金木犀、薔薇、白木蓮

本の感想、ときどき映画。
★の数は「好み度」または「個人的なお役立ち度」です。
現在、記事の整理中。

55:野崎まど 『バビロン1 ―女―』

2017-04-29 20:05:27 | 17 本の感想
野崎まど 『バビロン1 ―女―』(講談社タイガ)
★★★★☆

【Amazonの内容紹介】

東京地検特捜部検事・正崎善は、
製薬会社・日本スピリと国内4大学が関与した
臨床研究不正事件を追っていた。
その捜査の中で正崎は麻酔科医・因幡信が記した
一枚の書面を発見する。
そこに残されていたのは毛や皮膚混じりの異様な血痕と、
紙を埋め尽くした無数の文字、アルファベットの「F」であった。
正崎は、事件の謎を追ううちに、大型選挙の裏に暗躍する陰謀と、
それを操る謎の人物の存在に気がつき……?

**************************************************

まだ1巻なので、どう転ぶかわからないけど、今の時点では面白かった!
デビュー作の『アムリタ[映]』と同じくらい好き。

この作者さんの著作はたぶんほとんど読んでるのだけど、
ファンの人たちが好んでいると思われる展開の飛躍に
釈然としないことが多く、デビュー作以外は
いまいち好きになれなかった。
発想は面白いし、ハッタリのきかせ方なんて本当に上手だと思うし、
読んでいるときは面白いんだけども、
飛躍した段階ですうっと冷めてしまうのだった。
しかし、今まで面白いと思えないことの多かった
キャラクター同士のかけあいも、今回は楽しめた。

「人類を超越した不気味な女」の描き方はさすが。
ワンパターンなのかもしれないが、ファンが期待しているものの
ひとつはこれだろうから、いいよね。


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 54:根本寛 『筆跡事件ファイ... | トップ | 56:大田垣晴子 『365日絵こ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。