Ribbon cafeブログ

中味はコテコテの喫茶店でござります。

季節の紅茶

2010-04-30 15:24:11 | メニュー

Photo


季節の紅茶です。


チェリーティーとベリーローズティー、どちらも450円です。


チェリーティーはさくらんぼの香りがほんのりします。

ベリーローズはバラの花びらが美しく、お湯を注ぐのがもったいないほど。

甘酸っぱいベリーの味わいがハーブティーのようでもあります。


この記事をはてなブックマークに追加

4月25日

2010-04-25 19:43:49 | いろいろ

Photo_2


5年前の今日、ちょうど仕事が休みだったのでぼんやりテレビを見ていた。


「福知山線で脱線事故」のニュース。

変わり果てた電車の映像とその事故の重さに衝撃を受けた。

大学生の娘さんを亡くしたお父さんが淡々と穏やかに、

そして少し微笑みながら娘さんの事を話す姿が流れた。

「行ってきます」という後姿が今生の別れとなったのだ。


この朝、ケンカしたまま家族が出かけるのを見送った人もいただろう。

言い争いしたまま別れた恋人たちもいただろう。

今度会った時には謝ろう・・・そう思っていたに違いない。


4月25日は、わたしの誕生日。

5年前から特別な思いでこの朝を迎える。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

けがの功名  その2

2010-04-22 18:54:38 | ねこ話

Photo_2

わたしハルンよ。

いち君の背中って広い。


いうわけで、けがの功名の続き。


腫れた顔に絆創膏、右手首にリストバンドというワケありな感じで

毎日通勤電車に揺られておりました。

「これは猫に蹴られた怪我なので皆さんご心配なく」というカードを持って歩こうかと思ったほど。右頬の傷は結構深かった。

しかし・・・そこには前から直径5ミリぐらいのだ円形のシミがあった。

偶然にもいち君はそのシミの上に爪を刺してくれたのだ。

「よっしゃ~レーザーあてちゃおう。ついでにシミ取っちゃおう」欲深なわたしはほくそ笑んだ。

大学病院の形成外科に行ったら若い美人の先生が担当だった。

「先生、ここ、レーザーあててください。猫にけられちゃったんです」

「・・ここ、元々シミがありましたよね~」

さすがに見破られてしまった。

先生は笑いながら「いいですよ。怪我だから保険でやれますよ」

美人の上に心までお優しい。

いち君に蹴られ顔が腫れあがった時、わたしは不幸のどん底にいた。

しかしその数ヶ月後すっかり元通りというか、それ以上にキレイにしてもらって

(皮膚だけですけど)幸せになったのだ。


ところがこのあと野良猫の捕獲に失敗して、首に3本線の爪痕がついた。

季節外れのスカーフ巻いて汗だくの夏を過ごしたのだった・・・。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

突然のお知らせ  写真教室第4回です

2010-04-15 17:30:36 | おしらせ

Photo

ナバスさんのトラです


突然ですが、写真教室開催日のお知らせです。

4月29日(木曜日)18時30分からRibbon cafeで行います。

約2時間を予定しています。外での撮影会はまた今度ということで、室内での開催となります。

内容は2009年11月28日のブログをご参照下さい。

ご自分で撮った写真を3枚ほどL版にプリントしてきて下さい。

くれぐれも初心者の方対象ですのでお間違えなく。

とにかくワイワイ楽しんで写真を撮りましょう!

たくさんの方のご参加をお待ちしております。


申し込み Ribbon cafe TEL/FAX 025-761-7795 

       Email ribbon777@lion.ocn.ne.jpまで

       参加費1500円(飲み物、ケーキ付き)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

けがの功名  その1

2010-04-14 11:48:46 | ねこ話

Photo_3

  「呼んだ?」



前回の続きのような続きじゃないような話。

今から4~5年前のこと、飼い猫いち君のワクチン接種での悲劇の物語。


キャリーバッグを人に貸していたのでリードだけ付けて車に乗せようした。

ドアの音に驚いて、いちの後ろ足はわたしの顔面を蹴り上げてた。

一瞬何が起きたか分からないが激痛が走った。

右の頬と左眉から流血、右手首がざっくりと切れていた。


人間は予期せぬことがあるとよくわからない行動に出る。

わたしはえへらえへら笑いながら動物病院に入り

先生に「いや~蹴られちゃって大変でした」とにこやかに話していた。

即座に爪ブラシでゴシゴシと傷を洗わされた。猫の爪にはばい菌がいっぱいなのだ。

じんじん傷が痛みだした。氷でずっと顔を冷やして寝た。

そしてあくる日、鏡を見てびっくり・・・顔がはれ上がり内出血をしていた。

「おーまい、ごっど!!」と言ったかどうかは覚えていない。。

いったいどういう話なのよ~。


続きはまた次回

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加