カオスフル雑記

Qutのゲームやマンガの落書きと呟き。

ワールドトリガーB級ランク戦感想

2016年10月01日 | ├ワートリ
158話までの試合についてちょっとだけ。自作絵付き。一部表現を変えました。
しばらく感想を書いていない間に、BLEACHやこち亀が終わってしまいました。おつかれさまでした……。

王子隊・生駒隊の色は分からないし、絵もざっくり……と思っていたのにだいぶ時間がかかりました。そりゃあ全員描けばな。

千佳のポーズは「スパイダーがあるかに見せかけたジャンプ」の場面。スパイダーブラフもハウンド煙幕も、逃げる為の機転が上手な千佳は、点を自分で取れなくとも案外戦闘上手でもあるよな~とか……この逃げ足が、今までの経験から得られたものだったりしたら辛いけど、他人の気持ちを推し量った上で取れる行動ともいえるのかな……などと思いました。

細かいところですが、水上が「アステロイド」と言いつつ放ったメテオラを、遊真が受けてしまう、という場面が面白かったです。
遊真には嘘を見抜くSEがあって、しかしそれはこの時発動しておらず、受けたらメテオラだった。

つまり、この時の水上の攻撃はおそらく「アステロイドとメテオラの同時両攻撃」。
両方撃っているから「アステロイド」の言葉は真実で「メテオラと言わないこと」は嘘と判定されず(何せ口に出していないので)、遊真のSEでは感知できない、と。

とはいえ、撃った水上は多分SEのことを知らないでしょうし、普段から技呼称ハッタリはしているようなので、いつも通りに行動しただけ。遊真は結果的にそのハッタリに騙されたわけですが、それが「普段SEに頼っているから、メテオラかどうかを考慮に入れられなかった」のだとしたら。

そうかどうかは一切解説されませんが、読者にはこの時起こっていることが正確に把握できる……いろいろと推し量れるわけで、それがとても面白い。

前の、東隊長がライトニングで弾を撃ち落としてからアイビスに持ち替えて、持ち替えたから二撃目を撃ち落とせなかった……っていうくだりと同質というか……。

<追記>解説されていないのに正確に、はおかしいなと思ったので、表現を変えました。良く考えたら東さんの時だって、詳細はすっとばしでしたし。あと、目の色塗り忘れで「嘘だとわかったけどどういう嘘かはわからなかった」可能性もあるかも</追記>

そうそう、解説陣がゆるそうではありつつも、別に的を外していたりぐだぐだなわけではなく、的確にゆるい(?)三人だったのも素敵でした。作戦の意図がわかりつつも上手くいっていない王子隊にやや同情的なゾエさんは、普段から仲がいいのかも。蔵っちなんてあだ名で呼んでいますし。ワイヤー陣について、既に出水と対策を考えていたというところもさすが。

出穂や千佳とのよしみがあるからか、やや玉狛に言及しがちな当真、現状をしっかり押さえて楽しげな国近も素敵。実況って結構難しいと思うんですよね~。まあ、オペレータの仕事はその実況をしつつ情報を的確に隊員間に共有するのだから、できるものだろう、とは思いますががが。

しかしまあ、解説陣も最後に言っていたように、玉狛は現状ではやや薄氷の勝利。
今週C級無双したヒュースが加われば、おそらくは盤石に……なりそうですが。ヒュースのトリガー構成はどうなるかなあ。

左利きのようなので左に弧月、シールド、右にシールド、バッグワーム

あたりは定番かな~と思うんですが、他のをどこまで入れるか……。

オプションの旋空、幻踊を入れるかどうか。
自分では使わないでしょうが、アステロイド+スパイダーセットを突っ込んでもいいのかもしれません。予備クモの巣。あとはシールドを片方エスクードにして、糸を張れる壁を増やすとか。

あまり増やし過ぎても、機能過多で使いこなせないのはまずいわけで、どれもこれも入れるとはならないでしょうし、最初はオプション一切なしもありかしらん。

次回が楽しみです。お休みはむしろ安心する……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワールドトリガー149~151話感想 | トップ | ワールドトリガー162話感想 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-01 07:33:52
エスクードにワイヤーを張れたら面白そうですね
家などと違い刺さっているものごとワイヤー地帯を破壊する
ようなこともやりにくくなりそうですし

水上の嘘が見抜けなかった件については
遊真のSEには聞いてから判断するまでにタイムラグが
あるからではないかと言われていたりもしました
その辺は想像にお任せなんでしょうか?
後で本文修正します~ (Qut)
2016-10-01 09:42:29
コメントありがとうございます!

タイムラグという説もあったんですね~。
実は、最初は目を黒く塗り損ねていて
「どういう嘘かわからず回避しなかった」だけかな?
とも思いました。
「正確に」と少し強い表現になっちゃっているので、
後で修正しときます。

エスクードは基本攻撃を防ぐものなので、
そもそも刺さるかどうか……は微妙ですが。
出来たら面白いかなーと!

コメントありがとうございました!

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。