Ribbon cafeブログ

中味はコテコテの喫茶店でござります。

コーヒーの日

2009-09-28 18:01:45 | おしらせ

Photo_2 お知らせ。

10月1日はコーヒーの日。

ブラジルのコーヒー収穫の終わる9月を待って

10月1日をコーヒーの新年度としたとのこと。

そこでささやかながら10月1日(木)2日(金)の2日間、

Ribbon cafeオリジナルブレンドコーヒー

400円のところ350円とさせていただきます。

この機会に当店のオリジナルブレンドをお試しくださいませ。

もしかすると他にも何かお得なことがあるかも知れません。無いかもしれません。

最近忘れっぽくって。


*アイスコーヒー、手持ちの豆が無くなり次第終了となります。

  来年またよろしくお願いいたします。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の必需品

2009-09-27 17:04:19 | いろいろ

Photo 備品紹介。

Ribbonは客席が見渡せるオープンキッチン。

だから本当はがっちりとした冷房を備えたほうがよかったのだが予算の関係で家庭用エアコン2機で何とか今年の夏はしのいだ。

ケーキ用のオーブン稼働中や調理中はそれはそれは暑くて汗がだらだらと流れる。お客様にも暑くてご迷惑をかけたに違いないのだがどなたからも文句ひとつでなかった。

皆様の忍耐に支えられたRibbon cafeです。

ありがとうございます。

ところがわたしの身体はへなちょこで、あせもができてしまいかゆくてかゆくて大変だった。

急きょ厨房に向けて風を送るべく扇風機を購入。

狭い通路に置くために小ぶりのデザインを探した。マーキュリーという外国製で予定外の出費となった。

でもそよそよと風が吹いてくると暑苦しい厨房が少し涼しくなり買って本当によかった。

レジ前でぼんやりしていたらそれは扇風機にあたっているのです。きっと。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

祖父の教え

2009-09-26 18:32:23 | 与太話

Photo こうしてお店の備品をみてみると、わたしは道具や物が大好きだとしみじみ思う。

洋服にはあまり関心がなく貰いものや通販がほとんど。

よく考えてみたら祖父(オードリー父の父)の影響が少なからずある。おしゃれで小物も良いものを持っている人だった。キセルや葉巻を吸ったり、白い麻のじんべえを着てゆらゆらと散歩などしていたのを覚えている。

時計好きで、わたしの中学入学のお祝いに「好きな時計を買いなさい」とお店に連れて行ってくれた。何だか高いものを買わなきゃ損、みたいな気持ちになってグレーの文字盤にグレーの針とグレーのベルトという「何時だか時間がわからないじゃないの~!」という時計を買ってしまった。

慣れないことをするものではない。


ところでその祖父の教えで「安物買いの銭失い」という言葉がある。

迷ったら高い方を買いなさい、というのだ。

少しのお金をケチると、結局後悔することになるからとにかくイイものを買いなさい、と言っていた。お酒も飲まずギャンブルもしなかったのに、死んだときにはきれいにお金を使い切ってあの世にいってしまった。


そんな祖父に反発してか、オードリー父は倹約命の人となった。

洋服は身体さえ入ればいい、下着は破れていても黄色くなっていても大丈夫。家じゅうの電気を消して回る。無駄遣いが大嫌い。

冬になると頭が寒い(ほとんど毛髪がないので)といって、ばあ様のカギ編みの三角ストールを頭にかぶって寝ている。

そのままの格好でトイレに起きてきて、スイスのおばあさんと見間違って腰が抜けるほどびっくりしたこともある。

わたしは金遣いが祖父似、行動がオードリー父似となってしまった。


逆ならよかったのにね~。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロールケーキはいかが?

2009-09-25 17:21:29 | メニュー

Photo 今月から週末のみロールケーキもお出ししている。

当店のケーキはケーキ担当のKさんがすべて焼いているのだがロールケーキはわたし、店長が焼いている。

今月はあずきの生クリーム。

300円で厚さは4㎝と割とボリュームがあって3時のお茶にちょうどいいと自画自賛。

来月は抹茶のロールケーキなんかいいですねぇ。

ところで今日は開店休業状態でせっせと秋のメニューの試作をしていた。

といってもオーソドックスなココアやロイヤルミルクティーなど。

ホントは開店時から入れても良かったのだがこう見えて(えーと、どう見えますか?)割と慎重なタイプでゆっくりメニューを考えている。

ミルクティーはリーフルさんのアッサムが本当に美味しくて納得の味となった。


ブログをずっと見ていた方は猫とオードリーの話ばっかりでホントにちゃんと仕事しているのかいな?とあきれていたと思うが、仕事もしているのですよ。

これからの季節こそカフェが楽しくなるのです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トイレのこと

2009-09-23 17:21:21 | お店の話

Photo 話戻ってお店の備品紹介。

今回は備品というより設備について。

トイレのお話。

お店のレイアウトを決めるとき一番時間をかけたのが実はトイレだ。

1階がお店だし、近くに市役所があったのでいろんな方が利用できるようにバリアフリーにしたかった。

しかしお店の入り口は制約があって結局スロープはできなかったので、わたしが「よっこらしょ!」と車いすを介助して入っていただくことにした。

せめてトイレだけは段差を付けずに車いすで入られるようにしたかった。

改築だったのでもともと台所だったスペースをすべてトイレと洗面所に変えた。

ドアがバカでかいのは車いす使用のため。

完全な身障者トイレとはいかないので使い勝手は今一つのようだが、建具屋さんや工務店の方が工夫をしてくださったので一度使ってみてください。

北欧風のタイルを張ったり洗面台はTOTOの海外からの逆輸入物でちょっとこじゃれている。(ちょっと使いにくいけど)

鏡は車いすに座っていても、立っていても顔が丁度映るような高さにした。

トイレ入口ドアは自然の木を使っているので、乾燥して少しずつ反ってきてしまい困っているがそれもまたお店の味としてとらえようと思う。

それからトイレットペーパーは地元の「障害者福祉作業所ワークセンター あんしん」さんのものを使用している。

再生紙だがとても丈夫にできていて「あんしん」なのです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加