
柏崎の山の中でこの標識がいくつもあった。

きっとたぬきが出てきて車にぶつかるんだろう。


柏崎のtanneさんへ漆の器を見に出かけた。

「赤木明澄 漆展」

久しぶりのtanneさん

緑の中の古い一軒家に漆はよく似合う。

目の保養をさせていただく。

そして「美しいもの」という赤木さんの著書を1冊購入する。

あとがきの「かけがえのないもの」というページを読む。

心を打つ文章というのはこういうことか。

何度か読み返す。

同じところで胸がつまる。

わたしのこころの奥深くに響いてくるのだ。

Photo_7


この記事をはてなブックマークに追加

悲しくてやりきれない

2012-06-27 14:49:08 | 与太話

Photo

ウクレレレッスン1回目が終わり、

なかなかに筋がよろしい。。と先生におだてられて調子に乗り、

迷惑そうな両親を観客にして

「悲しくてやりきれない」を弾きながら歌ってみた。

サトウ八チローの詩が心にしみる。

でもキーが高すぎて瀕死の鳥のような声になり、

父は途中で「ふんっ!」と席を立った。

母は最後まで持ちこたえたがけっこうなダメージを受けたようだった。

しばらく自宅での演奏会はご遠慮願いたいと

その顔に書いてあった。


この記事をはてなブックマークに追加

男は黙って 安全靴

2012-06-25 11:45:12 | 与太話

本日出勤したらお店の前で道路補修工事がはじまっていた。

駐車場の出入りができない感じなんで、

(今日は営業にならんな~)とがっくりとしていた。

そしたら9時にはじめて10時の開店にはもう出入り可能になった。

日本の土木の技術と人の勤勉さに感心した。

だって上に盛ったアスファルトがあっという間に乾くんだもの。

これがどこかの国だったら3日くらいかかって

文句言っても誰も取り合ってくれなかったりするんだろう。

Photo

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「まんまはまだか・・」

2012-06-23 16:28:52 | ねこ話

いち君は「ネコの底力」を見せてくれています。

何時逝ってもおかしくないという見立てを裏切って

朝晩のまんまを全部たいらげています。

皆さんからの念力のおかげです。

ありがとうございます。


ところでぼやぼやしていたらもう6月も終わりますね~。

今年は東北へ旅に行こうと思っていたのですが 

「いちの一大事」のおかげで延期となりそうです。

ホントは南三陸町の海産物をしこたま買ってきて

また何かしたかったんですけどね。

Photo


この記事をはてなブックマークに追加

いち君の嫁になりたかった。

2012-06-20 20:03:26 | ねこ話

胸に大きな腫瘍らしきものが見つかったいち君。

水も溜まり、それらがあまりに大きすぎて

肺や気管が隅っこに押しやられている。

人間だったら苦しくって騒ぎまくっているだろう。

泣きごとひとつ言わないで耐えていたのか。

もう何もできないらしい。

急なことで呆然としている私をみて気の毒に思ったのか、

先生は(これでもしてみましょうという感じで)注射をしてくれた。

その日の夜、信じられないくらいたくさんおしっこをした。

もちろん、わたしではなく、いち君が。

いいぞいち君、みんなおしっこにして出してしまえ。


あれから20日がすぎた。

いち君は前よりたくさん食べるようになった。

ほかの猫たちと静かに暮らすいち君はとても幸福にみえるのだ。

Photo_2

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加