金木犀、薔薇、白木蓮

本の感想、ときどき映画。
★の数は「好み度」または「個人的なお役立ち度」です。
現在、記事の整理中。

大河ドラマ「おんな城主直虎」#24

2017-06-18 20:50:58 | 大河ドラマ「おんな城主直...
大河ドラマ「おんな城主直虎」#24

「あ、そういやこれ、大河ドラマだったわ」
と思い出したかのように、信長を出してみたり、
徳川・今川・武田等、周辺の大国の情勢を見せてみたりしたものの、
やっぱり「大河」になり切れぬ「小川」ドラマであった。

だけど、歴史の表舞台で主役級を張る面々とちがい、
地方の小国ってこんなもんだろうという気もする。
自ら状況を動かせるわけでもなく、
大国の動向次第で身の処し方を決める受け身の態勢。
直虎はようやく外交を考えはじめ、
新野の次女と北条の縁組みを画策していたけれども。

たけとの別れにはやっぱり涙ぐまされてしまったし、
「三女と次女もいいけど、あやめに縁談持ってきてやってよ!!」
と心配してしまったが、今回も大部分は
「なくてもいいエピソード」に見える。
ただ、「なくてもいい」と思っていた子役時代の数話が、
城主編での政次との関係の描き方に効いていたので、
ここ最近のぬるい展開も、何かの前振りなのかも。

直虎と政次が、ふたりきりで何度も密談して、
第三者が来ると急にそよそよしくなるの、
ちょっとにやにやしちゃうよね。
次回予告、なつが政次を雄々しく肩抱きしていたのだが、
何事!?

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 67:SE編集部 『みんなの作り... | トップ | 大河ドラマ「おんな城主直虎... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
政次すごい。 (ゆきこ)
2017-06-18 23:15:38
北条と、一介の国人衆との縁談なんて、あーんな簡単にまとまるもんなの?
割愛されてるけど、政次の政治力すごい!
前回の咳も全くなかったら、あれは関係なかったのかしら。

「小川」ドラマいいね!確かにそんな感じ。
瀬名が家康に井伊のことを頼んでいたのは伏線くさかったけど、基本ああいう大物たちのなかで井伊は話題になるはずもないものね。
今週は今川と井伊との縁談が決まるところがメインなのだろうけど、通常だったら5分で終わるよね。
たけとか、しののくだりを入れてのばしてるのだろうけど。いろいろ苦しいのだろうな。

今週のつっこみどころは私も同じ。
なぜ、新野の長女に縁談をもってこないの!?(笑)

そして海老蔵の信長がステレオタイプすぎて笑ったわー。
家康の後ろから家臣がせっせと弁明してたけど、陪臣の分際であんな口出ししていいのか?
>ゆきちゃん (晶子)
2017-06-19 21:37:25
信長の魔王みたいな演出は、いかにもだったね~。
部屋が異常に暗い。
そして、家康がへどもどしてるのに、家臣、度胸あるなと思った……。

あやめが別れ際に直虎に何か言いたげだったの、
「私の縁談は……」と言おうとしてるのかと思っちゃった。
直虎は、単純に妹の嫁ぎ先について心配してると解釈してたけど、
実際、こういうときに姉の胸に真っ先に去来するのは
そんなことじゃないだろう!
 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おんな城主直虎 第24回「さよならだけが人生か?」 (あしたまにあーな)
今回は様々な「さよなら」がありました。その中で大きな存在感を示したのはたけでしょう。これまで直虎の乳母として生きてきたのですが、高齢のため所々にミスを起こすようになり......