金木犀、薔薇、白木蓮

本の感想、ときどき映画。
★の数は「好み度」または「個人的なお役立ち度」です。
現在、記事の整理中。

20:スティーブンソン 『ジキル博士とハイド氏』

2017-01-25 22:23:24 | 17 本の感想
スティーブンソン『ジキル博士とハイド氏』(ポプラポケット文庫)
★★★☆☆

【Amazonの内容紹介】

ひとりの人間のなかに、実はふたつの人格があるという真理をつかんだジキル博士は、
自分で調合した薬をのむことで、悪魔のような人間に変身していきます。
ところがこの悪の人格があばれはじめ、破局へと追いつめられ…。小学校上級向け。

**************************************

そういえばちゃんと読んだことなかったな……と
職場にあったものを借りてきた。
有名な作品であるがゆえにネタバレしまくっていて、
そしてネタバレしてしまうと、
サスペンスとしての魅力が半減してしまう物語。

いまこれを書こうと思ったら、カギとなる薬については
詳細にもっともらしい説明を付け加えなければ納得してもらえないと思うのだが、
昔は読者もおおらかだったんだろうか。
この本にしろ、『透明人間』にしろ、「そういう薬を発明したの!」で
押し切ってしまっている。
ゆえに、「人格が変わる」にとどまらず、
「風貌まで変わる」という無茶な設定も平気で押し通してしまっている。


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 19:瀧羽麻子 『左京区恋月橋... | トップ | 21:森井源一 『豆腐道』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。