金木犀、薔薇、白木蓮

本の感想、ときどき映画。
★の数は「好み度」または「個人的なお役立ち度」です。
現在、記事の整理中。

大河ドラマ「おんな城主直虎」#19

2017-05-14 20:14:49 | 大河ドラマ「おんな城主直...
大河ドラマ「おんな城主直虎」#19

コメディ回。
面白かったよ。

今川からの目付・近藤から「井伊の者が領地の木を盗んだ」と
疑いをかけられた直虎、
「そんなやついない! いいがかりだ!」
と反射的に言い返したんだけど、ダメだよね。
「調べる」くらい言わなきゃ。
前回の頭の冴えはどこへやら、
今日の直虎はコメディ仕様で子供っぽさ爆発。
でも可愛い。

犯人の「旅の者」=柳楽に恩義を感じる直虎は、
かたくなに打ち首にすることを拒む。
「但馬も打ち首にしろって言うよ」
という予告どおりに政次が「打ち首に」と言い、
にっこりしてる中野が可愛い。
政次の返答をだしに「但馬の反対にする」と言い出す直虎に、
うんざりしてる政次の顔に笑ったわ。
そして相変わらず、政次にびびりまくってる六左。

序盤のつまらなさって、親世代のキャラの薄さも原因だったと思うんだけど、
このところ、しっかりキャラ立てにきていて、いいよいいよー。
チームとしてのバランスも良し。
「上げてから落とす」はストーリー展開の定番なので、
この先どんな不幸が待っているのか心配になってしまうが……。

今回は、中野と弟のシーンもあり。
稽古をつけながら弟に嫌なこと言ったせいで、
政次との密談を直虎にチクられてしまうのであった。
中野、普段から弟にめちゃくちゃ反抗心抱かれていそう。

結局、殺させまいとひとりで暴れてる直虎に構わず、
柳楽は勝手に逃亡。
政次の
「自業自得にございましょう」
のセリフはまさにであった。

直親の隠し子登場で「次回に続く」。
しばらくはホームドラマなのかしら。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 60:まはら三桃 『三島由宇、... | トップ | 61:本田さおり 『モノは好き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。