Ribbon cafeブログ

中味はコテコテの喫茶店でござります。

猫たちも溶けそうな暑さでして。

2017-07-11 20:14:04 | 映画
九州の豪雨災害にあわれた皆様に
こころよりお見舞い申し上げます。

今日ラジオニュースで
朝倉市のふるさと納税に4日間で
2700万円集まったということでした。
このような状況なのでお返しのある納税は中止し
寄付のみ受け付けているそうです。






今日は定休日で
母の診察に付き合い
そのあとひとりで
映画を観ました。
「彼らが本気で編むときは」
 久々の荻上さんです。
トランスジェンダーが主人公でした。

少し前に
アカデミー賞受賞作品
「ムーンライト」を観ました。
これはゲイの黒人男性が主人公でした。

どちらもLGBTが映画の構成要素ではありますが
「手を差し伸べる人」と「その手を握りかえす人」の話でありました。
観てよかったと思える作品でした。

いろんな事はありますが
今の自分の立ち位置で
できることをやっていきますよ。




この記事をはてなブックマークに追加

「人生フルーツ」を観た後で生き方が変わる人もいるだろう。  

2017-05-16 16:40:39 | 映画


東海テレビのドキュメンタリー映画。
300坪の土地に平屋を建てて
ほとんどの野菜果物を自給自足をしている。
夫は90歳。妻は87歳。

夫は設計士で、今から50年前に
愛知のあるニュータウンの設計をした。
彼は自然を生かし山のふともに理想郷のような街を作りたかった。
しかし、時代は経済効率が最優先だった。
山は切り崩して平坦な土地にならし
出来上がったタウンは彼がめざしたものとは
まるで違うものとなった。
たとえていうと、羊羹を切ってトントンと並べたような。
彼には大きな挫折だった。
しかし、そこで夫婦が取った方法とは・・・・。




わたしは名古屋で学生生活をおくった。
卒業後、春日井市に就職し団地に住んだ。
その団地はこのニュータウンの中にあった。
十日町の人口を軽く超えるくらいの人が住むニュータウン。
ああ、「人生フルーツ」

シネパラであと数日の上映です。
どうか再上映してください。
また観に行きますから。


この記事をはてなブックマークに追加

最後まで母親であろうとする・・わけ。

2017-04-12 15:19:21 | 映画
役者の箸使いがいつも気になる。
食事をするシーンでは
まず、箸の使い方に目がいってしまう。
冒頭の親子での食事のシーン。
宮沢りえ(主人公)の箸の持ち方、使い方が
「家事をして子どもを育てて
 しごく普通でまっとうな日本のおっかさん」だった。
これはもう、すんごくいい映画なんだ
と5分で確信してしまった。



いいものを観て興奮冷めやらず
母にあらすじというか、みんなしゃべったら
「なんだか、1本映画をみたような気がするよ・・」
とにこにこしていた。

今日、母は映画を観に行った。
「あの宮沢りえは絶対観た方がいい」
と何度もわたしが言うのでその気になったらしい。

「湯を沸かすほどの熱い愛」



この記事をはてなブックマークに追加

「恋人たち」 それでも人は生きていく。

2016-11-08 15:49:25 | 映画
ジローさんから借りた「ミシマガジン」を読んでいたら
橋口亮輔監督の「恋人たち」を
どうしても観たくなってDVDを借りた。
映画をDVDで観るのは本当に久しぶりです。
夜はすぐ眠くなるので
朝少し早く起きて観た。
朝からこれはヘビーだけど
観てよかった~。
ぐぐ・ぐ・・と、持ってかれた・・
140分が長くはない。
主人公たちはワークショップで
選ばれた無名の役者さんたち。
知らないと言うことが
役にリアリティをもたらす。
本当にこんな人がいるかのような
最初は ドキュメンタリーなの?
って思うほど。
冒頭、とても印象的なモノローグ。


ネタバレなしでの紹介は
とてもじゃないけど
わたしには出来そうもない。
というか、むしろ
先入観なしで観た方が絶対いい。
でもお気に入りのところを
ひとつだけ紹介します。

主人公のおかれた境遇の
なんの事情も知らない
職場の同僚の女の子が主人公に言う場面。




絶望の中にいる人への
些細なひと言 あるいは突飛なひと言が
かたい殻を溶かす
小さなきっかけになることもある。


2015 キネ旬作品賞、脚本賞、監督賞 新人男優賞
この新人男優賞の受賞のあいさつが泣かせます。


この記事をはてなブックマークに追加

わたしの中にも 彼たちはいる。

2016-09-30 13:52:48 | 映画
キルト展もあと3日間となりました。
キルトセットも評判いいですよ。
今日で9月も終わります。
明日10月1日は珈琲の日ですね。
珈琲業界ではこの日が新年度となります。
ホットコーヒーが美味しい季節。
お店でもアイスコーヒーは
ものすごく暑くなれば入れますが
そろそろおしまいです。
また来年に。


火曜の定休日に
十日町シネパラで「FAKE」を観てきました。
まあ~ネット検索するといろんな感想が飛び交っています。
あの佐村河内守氏をとりあげた森達也監督の作品です。
ラスト12分は決して言わないでください・・
というのが宣伝文句になっています。
森監督がラジオ出演していた時にも言っていたので
すごく期待してみました。



いろんな方が書いていますので
ざっくり書きますが
ひと言でいうと
「後味の悪い終わり方」
という感想です。
でもダメな映画かというとそうではなく
ユーロスペースでも異例のロングランになっているし
業界の人達が喧々諤々の論争をしているし
そういう意味では成功した映画といえます。

わたしの率直な感想
「この人、佐村河内というめずらしい姓名でなかったら
違う人生をおくっていたのにな~」というものです。
発覚前のNHK特集もみましたが
(なんだかすごく演技性の高いひとだな)
と感じていました。
これがもっと単純な名前だったら
ここまでカリスマぶりを
発揮できなかったようにも思います。
世間を欺いたということでは
ゴーストライターの例の彼も同罪ではありますが
マスコミにちゃっかり乗っかって
楽しそうにしているのを
テレビやラジオで拝見していました。
これもどうかな、と思っていましたが
その違和感は映画でも感じました。

それにしても
不思議な奥さんでした。
途中からは彼女の方が気になりました。

そんなこんなの2時間近くの映画ですが
あっという間でした。
もう1回観てもいいかな・・・。





この記事をはてなブックマークに追加