Ribbon cafeブログ

中味はコテコテの喫茶店でござります。

まつりの後    ・・・そして誰もいなくなった。

2011-02-22 11:52:42 | 与太話

Photo

18日からの雪まつりも終わった。

営業を21時まで延長したので睡眠以外はほとんどお店にいた感じで

布団を敷いて寝ようかと思ったほど。

18日の夜には、楽しんごを見たくて

広場にはびっくりするくらい多くの若者や子どもたちがいた。

雪深いこの町の子どもたちにとっては心躍るひと時だっただろうね。

1週間前までは連日の大雪だったのに

お祭りの間はお天気で太陽が雪に反射して目が痛いほどだった。


20日の午後3時ころにはお祭りも終わり人影もまばらになる。

夕暮れになるとお店の前の昭和町通りは

いつものように静かになり誰ひとり歩いていない。

数時間前までのあのにぎわいはまるで夢だったかのよう。


Photo_2

雪を撮るのは難しく

暗く補正したらホラーのような雪だるまになってしまった。。。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雪まつり   2011

2011-02-17 15:27:32 | おしらせ

2011

2月18日、19日、20日と十日町雪まつりが開かれます。

18日と19日は営業時間を延長して21時までとなります。

目の前の十日町高校グラウンドはカーニバル会場で、今年は楽しんごが来ます。

「『金スマ』見たよ。大変だったね。」

とか言ってあげたいのですが

営業中なので、わずか100メートル先なのに会場には行けません。

ところでお店の駐車場もお祭りの期間は使用できません。

(たぶん焼き芋屋さんが使います)

昨年だいぶお待たせしたのでそこを反省しましてメニューの数を絞りました。

サンドイッチはお祭りのあいだはお休みさせていただきます。

夜のRibbon cafeも なかなかいい雰囲気ですよ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最近気になること     その3

2011-02-13 19:22:35 | いろいろ

わたしは病弱な子どもだった。

いくつかの偶然がなかったら多分4つで死んでいた。

あの子どもたちはわたしだったかもしれない。

たまたまこの国に生まれたから生きながらえた。



そんなことをいろいろ思っていたが、

・・・思っているだけでは何も変わらない。

「そうだ、ちょっとでもお金を送ろう。」

とはいえ(零細)喫茶店の店長という身。

そこで考えた。

毎月1日(単に覚えやすいということで)の売り上げのいくらかを

寄付にまわすことにしよう。

たくさんはできないができるだけ長く続けよう。

募金箱も設置する。

レジの真ん前にたまたまお店にあった白クマの貯金箱を置いてみた。

もちろん「ジャパンハート」事務局にも連絡して

ロゴ入りのシールとリーフレットをいただいた。

Photo

後ろ向きの白クマはそういう理由なのです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

最近気になること     その2

2011-02-11 17:54:52 | いろいろ

Photo_2

この1か月近くずっと気になる人というのは、

1月16日の「情熱大陸」で取り上げられた吉岡秀人医師(小児外科医)だ。

この番組でもう3回取り上げられたそうでこれは異例のことだという。

彼のブログをみたり本を読んでみた。


簡単に紹介すると、16年間ミャンマーやカンボジアで医療援助をしている。

ミャンマーでは医療はすべて自己負担なので

貧しい人々は子どもを医者に診てもらうことができない。

だから信じられないくらいの大きな腫瘍ができた子どもたちがたくさんいる。

火傷もそのままで皮膚がくっついたままなど大きな障害が残る。

彼の行う手術や治療はすべて無料だ。交通費や入院費までもが無料だ。

活動は寄付金によってまかなわれているのだが、

集められたお金は当事者への援助のみに使われている。

たずさわっている医師や看護師など、もちろん吉岡医師も

自分の生活費は持ち出しで無償・無給である。

3年目になるとほんの少しの交通費がでる。

いろんな団体があると思うがここまで徹底しているところを私は知らない。

興味を持った方は「ジャパンハート」(国際医療ボランティア組織)か、

「吉岡秀人」で検索をどうぞ。

昨年ミャンマーに孤児院を設立した。

そして今年さらに300人規模の施設を建設する予定だという。

それが何を意味するのか。

子どもたちの未来を背負う覚悟があるということだ。


彼のブログの抜粋から・・・


私は人の生きた意味は、「いのち」がつながってゆくことだと思っている。

たとえ自分の子どもを持たなくても、それはできる。


「いのち」は「もの」にはない意味と可能性を持つ。


ひとりでも多くの子どもを未来へ運ぼう。

たとえ血などつながっていなくとも、それは自分の子どもとなる。孫となる。

ひとりの子どもに10人の親がいてもいい。


私のこころがあなたにも届くだろうか?       




だからずっとあなたのことを考えている。


この記事をはてなブックマークに追加

最近気になること     その1

2011-02-08 10:57:06 | いろいろ

お客様に「お店にいて時間のある時、何を考えているのですか?」と聞かれた。

このところ確かに時間が有り余っているので(察してください)

考え事の時間の多いこと、多いこと。

ちなみに今日は、お店のことが65%くらい、ごはんのことが10%、落語のことが10%、

その他は猫のことや大相撲や「相棒」のこと、雪まつりのことなんかが続く。

大したことは考えていない。


むか~し「脳内メーカー」というのがはやった。

PCで「脳内メーカー」で検索し、自分の名前を入力すると

その人の頭の中のイメージが出てくる。

久しぶりにやってみた。

私の頭の中は「H、休、悩、国」という文字が入っていた。

Hってね~。そして日本国のことも考えている。

ある意味正しい。

さらに前世脳内メーカーというのもあって、

それによると「戦、祭、遊、飯」の4文字が。

きっと前世では戦国の足軽あたりかもしれない。


そういえば・・・今年に入ってから「ある人」のことを考える時間が
べらぼうに増えた。

それも男性。。

続く。

Photo_2 

時々お取り寄せしている「六花亭」のおやつです。

中にお酒がはいっている「ボンボン」

紅茶に合います。


この記事をはてなブックマークに追加