金木犀、薔薇、白木蓮

本の感想、ときどき映画。
★の数は「好み度」または「個人的なお役立ち度」です。
現在、記事の整理中。

57:高橋秀実 『「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー』

2017-05-03 15:12:36 | 17 本の感想
高橋秀実 『「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー』(新潮文庫)
★★★☆☆

【Amazonの内容紹介】

甲子園も夢じゃない!?
平成17年夏、東大合格者数日本一で有名な開成高校の野球部が
甲子園大会東東京予選ベスト16に勝ち進んだ。
グラウンド練習は週一日、トンネルでも空振りでもかまわない、
勝負にこだわりドサクサに紛れて勝つ……。
監督の独創的なセオリーと、下手を自覚しながら
生真面目に野球に取り組む選手たちの日々。
思わず爆笑、読んで納得の傑作ノンフィクション!

**************************************************

もらった本。
ドラマ化されてたとは知らなかった。

「思わず爆笑」と言うほど笑えることはなかったけれども、
前半は興味深かった。
どうしても、日本における部活には友情・努力・勝利というジャンプ式の
要素が求められてしまうし、特に高校野球はある種のドリームというか、
ドラマチックな演出がなされることが多いのだけども、
部としても本としても、そこから距離を取って
わが道を行くスタンスを貫いているのが良い。

ノンフィクションなので、小説のように劇的な展開があるわけではなく、
後半はちょっと尻すぼみになっていったけれども、
野球や部活というものに興味のある人は面白く読めるんじゃないかな?

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画:『午後8時の訪問者』 | トップ | 大河ドラマ「おんな城主直虎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

17 本の感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。