金木犀、薔薇、白木蓮

本の感想、ときどき映画。
現在、記事の整理中。

53:相沢沙呼 『小説の神様』

2017-04-21 19:34:21 | 17 本の感想
相沢沙呼 『小説の神様』(講談社タイガ)
★★★★☆3.5

【Amazonの内容紹介】

僕は小説の主人公になり得ない人間だ。
学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない……。
物語を紡ぐ意味を見失った僕の前に現れた、同い年の人気作家・小余綾詩凪。
二人で小説を合作するうち、僕は彼女の秘密に気がつく。
彼女の言う“小説の神様”とは? 
そして合作の行方は? 
書くことでしか進めない、不器用な僕たちの先の見えない青春!

**************************************************

初作者さん&初レーベル。
このタイトルだが、志賀直哉はまったく関係ない。

「これでもか!!」ってくらいに、作家の産みの苦しみを描いた作品。
二回くらい泣いてしまった……。
再び自分の作品と向き合えそうになったのに、
打ち切りを宣告されるシーンが辛すぎた。
作家でなくとも、自分の名前を掲げ、数字と向き合うクリエイターは、
身につまされてしまうんじゃないだろうか。

作中、何度か地の文で「ラノベかよ」とツッコミが入る通り、
ぼっち主人公、美少女転校生、病弱で兄大好きな妹に、高校生作家……と
ライトノベルの要素が濃くて、
それがシリアスな場面と乖離しているような印象を受けてしまう。
ただ、主人公とヒロインが高校生作家だというのは、
ある種の免罪符として働いているだろうから、これはこれで正解なのかな。
大人だって後ろ向きに悩み苦しむし、生活がかかってくる比重が高くなって
より苦しみは大きくなるけれども、主人公を大人にした場合、
「大人のくせにいつまでもメソメソして」
という批判が強くなる気がする。
登場人物のセンシティブな部分が、高校生だからと許容されることはあるだろうから、
これも作者の計算のうちなのかもしれない。

事前にあらすじを読んでいなかったので、
「秘密」に意識が向いていなかったのだけども、
終盤にヒロインにまつわる謎が明かされ、
ミステリー的な楽しみもあってよかった。

ラノベ要素が個人的な好みと合わなかったので、
好み度★は下がってしまったけど、作者の熱量を感じられる一冊だった。
共感できる人とあれこれ語り合いたくなる。


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大河ドラマ「おんな城主直虎... | トップ | 大河ドラマ「おんな城主直虎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。