金木犀、薔薇、白木蓮

本の感想、ときどき映画。
★の数は「好み度」または「個人的なお役立ち度」です。
現在、記事の整理中。

大河ドラマ「おんな城主直虎」#32

2017-08-13 20:45:57 | 大河ドラマ「おんな城主直...
大河ドラマ「おんな城主直虎」#32

もうだめ、落ち着いて呼吸ができないよ……!
しばらくダメージを引きずりそう……。


徳川への文が届かないとか、行き違いがあったとか、
そういう展開で窮地に陥るのかと思ったら、

「直虎が龍雲丸にのぼせて、近藤の苦情へ
 まともに対応せず、恨みを買った」

というあのラブコメ展開が伏線だったのだった。
ねえ、ちょっとこれ、つらすぎじゃない? 直虎が。

井伊がようやく今川の呪縛から逃れることができ、
直虎と政次も正々堂々と協力できる、と希望を見せたうえ、
直虎が小野父のことも思い、彼もまた井伊を守ろうとしていたのだと
理解したことも描いて感無量……と感動させておいてこれだよ。
直虎と政次の穏やかで優しい時間も、
「上げて落とす」の定石通りで悔しい。

「これが終わったら結婚しよう」
は、お約束の死亡フラグなんだけども、
直虎のことは生涯好きだけども、それとは別に側にしてほしいという
政次からなつへのプロポーズは、思ったより納得がいった。
家の存続という大問題を手に手を取り合って乗り越えようとしてきたのだから、
もはや色恋レベルを超えてるのよね。
直虎が還俗しても政次は彼女に求婚しない、という選択に
違和感はなし。
「形ばかりの夫婦」じゃなくて、ちゃんと夫婦になれや! とは思うけど。
本当に、これが実現したら、この上なく幸福な展開なのにね……

関口、おめーやっぱり裏切るのかよ、小市民っぽいもんね……
と思ってたら、今川の重臣が21人も裏切ってるの笑った。
氏真、さすがにかわいそうすぎ。

「嫌われ松子の一生」、このブログの過去記事を見る限り
面白く感じたようなのだけど、読んだのが10年以上前で
内容を全く覚えていない……。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 73:佐藤初女 『おむすびの祈... | トップ | 映画:『ペット』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大河ドラマ「おんな城主直...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おんな城主直虎 第32回「復活の火」 (あしたまにあーな)
前回までで今川からその領地を没収されてしまった井伊家ですが、今回は一転してその今川家が窮地にたつことになります。これまで家臣の人心掌握に不安のあった氏真は、信玄に攻め......