金木犀、薔薇、白木蓮

本の感想、ときどき映画。
★の数は「好み度」または「個人的なお役立ち度」です。
現在、記事の整理中。

大河ドラマ「おんな城主直虎」#31

2017-08-06 20:50:13 | 大河ドラマ「おんな城主直...
大河ドラマ「おんな城主直虎」#31

過去最高に苦しい45分だった……

政次が味方だと信じつつも、連絡が取れないために
揺らいでしまう直虎の心情もわかるし、
自分を慕う甥っ子にも冷たい顔を見せなければならないうえ、
虎松を守るために名も知らぬ子どもの首を掻き切った政次の、
井伊と直虎以外のものをすべて切り捨てた覚悟に
動悸がおさまらない。

* * * * *

家を取りつぶされて、領地から追い出されるって
かなり大きな出来事なはずなのに、
「あっさりと引っ越し完了→一棟に主要メンバー全員おさまる」
ってあたり、井伊って本当に小さな家だったんだなあ……と
しみじみ。

直虎「但馬は味方だ」
六左「そんな気がしてました」
高瀬「私も」
中野「えっ」

って展開にちょっと笑ってしまった。
虎松や中野弟まで政次を援護するの、
「よかったね、政次」って感じだけど、
いちばんまともな感覚なの、中野だよね。
井伊の連中、人が良すぎだろ……。
それでも、小野の嫡子だからって、ずっとずっと
つらい目にあわされてきた政次が信頼を得てたって事実に
涙が出そう。
龍雲丸が政次の意図をきちんと理解してたり、
あんなに色ボケしてた直虎が龍雲丸を遠ざけようとしたりしたことが、
過ぎた年月を感じさせてちょっと切ない。

ただ、一言申したい!
直虎、隠し里のことを虎松に
「そなたの父上と但馬が隠し通した」
って言ってたけど、直親はまともな作戦も持たなかったうえに
自分がヤバくなると政次に責任の所在をぶん投げて逃げたからな!
忘れないぞ!!

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大河ドラマ「おんな城主直虎... | トップ | 72:服部正也 『ルワンダ中央... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
辛かった。 (ゆきこ)
2017-08-06 22:20:19
身代わりがまさか、なつの子どもなのではないかと、無用の心配をしてハラハラしたよ。

政次は、井伊の人たちに信用されてたのかな。
六佐が「私はしんじてました!」
と言ったとき、絶対嘘だ!と思い、
中野が「騙されたるんじゃないのか!」
と言ったとき、絶対ジェラシーだ!と思ってしまった。

徳川が攻めてきたとき、首をあげられる関口がいなくなり、政次が城代。
うう。なんかいやだよう。


ちなみに、隠し里を直親と政次が隠し通したのくだり、私も同様のツッコミをいれました。
>ゆきちゃん (晶子)
2017-08-07 16:25:48
>身代わりがまさか、なつの子どもなのではないかと、無用の心配をしてハラハラしたよ。

亥之助は死なないと知っていたわたしも、ちょっとどきっとしたわ……。
なつさんと亥之助の母子も危うい立場だよね。

直虎と政次は味方である、っていうこのシナリオなら、政次は死ななくて済むんじゃ……って思うけど、きっと予想外の出来事が起こってきっちり史実は回収するんだろうな~。

コメントを投稿

大河ドラマ「おんな城主直...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おんな城主直虎 第31回「虎松の首」 (あしたまにあーな)
今川家に従うことを示すため、徳政令を受け入れることを選択する直虎。これによって事実上井伊家は取りつぶし状態になってしまうのですが、こういった場面においても直虎の苦悩が......